« 観音様の声 | トップページ | 晩餐2題 »

家庭訪問@豊田

_2_

3

さて愛知県知立市の法事を終え、帰都しようかという道すがら”豊田市”という表示を見て「はてオーモリくんは豊田市の子であったが...」と本人にメールをしてみると「知立では名物あんまきがおすすめ&そこから実家までは12kmなのでぜひお立ち寄りを」というメールに住所地番電話番号つき....coldsweats01オーモリくんの家はNEWSBOYという古道具屋で、お父上の話などもよく聞いていたので、ものはついでと豊田市にGOdash
写真で見覚えのあるお父上に迎えられ、想像を絶するコレクションでうめつくされたオーモリくんのにわか家庭訪問となりました...。
一応マダムもジョーシであったりするのでオーモリくんの話はしつつも、話題はアパレル業界→西荻骨董屋→豊田市開業という意外な父上の経歴だったりしました。
マダムももはやオーモリくんよりは父上の方が年も近いため過ごした年代の感覚なども似ていたりします...。父上がこの状況下の娘を心配する気配に「人は生きる時代を選べない」という事を改めて強く感じました。
ディレクターになる子は半分くらいは関東の子ですが、名古屋、岐阜、富山、新潟。奈良、大阪、三重、広島、大分と地方の子も多いですね。マダムの家もそうでしたが、地方から美大などにこどもをやるのは親は相当に大変であったと思います。自分で選んだ道でもありますが、お預かりしてるという事を改めて感じるとともに、これからを生きるのだから強いディレクターにしてあげなきゃなと思いました。(まあ十分強い人なんですが)

製造元を見るのは面白いですね。

あんまきは絶妙。NEWSBOYでは夏のガラス食器を購入sun

|

« 観音様の声 | トップページ | 晩餐2題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/40092332

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭訪問@豊田:

« 観音様の声 | トップページ | 晩餐2題 »