« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

バラモンの恐怖×コメ兵の至福

Photo_2

久々の名古屋出張bullettrain マダムに楽しい名古屋のみなさんを紹介してくださり、ヤングディレクターのチャンスをくださったフデバコのタカさんにこの機会にお礼を....と思い”大日本プロレス”ダイヤモンドホール大会にお誘いhappy02世代的にプロレスは大丈夫ですよね?流血も...大丈夫そう...とビールを飲みながらタカさんとリラックスして見ていましたら、あの忌まわしい双子の兄弟が登場、しかも「月光暗闇マッチ」という怪しいタイトル....いつものように様々なお道具を持って入場する兄弟の手に”虫カゴ”が!!! シートもリングから遠いし、PA機材の側だし、ストロボライトの点滅するカオスを余裕ぶっこいて見ていました。最後の明転で虫をぶちまけられるリングサイドのお客様に同情する余裕すら.....何より虫のディテールが全然見えないわけです... さて休憩となり立ち上がると、足下にいますよいますようねうねとcryingヤツらが....もくもくとリングサイドの清掃をするヤングレスラーくんたちになまじっか知り合いの事もあり、ここに、ここに、と呼びかけますがみんなリングサイドの虫の”山”の処理中。 ええ、二人で透明のビールカップにチケットの半券を半折にして回収しましたとも.... 酔っぱらっててよかった....月光暗闇でよかった.... 水も粉も我慢します。双子たち....虫は本当にやめてください..... でも自分もタカさんもやっぱりプロダクションの人間で、撤収となると誰もやらない事を嬉々としてカラダの動く生き物、とってもいい想い出になりました....

__

翌日は半端にあいた3時間を、大須観音のコメ兵着物館へ。 名古屋のおばさまたちに混じって、鏡の前で古着の着物を羽織り倒す至福の時.... 画像は関東ではちょっとヤバめな柄の戦利品。朱色の名古屋帯と合わせて購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇月間② 浅草版くるみ割人形

Performance_img_2s

演劇月間②は今かなり注目しているProjectNyx (しかしこのネーミングはつくづく惜しまれます......)の浅草版くるみ割人形@吉祥寺シアター

くるみを寺山が?と思いますが、寺山風味ではありますがホンは全くのオリジナル美女劇。初見の”小鷹狩鞠子”よりはアングラ風味に欠けるものの、クララの継母と鼠の女王を演じた毬谷友子が圧倒的なアングラぶりかつ母性、セイントさ、そして際立った身体性を見せ付けてくれました。(歌が!もう歌がすごい〜)他の女優さんとの差がありすぎて、特にバレエでは実際に少女でないと演じないことも多いクララが、正直いろんな意味でもの足りなく感じてしまいました。(やっぱりくるみはクララの成長記だから)毬谷友子がもしやクララを!?と思っていた人も多いと思いますが、それすらもアリだったような気がします。

しかしやはり異彩を放っていたのは、おそらくプロであるストリッパーやSMの女王様、ダンサー、そしてこれはもはや彼女たちのショウでしょう?というくらいでずっぱり弾きっぱり、歌いっぱりな黒色すみれvirgovirgo衣装も抜群にカワイイし、耳の付け根の内側あたりにやう~ん!と響いてくる歌声。スウィートで暗黒で、でもなんていうかちょっとニッポン的謙虚さがあって、Nyxは彼女達を見にいくだけでも価値があります。

そして「オカマってやっぱりすごい破壊力だな...」と言いながら帰った3人のオカマの一人がどうやら先日の淡路島の結婚式で披露宴の司会をなすっていたデリシャスウィートスの佐藤梟さん(女性)であったことが判明...オカマにしては骨が細いな..と思っていましたがcoldsweats01そうでしたか↓

Photo_3

趣味だけを言えば、Nyxはこれからも役者、という肩書におさまらない各界のパフォーマーをどんどん連れて来てほしい。バーレスクのTAMAYOさん、芸人のピンQちゃん、それからプロレスラーの里村明衣子選手↓とか紫雷未央選手なんかどうですか...カンナさん...?.

Tamayo2_2

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇月間①青春漂流記

Hyoryu_top

劇団鹿殺しの『青春漂流記』を紀伊国屋ホールで観劇。

神戸元町の高架下商店街モトコーからデビューした、アイドルグループモトコー5の青春漂流記。30代の役者クンたちの中で、モトコー5リーダー役の、劇団☆新感線アラフォー高田聖子さんが超然と燦然とふりきっていましたshineこれはくを愛ちて で粟根まことさんにも感じたこと...。もちろんゲストに対する非常にリスペクトなホンではあるのだけれど、この劇団を見ると演劇の”世代”という事を考えさせられます。

鹿殺しははじめ軽アングラと思って、こんな世代の子がこんなことをやるなんてwobblyという気持ちがありました。初期に見たらもっとそうだったと思う。彼らのとりあげる昭和は90年代だったりするんですね。これは関西出身という事が大きいんだと思います。90年代の経済の波が引いてゆく関西にまだ残っていた昭和の残像が、彼らの演劇の世界感を作っている。それはマダムの世代にとってはつい最近の事なので、その時差みたいなものが面白い。でも、その残像が残像になる前に何があったかというとらえ方がふわふわしています。ここに対する感覚の差が演劇も映像もCMも全ての作家演出家の差になっていると感じます。

大きな劇場を連覇して、痛みのあまりきつくない芝居に進化した結果、今、鹿殺しは軽アングラではなくよくも悪くも小劇場になりました。でもそうなると上の世代の無数の劇団や役者達にはかなわない。けれど今この時代、紀伊国屋をフルハウスにしている30代の劇団などめったにいません。そして同世代演劇をもっとみんな30代の子は見てほしいなぁ。

”こどもの頃は思い悩む青春時代というのは終わりがあって、それを超えた先に自然と「大人」になれるものだと思っていたのに、いつまでたってもバタバタぐるぐるして「大人」になんて全然なれないし、なんの答えも見つからない。"-菜月チョビ 演出のことばより

みんないい子だな。

いい子すぎるんだよ。

演劇のDVDなど滅多に買わないのだけれど、『電車は血で走る』の再演版を購入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

designということ

建築家の脳は面白いなと思う事がある。

会社がツキイチでやっている”はみだし”た人の話を聞く塾で、コミュニティーデザイナーと名乗る抜群に面白い人の出自は建築家。”離島や過疎が進む街や村でコミュニティの活性化をサポートする”なんてこれだけを聞くと、なんていかがわしい...bearingと思うのだけれど、若く猛スピードでしゃべるその人のたたずまいは、いわゆる”いかがわしい”人とは何かが違っているshine

バイタリティーがあり、アナログであり、形が見える。そしてすっきりと美しい。

たとえば、離島のプロジェクトで。”ぜひやりましょう”みたいな人だけが集まると普通の会話にならないので文句を言うような人を入れてゆくという話。人口が減り続けるエリアを、何か作る事ではなく、体力があるうちにどこかで閉める選択をするという話。自分たちがいなくなっても継続できる方法を完成とする話。リーダーは卒業し常に循環しなければいけないという話。

文系でも理系でもない....designとはde sign 。signを脱する、課題を美しく解決することで政治と本来限りなく近いものだという話に、ふとヒトラーのことを思い出しました。美しさというのは誰もがわかり、そしてイメージできるものなのかもしれない。だからこの能力のある人というのは実はキケンですね.....。キケンな人が少ないというのはさみしい事です。

キケンのあとは遊びに来た他社のプロダクションのメンズと軽ビールbeerして、他社の方に撤収を手伝っていただく。さくさくすっきりと撤収、これもdesignscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同時平行読( 特権的肉体論を含む)

同時平行読(<br />
 特権的肉体論を含む)

年があけもろもろのモードが変わり、久々の同時並行読のスタートbook
枕元に放置してあった 『采配』 落合博満著
book offに忘年会用の資料(”黒天使”沼澤邪鬼教授講義用のつりキチ三平と、釣りバカ日誌)を探しに行き、ついでに購入した『マンガ 聖書物語(旧約篇)』樋口雅一著 ※新約も購入。
シリーズの初めから全巻購読している『昴 MOON』曽田正人著 の最終巻
本屋ではもはやなく、AMAZONで元の倍の値段になっていた『特権的肉体論』唐十郎著

あと3冊ばかりが同時平行状態にあります。(短編集とかだから)

とりあえず、全部、素晴らしく面白い.....bookそして当たり前だけどみな物事をいやらしいほどよく見ていますね。意地悪メガネが装備されてないと本当に面白いものは作れないんだよな。

そして来週から久々の演劇月間に突入。劇団鹿殺し、Project Nyx、ラックシステム。
映画月間がまたどんどんあと回しになるな〜coldsweats01強い邦画が連発されてるので見とかないとまずいんだけどライブは後回しにできないんですよね。

特権的肉体論、読んだら回します!(誰に?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さるハゲの一夜

Photo_2

サブカルの怒涛のロックフェス、さるハゲ.... 今回は栗コーダーカルテット、バーレスクのTAMAYOセンセー、黒色すみれ、マダムギターなど見たい人が充実したのですが、今年も出演する?という大日本....プログラムのどこにも名前がありません....すると.....宮台真司としりあがり寿氏の教育制度のシンポジウムの横に...まさかのレスラー達がいますよ。上は白シャツですが下はコスチュームです....岡林裕二選手がすごく真剣に聞いています。

宮台&大日....とてもこの世の出来事とは思えないカオスです....

他の生徒?の態度が悪いので、岡林選手が怒り出します。そしてもめ事はセンセー方の会話をぶちこわし

Photo_3

ほらも~coldsweats01

ロックしに来たお客様が多いのでみんなドン引きしてますよ。叫んだり写メしてるのはマダムだけ。(レスラーは撮っていいっていう脳内なので)

そこに登坂社長がでてきて宮台、しりあがり両氏との実況?に...

Photo_4

お酒を飲んでたせいかもだけど、こんなのきっと夢ですよね?こんなこと現実にあるはずがないので、きっとさるハゲの魔術にかかったのでしょう.....

夢の中ではクラッシュしたテーブルから起き上がった”黒天使”が「お騒がせしました。」と宮台真司に挨拶していました.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事はじめ

仕事はじめ

更新が遅くても、ちゃんと過去の日記は書く....そのためにもまず問答無用に画像だけUPするという事を自分に課す。

年末年始とステキな休日出勤をして、副業(企画演出は副業です、演劇は趣味good)のちょっと充実したキャンペーンの第2弾のお仕事。

ママになって会社をやめた子とコラボしながらショートムービーのストーリーを進めているのですが、一人でやらない、という事のよさをしみじみと感じるジョブ。同じ目標に向かって複数でアイディアをだすこと、もうひとつ誰が何屋とかいうプライドにいちいち縛られないというのは本当にチームとして正しいんだなと思う。でもそれは自分が副業としてやっているからなのかもしれません。それか老化ね....いい老化だな....

画像はそんな老化まっしぐらな仕事はじめの打ち合わせに闖入したアイヌ犬の子犬heart04(差別用語だそうです)まだ歯が小さいので思い切って噛まれてみましたが、野生たっぷりで右手の人さし指にあまガミを越える歯跡をつけられました。

時々は犬にくらい噛まれないと....。

噛んでくれる人も近頃めっきりいないのでcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤキトリスティック

あまり構造的に正しくない気がする義母のお墓のお線香立て...
まとめて入れたとたんツレと二人で思わず「MASADAじゃないんだから....」とつぶやいてしまいました。

大日本によく参戦するczwのMASADA選手は、よく”竹ぐし”をまとめて相手の頭に刺すのですが、それが刺さったままぱああ〜っと広がるわけです。

200pxmasada

ご本人は、竹ぐしではなく”ヤキトリスティック”と呼んでいる事を最近知る。本当のヤキトリスティックは”よく刺さらない”んだそうですcrying年末の葛西興行では竹田誠志戦で展開、へっちゃらだも〜んポーズで挑発する竹田にブチ切れたMASADAは固まりごと何度も竹田の頭に刺し金髪を赤く染めた末に、竹田の口に突っ込んで頬の側から蹴るというドン引きデスをやってくれました....
お正月のごちそうがさぞかし痛かった事と思いますが、竹田誠志は期待通り予想通り、今本当にノリにノッています。

お墓には日本酒をお供えし、好きだったというコーヒーを水筒につめ、お墓の土に撒いてきます。帰りの車の中で残りを頂き、毎年必ずそれを膝にこぼす平和なお正月。
このお墓にはマクベスの資金をだしてくれたおじさんも眠っていて、大きな事故もなく無事興行が済んだ事をヤキトリスティックで感謝shine

えーと何の話でしたっけ...?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
新年の恒例ハード行事はバタバタとすぎ。
恒例1 大日マクベスのサントラを聞きながら青梅へ、御岳山参拝。きりりとした武蔵の風景が今までと違って見える。日本が、だけではなくきっと自分の心が変わっていくのでしょう。でもまだそれははっきりフォーカスされていなくて気配だけ。参拝後、青梅在住の行者様でもある演出家の方と待ち合わせ、お蕎麦をいただくsun
一日はお墓参りと多摩御陵参拝。

Photo_3
恒例2 知人のみなさまと皇室参賀。今年は初めて着物で参賀してみました。もう何度も着ているオフホワイトに紫の縞のウールの着物に菊の描かれたシルクの黒の半幅。帯締は丸の紫で好きな組み合わせ。昨年着物を着れるようになる!と決意しフォーマル含め15回以上は着た結果、なんとか形にはなるように。今年は帯結びとあといくつかステップアップしたい事あり。

たくさんの行事のあと年始恒例の大日本初め。大日本も次のステージに向かっているのだなあともはやマクベスを遠くに感じます。ゆっくりと噛み締め味わう間もなく誰もが次へ、また次へ。新しい事や成長をしなければいけないという事だけでなく、今は長く続いてきたそう悪くない生き方のパターンをどうするかみんなが判断を迫られているんだろうなと思う。

広告は嘘つきで、消費しなければもうけにならず、経済に大きく左右される虚業です。でもそうやっておまんまを食っている事を自分はごまかしたくないと思います。

春雲満四天
我聞妙歓声
願君自鳴鐘
青龍登天門

今世界中に満ちた混沌から、あたしにはステキな歓声が聞こえるような気がするの。
だって自分で鐘を鳴らすだけじゃない。リーダーになるつもりなんだったらね。

あけましておめでとうございます。
みなさまにたくさんの出会いと、多くのお導きがありますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »