« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

はじめての...

はじめての...

〓HONEY〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンピースとどぜう

ワンピースとどぜう

〓HONEY〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20kmの荒野

11kmの荒野

もはや備忘録ではありますが....

連休の翌週、ひっくり返った重い副業(マダムの本業は管理職のため、クリエイティブの仕事は副業となります)を抱え、休暇という名の視察に福島に行ってきましたrvcardash昨年福島市内から浪江町の封鎖で引き返した帰り通過した丘陵の山道が後にホットスポットと呼ばれる放射線量の以上に高い地域だったのですが、今年もまずその封鎖場所まで向かい、道中おそらく販売のとどこおっているであろう地域の物産などを積極的に購入scissors
今度は南相馬の方まで迂回して南下しようとすると、なぜか10数kmの地域まで車で入る事ができました。1年を過ぎても、ほぼ全く処理の進んでいない海辺の荒野....田畑か何かだっだのだろうかと思う荒涼としたその土地が全て家並であった事を、かつての自分の家を見にきていた地元の方から聞く。なんとはなく海に手を合わせてしまったのだけれど、ついこの4月まで立入禁止であったこの場所は、行方不明者の調査すら進んでいない何もしていないとの事。お線香をもってこなかった事を悔やみました。

少し内陸に入れば、カーテンをしめきったままの空き家と、老人ののどかな田植えがモザイクとなり、美しい山桜が五月の風にそよぐ風景。見えないだけに何が安全で何が危険なのか、その風景を見ていると考え方ひとつなのだろうと思えた。
生死がかかったら、土地も家族も捨てるべき、というのが自殺する人を見てきたマダムの考えなのですが、ここに残ろうとする人はそれとは逆で、死んだように生きるくらいなら生死がかかってもここで生きると自然に考えているのだと思う。それも正しい。

画像はかつて海辺の家が立ち並んでいたという南相馬市小高町の荒野。
潮の香り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW特集号その3 FREEDOMS 後楽園ホール

GW特集その3 <br />
 FREEDOMS
バタバタな連休業務を終えどしゃぶりの雨の中、REEDOMS後楽園ホール興行へrain
試合の内容はさておき、新にダムズに参戦した杉浦透選手から、女子プロレスラーとのハンディマッチ、御年70にして軍団を率いるグレート小鹿選手。GENTARO、高岩VS藤波、AKIRA。ファイナルは本間朋晃VS佐々木貴選手のシングルハードコアと、葛西純選手の欠場を感じさせない食べごたえたっぷりの興行...。

プロレス好きといっても大日本以外詳しい訳じもなく、追いかけきれもしないのですが、同じ選手でもリングによって見せる表情が違ったり、団体や世代によって異なる身体のリズムは、とても新鮮で不思議。なんというか人は多面的なものなんだなと思う。
そういう意味で大日本というのは人の愚直な面を引き出すリングなのかも。ダムズはもっとニュートラルでやればできるとしても無理にエモーショナルでなく、ソーシャルみたいな感じが合う団体かなと初めて思いました。

土砂降りの雨、さあ怒涛の後半戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW特集号その2 同期周辺会

523680_321124547956027_100001754541

ついに4回目となる同期周辺会が本年も浅草煮込通りで開催。日にちだけ決め出欠もろくにとらず、開始時間のお知らせもなく一人、二人とやってくる会....
”明るいうちから”というテーマなのですが、例年行くのがあまりに早すぎて酔っ払ってしまうため、本年は名店浩司さんのカウンターで16時15分にレモンハイと谷中生姜で一人呑みを始め、16:30に2人に。17:00に3人に。そうこうするうちにこのオープンエアの黄金席が空き始め20:00にはこんな感じに。

本年も着物ででかけたのですが、演歌歌手とオットであるマネージャー、プロデューサーとスタッフさんという設定にされてしまい、お隣のおじさまに「NHKはいい番組作るよね、頑張ってね~」という謎の激励と100円を頂くことに...

同期周辺会

ちなみに↑こちら第1回

第2回

同期周辺会3

第3回

動静もなんだかんだある年頃なのですが、50もからんでくるともはやそういう事もなんとなくどうでもよくなってきて、そろって老人になっていく楽しさを感じます。8名中最近自転車の転倒で鎖骨を折った人が1名、頭から大出血した人が1名というのも老人ぽいですね....coldsweats01話術もだんだん老人スキルがあがってきています....5月のオープンエアは爽快sun悪酔いする人もたいそうからむ人もなく記憶のない人もたった1名、なんだかちょっともの足りないほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »