« 横浜の栖(sumica) | トップページ | にわかスタイリスト@原宿 »

やれる店考察

Ero_

秋の読書でのエロ本2冊(新東京いい店は帯にエロ本とはっきり書いてあります。)
さてこの名著の新版が、まず店頭に置かれていなかったことに少なからずショックwobblyを受けました...内容はたべログとこれは目的が違うんだ、という軽い言い訳から始まり(全くそこは同意ですが)レストランの方向性ではなく季節や行動でカテゴライズされた編集.....なるほど....しかしやれる、という事については筆を弾ませたいけど、弾ませきれない感じが随所に現われています。
その中で、初めてのデートには都内最高(3つマタ)である!とあるお店が家から近いこともあり行ってみたわけですwineもちろんこの本で発見したという事は同行者には言いません。料理は系列である他店でいただいた事もあるので想像通り、しかしサービスや内装などここが都内屈指といえるだろうか?と(やれる店か?)となんども自問してしまいました。
みんなオッサンになってチューニングがズレてきたんではなかろうか?それかフレッシュな今の女の子は、このくらいの感じがリーチなのかもとも。

そういえば、本当にやれる店らしいところに入ったりすると、かつてこの本を読んだ世代らしきご不倫?らしきカップル、もしくはモデルちゃんとかセミプロのお姉さんぽい若い女子を連れた40代が席を埋め、そのオーラにいたたまれない事があります。我が家はツレの風体が特殊なため、このカップルのみなさんと同じに見られる事は辛すぎると、夫婦でそういう店は自然と避けるようになりました。いろんな年齢のいろんな人が集まる店が本当にいい店だと思っています。そういう意味では"都内屈指の店”は住宅街にある素朴な店で、いろんな人がこれから増えてゆく店になってゆくだろうさわやかな気配がありました。

やりたい人、じゃなくて好きな人といく店....それが今時のやれる店なのかもしれません。

井上荒野....辻村深月とは違って重たくも清潔。時代のせいか、ブッ壊れた人を描くものが増えていますが女流作家はこうでないとbleah

|

« 横浜の栖(sumica) | トップページ | にわかスタイリスト@原宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/47307229

この記事へのトラックバック一覧です: やれる店考察:

« 横浜の栖(sumica) | トップページ | にわかスタイリスト@原宿 »