« その土地で生まれるもの(夏の西日本ツアー) | トップページ | 墓あばき »

淡路再訪(夏の西日本ツアー)

_

ツアー最終日、神戸への帰途淡路島sun
12月に結婚式で訪れてから再訪となりました。夏の瀬戸内と橋の美しさは一段と素晴らしく、式で訪れた小さなホテルで夕陽をみながら、夏の名物だという”ホテルに侵入する蟹”と大量の玉ネギと淡路の食材を満喫。まあ、そんなチャラいコトだけで済むはずも当然なく、島唯一の商店街やB級観光地という巨大観音など軽く島ディープも満喫.....淡路が佐渡に似ているコトを改めて知る。シャッター街は何もなく人もおらず、けれど流行はそもそもなく清潔で、他の都市に行った時のさびしさとは何かが全く違う。
食は豊かで時はゆるゆると流れ、久々にちゃんと記憶に刻まれる何もない時間というものを味わいました。もしかしてそれは、いろんなところに音楽が流れていなかったからかも。

再訪

1時間だけ泳いだ、まだ冷たい瀬戸内海。

旅の終わり。

|

« その土地で生まれるもの(夏の西日本ツアー) | トップページ | 墓あばき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/46463364

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路再訪(夏の西日本ツアー):

« その土地で生まれるもの(夏の西日本ツアー) | トップページ | 墓あばき »