« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

大田区の日々

大田区京浜暮らしにもようやく慣れてきた今日この頃...八百屋で野菜を買い肉屋で肉を買い、常に暴走自転車に気をつけ、熱帯夜も窓を開けて眠る、そんな生活....

そんな街に、ここならあるのではないかと探し当てたとある”アクセサリー屋”さんM製作所。ホームページはちょっとしたアクセサリーショップで、でも修理例がやたらと多い。メールを送ると質問と対応が的確でしかもオーナー自ら対応してくれる感じに好感を持ち伺うことに。なにしろ直したいリングのひとつは、もう3箇所も修理を断られていたのです。
ただし気になったのは「平日の日中は営業でほぼいないので、土曜が助かります。」というオーナーの言葉。

梅雨明の猛暑の日、GoogleMapを見ながら尋ねた蒲田地区、まさかここに、こんなところに、と迷い果てた路地裏には2階立ての小さな”工務店”がありました。これは製作所、たしかに製作所以外の何ものでもない、あきらかにジュエリーショップではない製作所....。暑いのであちこち全開の1階はなにかプレスマシン的な機械がいくつか置いてあり...その奥に小さなアトリエというか工房というか、よくいえばジブリ的な?要は昭和のままの?そこにデザイナーであり職人である誠実そうなオーナー(三代目)が折りたたみ椅子と扇風機をサーブして迎えてくださったのでした。

Atorie

構造など詳しく説明してくれ、内金も不要、ただしパーツが見つかるかわからないので時間はお任せ(オーナー自ら探すから!)という事で、指輪をふたつノー期限でお願いする。
そして2週を待たず3年ぶりに復活したお気に入り。

945097_493285080747873_225602185_n

乱暴ものでしょっちゅう破壊してしまうのでかけこみ工房ができた、と思っていたのですが、遠慮気味につけた接着の隙間から水が入ったせいかまた外れてしまい、結局我が家の職人様にダイナミックに直していただいたのでした....

宝石でも輝石でもないお困りのブツを面倒がらずに直してくれるこの工房には、メガネやらお礼状らしきものやらが並び、ここを逃すとまた修理難民になりそうで、大切にしたいと思いつつ、本当にバッチリ直っているのか、直してもらったもうひとつの指輪をおっかなびっくり扱う日々...なんでもかんでもカンペキを求めない、これもまた京浜生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1234645485_cl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年の美大ギャグ

Stbaka_flyer


のっけからなんですが、美大ギャグ(わたくしの命名ですが....)が嫌いです....中2男子の不条理な、否定されないさじ加減のサブカル風味、そして別にそんなに面白くない...補足すると、もう古典なのにいまだかわりばえしないところがなんかそこに安住してる感じで嫌い....

CM界でも長く君臨したものの、さすがに収束を迎えつつある2013年。

「これは美大ギャグだよ」と警告を受けながら見たコント『男子は黙ってなさいよ!』
部活、ダメサラリーマン、取調室、電波系という美大ギャグあるあるコントの中に、村上春樹、進撃の巨人、そしてパチンコCR原発という頑張って攻めにでたらしきネタがありました。
ものを作る一人としてコントの舞台で原発ネタが不謹慎だとかいうつもりはありません。ネタ乞食だっていいと思う。でもつきぬけない理由はひとつ
「歴史とか政治とかもっと悪くてもっと不条理でイチバンくだらない(旨い)ものをいい年こいて食ってきてないからだよ....」

中2病などといいますが、大事なことはその病を大事に抱えていろんな人間や社会と接する事なんだと思う。15歳から15年間もっといろんなアホと接するチャンスをみすみす逃し、自分と似たアホとだけ過ごしてしまったのは何とももったいない事....だって40からんで子供が育ってきたりしたら今度はアホの部分が劣化しちゃうんだから。

だけど、きっと今の中2の子が抱えて成長するものは、部活、告白、取調室、みなし児、電波系、UFO、ダメサラリーマンなんかじゃあないんだろうなあ...
今から生まれてくるものはいい意味でも悪い意味でも、きっとひどくちゃんとしたものになるような気がする...それはそれでなんだかさびしいものですね。だからみな本能的にこの時間を延長しようとするのかもしれない、そんな2013の美大ギャクでした....

荒川良々はやっぱりズルいなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »