« お盆特集号2 | トップページ | 大日マクベス始まります »

かみさまの匂い

今月3度めの下北coldsweats01弟の出演している東京マハロ『かみさまの匂い』を駅前劇場で観劇。

震災後、初めて震災をとりあげた演劇。とある古本屋の三兄弟とその連れあいのおりなす日常劇。優秀な弟とも妹とも違う、古本屋を継いでいるからっぽの長男がボランティアにはいりこんでゆく...。まあそれはひとつの時代のエッセンスにすぎず、ごくフツーの家族もののホン。ヘタな役者さんが演ったら危険極まりない感じすらします。けれど役者さんの感情の埋め方が抜群に丁寧で、クオリティーの高い舞台となっている。どろどろしたものを描いているのにたぶんみな本質が清潔な役者さんなのだろう、重くない。それと演出家の方の本質が清潔なのだろう。

疲れることなく2時間足らずを終え、軽く映画一本を見たような気分で劇場をあとにするhappy01

18の時から何度この街を訪れいったい何本の芝居を見ただろう。今日出ていた藤井びんさんの転位21も下北で見た。劇場が変わらずにいてくれたからこうして同じ習慣でふらりとこの街に来られるのだと、本多グループに感謝すらした。本多劇場前の台湾料理で蜆、ピータン、台仔麺、紹興酒を頂きながら心は1980年代の下北に飛ぶ。

横で同世代の業界人が若いおねえちゃんに薀蓄たれてなかったらもっとよかったな~

|

« お盆特集号2 | トップページ | 大日マクベス始まります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/41261840

この記事へのトラックバック一覧です: かみさまの匂い:

« お盆特集号2 | トップページ | 大日マクベス始まります »