« 同期周辺会二世参入 | トップページ | 幹事長という役割 »

人前で脱げないレスラーなんて

T02200293_04800640125179667871

「人前で脱げないレスラーなぞレスラーでないsign03
というむねの事をさまざまなカリスマレスラー様が言うのを聞いたことがある。カッコつけているうちはまだダメだangryと...ふむ...そんなものかな...でもあのヤングレスラー達はそうそう脱いだりしないだろうしそもそも脱いだりする必要もないのだが、と思っていた連休の大日本後楽園ホール...

佐々木義人選手が葛西純選手を脱がしcoldsweats02(ごらんの通りのディズニーのパンツに!※葛西選手のブログから転載)、葛西純選手が佐々木選手を脱がし筋肉質のヒップのスーパービキニを披露、箒に跨られせてゆさぶるハリーポッター(画像)の洗礼からヤングレスラー達が次々と餌食になるカオスの中、ヤングの中でも硬質なイメージが強い石川晋也選手が半ケツに剥かれ、アポロライン(マダム命名の男性の足の付根のVライン)までもをさらし闘い続ける姿に驚きを通り越し感動すら覚えている自分がいました....shine

こうやってみんな本当のレスラーになっていくんだな...cryingと。

闘う男なんて日常にはもうほとんど存在しないものだからだろう、大日本は本当に女性ファンが多い。そこに来て堂々と脱げる男なんてもっといない。そしてなぜそんなアホな姿を見て、わたしたちは面白いじゃなくてカッコイイなんて思ってしまうんだろう?
レスラーには男はこうあってほしい、こうありたいといういろんなものが表現されている。青臭くプロテクトの強いそれが、キャリアを積みながら何ものも恐れない、ホンモノの男に変わってゆく。ケツごときでそんな事を言う自分は大袈裟でしょうか....

そんな気持ちを知ってか知らずか、半ケツをだしたまま猛り狂ったレスラーそのものの顔でプロレスラー石川晋也は退場していったのでした....

|

« 同期周辺会二世参入 | トップページ | 幹事長という役割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/51438337

この記事へのトラックバック一覧です: 人前で脱げないレスラーなんて:

« 同期周辺会二世参入 | トップページ | 幹事長という役割 »