« 楽しく自然体 GWD第2回 | トップページ | 晩夏の天国 »

バカは邪気をはらう

_

たいがいのピンチが起こっても結果オーライのディレクターとして不死身扱いしてきた、自称”受難系”ディレクターの名和くんが、髄膜炎という誰にでもおるウィルスにやられ、帰省先で入院、さらに再発再入院となり、鬼の霍乱とばかり多摩地区の某病院にお見舞いにdash
見舞のリクエストが会社においてあるPCとおいしいコーヒーというあまり病人に適さないものだったので、もういいや、と思い小林よしのりのA級戦犯論と、器機の周りで盛大に湯気を吹きあげ、どう見たってよろしくないT-fal&Kittyちゃんのマグカップをさしいれ....coldsweats01こういう時は、バカは邪気を吹き飛ばすという大日本的縁起が大事sunまあそんな事をしなくても受難系ディレクター氏は、”昨日の看護婦さん”を指名しようとし、指名料がかかりますと切り返されていました。
こういう時に限って何でもおさめようとする男なので、期待通りスチル、ムービーを一式もガッチリおさえる。
8階の窓からは美しい連山が広がり、入院はどこへ行くよりよほど旅、としみじみ思いました。邪気にやられないようパワフルにすごすのが見舞いの鉄則だと思う。

本日会社に来たメールでは、昨晩の夕飯には「敬老の日おめでとうございます」というプレートがついており、早朝の休憩所では老婦人方が放屁合戦をされていたという事ですので、退院もまもなくの事でしょう。

バカは邪気をはらうという意味で、今の日本に足りないのはバカだな、と思う。なのであまりにもバカな福島第一は不謹慎ですが、なんだか大丈夫なんじゃないか、と思ってしまったりする。自分もバカが全く欠損しがちな人間なのでちゃんとバカを補強しないと。

__2

画像はこのあと、抗生物質の点滴にうめく名和くん。まあそのくらいはガマンして。

|

« 楽しく自然体 GWD第2回 | トップページ | 晩夏の天国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/47122375

この記事へのトラックバック一覧です: バカは邪気をはらう:

« 楽しく自然体 GWD第2回 | トップページ | 晩夏の天国 »