« やれる店考察 | トップページ | さいごの色街 飛田 »

にわかスタイリスト@原宿

A

ツキイチでやっているWORKSHOP、そうそうたるセンセーにお願いしているものの、いかんせんふだんの撮影みたいには予算がない...今回は少年マガジンみたいなアイドルグラビアと、FLaUみたいな女優系と2つの写真を撮って頂く事になったのですが、アイドルグラビアならAKB?と考え(まあ、それがあさはかな考えだた事を後に知るわけですが)ヘアアクセなど小物を購入しに久々の原宿竹下通りに突入dash 
大日シェイクスピアでゴスなバイオリニストの服(マクベス)を探していた時、スタイリストGOIちゃんの指示は『ジャンクで困ったら竹下通りに行け good』で竹下通りには厚い信頼がある....
さて突入して15Mで、うなる小物の店を発見。制服風のタイ、ネクタイ、ヘッドアクセサリー、ピン、手持ちのシャツにちょっと加えられる気のきいたブローチ類、なるほど...と思うラインUPです。日曜の中高生、小学生、ガイジン観光客でごった返す中、”ムスメのもの探し中”の顔をして、傾向を分析し、クール、キュート、POPの3タイプのコーディネイトを終了。
しかし5年前にはあった、レンガのイタリア料理屋さんも古着屋さんもみな店は姿を変えていました。逆に昔なら韓国に行かないと買えなかったようなPOPアクセや帽子、裏通りにできた海南鶏飯の専門店など面白いと思う店もできていました。これが竹下通りってものなんだろうな...confident

その後、カメラマンさんから「アイドルの方はいっそ白ワンピで」というリクエストでにわかスタイリストも終了となったわけですが、こういう流行のものを見て短時間でトレンドを理解することはディレクションのトレーニングとしてすごく大事だな、と思う。なぜならこういうものは自分の趣味や年齢や思い込みにすごくひっぱられてしまうものだから。いまどきそんなの誰も着てないよ、という事を発注してしまう痛いディレクター(特に男性)はたくさんいると思う。

さて3回目となるWORKSHOP、いつも混乱の一ヶ月で、今年は演劇もやっていないし、1年あっつりやったショートフィルムのCD&脚本も一応ひと区切りとなったので、この負荷をしばらく自分に与えてみようかな、と。教える事はいつも学ぶ事の方が大きいです。ホント。

画像はキュート系の幻のコーディネイト。ピンはロック調でちょいとミックスマッチheart04

|

« やれる店考察 | トップページ | さいごの色街 飛田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/47499477

この記事へのトラックバック一覧です: にわかスタイリスト@原宿:

« やれる店考察 | トップページ | さいごの色街 飛田 »