« 建国記念三都物語@大阪なんば | トップページ | 建国記念番外編@名古屋 »

建国記念三都物語@橿原伏見

本年の建国記念行事は問題ある画像が多いためひかえさせていただきますが....coldsweats01

例年はこんな感じ。。尺八の伴奏にあわせて君が代を歌うのはきりりとした時間....。けれど初めてここに来た時、その時の宮司様が「昨今の状況、国家の危機!」と喝を入れるようにおっしゃられてからもう10年がたったわけですが、危機はもはや去り、すでに落ちてしまった、そのことを何かみなあきらめきっているような気がします。あのビリリとした感慨がない。自分にもない。

戦闘態勢になんとなくない(いつもそんなのがいいワケないんだけど)

橿原から近鉄で伏見に出て、長い時間をともにしたご縁ある娘と会いにconfident

臨月だというのに”勝負に出ていない自分を情けなく感じる”(臨月に勝負にでるのはどうかと思います)という大阪出身のその娘と話しながら、攻めに出る気持ちというのは時代など関係なく土地や環境の作る単なる資質なのではないかと感じた。水が豊かで河川流通の栄えてきた伏見の人は大阪の人と違って一発あてようという気がない.....と

でもじゃあ””一発当てよう!さんのぎょうさんいる大阪が今どうなってるかと言えばなかなかしんどい事にもなっているわけで....

人は闘ってないと生きてる気がしない。でもやり甲斐なんていうものは、きっと人という飽きっぽくムダに大きな脳を持った動物の変態行為なんだろう。まして儲けよう、ですらないクリエイターなんて完全にド変態なんだろうな。

__3 

画像は、ひとり帰る伏見のアーケード。旅は心をいろんなところから照らす。まるで教会の中をさまよっているかのようshine

|

« 建国記念三都物語@大阪なんば | トップページ | 建国記念番外編@名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/44103942

この記事へのトラックバック一覧です: 建国記念三都物語@橿原伏見:

« 建国記念三都物語@大阪なんば | トップページ | 建国記念番外編@名古屋 »