« 浜スタビアガーデン | トップページ | 日本にはあらゆる点で学ぶところがある »

大タコ部屋風聞

5月の末に引越したばかりの会社で、あたしたちディレクターは大部屋の住人となりました。
住人は英語の話せる人、ソーシャルゲームを作る人、広報の人、デジタル環境を考える人、そこへゴルフ雑誌を作る人と東南アジアへ行ってる人が時々来て、それにホントは他に居場所があるはずの人とか世界各国のインターンとか、なんか大部屋というよりもはやタコ部屋になっています....coldsweats01

それがシマはあるもののフリーデスクというさらなるタコ部屋状態....最初は血筋も育ちも違いすぎるから大丈夫かな?と心配していたんですが人って慣れるんですね....今日もオランダからインターンに来ているAレックスくんと英語は得意でないはずのkiku ちゃんがなにやら日本酒の話をしているのにほっと安心confident狙い通り....
人って(特にこどもは)同じところにブチこめば自然とそれなりに交わるなあgoodもともとディレクターがディレクターとばかりいるのって実はあんまり健全でないと思うんです。ものを作ってはいるんだけど少し角度の違う人といるのってちょっと風が吹き抜けるような感じがある。
大切なのはディレクターが一人になりたい時に一人になれるってこと。ごめんね。これは少々叶えられてない。

しかし大タコ部屋になってからオフィスグリコのアイスが減ること減ること....sun

夏、何事もなかったかのようにせわしないのはみんな闘っているから。
がんばろうね。

|

« 浜スタビアガーデン | トップページ | 日本にはあらゆる点で学ぶところがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/40506859

この記事へのトラックバック一覧です: 大タコ部屋風聞:

« 浜スタビアガーデン | トップページ | 日本にはあらゆる点で学ぶところがある »