« 福島ツアー飯坂の夜 | トップページ | 大日本横浜文体大会 »

食材フェチ

食材

国内、海外を問わずそこでしか手に入らない食材を見ると理性がふきとんでしまうマダム....typhoon

今回の福島では宮城産の油麩(揚げたお麩!!!)とえごまのドレッシングを購入。そして新潟の実家ロッジで代行オーナー兼シェフである弟の買物に同行し、
cloverシャクという芹とイタリアンパセリの間のような山菜。
clover干しえのきだけ。
など地元でまた新たな興奮食材を発見。

ボランティアの人が炊き出しをしている事は本当にすごいと思いますが、田舎の母ちゃんていうのは基本一日台所に立っている人なワケで、自分達で料理をさせてあげるのが一番いいのになあ...と思ったりします。地方の味って全然違うものだし。うちのオヤジなんかもそうですが、田舎の人の舌は繊細かつコンサバなので。

画像は、笹だんごではなく”笹だんご食材”売場。乾燥した笹の葉と結び藁、米粉、あんこなどがどのスーパーでもコーナーとなっております&ご存知八海山の酒粕coldsweats01

|

« 福島ツアー飯坂の夜 | トップページ | 大日本横浜文体大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/39845453

この記事へのトラックバック一覧です: 食材フェチ:

« 福島ツアー飯坂の夜 | トップページ | 大日本横浜文体大会 »