« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

第3回同期周辺会

同期周辺会3

「連休の明るいうちからなんとなく浅草煮込通り集合」の同期周辺会も今年で第3回。同期ではなく同期周辺というあたりもきわめてアバウトです....初夏を感じる日なので黒白縞の柳の着物を襟を大きめに抜いて眼鏡あり、でお出かけcatface今回は独立したばかりの同期のお祝もかねての開催のつもりでしたが、店も流れもしきりも結局何も変わらずの浅草の夜....coldsweats01

翌日の福島行のために春日部まで合流せねばならず、東武線終電までしか飲めずやや話し足りなかったマダム....未来に啖呵をきったような会社名で独立した男はディレクター時代をたくさん共にした戦友中の戦友で、改めて感慨深いものがあったのですが、まあしみじみさせてくれないのも仲間というところなんでしょう。そもそも当のその男が吞み杉bottle

因みに左手前の美女は同期ではありません。それと奥の方にいる方はwinds帰りのお父さんではありません.....

| | コメント (1) | トラックバック (0)

黄金週間連戦シリーズ

黄金週間連戦シリーズ

本日は大日本でなく、後楽園ホールにてNoahを初観戦bleah

緑色のリングで、いつもとは違う旋律の音楽を聞くようなプロレス...。映像と同じで、ドキュメントとファンタジーのバランスには好みも個人差もあるもの。大日本はやはりファンタジーの要素が強いんだな、と改めて感じました。それとレスラーにもよりますが、大日本は官能においてはユニセックスなのかも...。いろいろ勉強になりました。

久しぶりにノーザンライトボムをいっぱい見る。北斗晶の技ですが、男性がやるのはまた別の見応えがありますね。

水道橋から神保町へ散歩し、お蕎麦で日本酒bottle

今起こってる事を忘れそうなうららかな風。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆく人くる人叫ぶ人

ゆく人くる人叫ぶ人

久しぶりに企画&プレゼンをした夜night

送別会、新人歓迎会、出向回帰祝、結婚祝、出産祝、移動送別会、などなんだか全部ひっくるめた会....叫ぶ人、からむ人、泣く人などが続出....

まあ、たまっているのだねcoldsweats01ディレクターなんて商売は恐い商売だから。ここらへんのことってなかなかわかってもらえんのよね。

でも今夜「ものすごく今はきびしくしてほしい...」と珍しくヤングに言われた。めんどくせえ...sweat01と思うけど 、言われたらやんなきゃな。企画も演出も育成も間があいても自転車を乗るみたいにできない訳ではない。だけど体力と精神力、仕事を作業と思わずにやる新鮮さ(バカさ)は衰えるもの。バカさっていうのはクリエイティブのエンジン。叫ぶバカを見てちょっぴりうらやましかったりもするマダムの夜です.....wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯰の野郎!!!

Namazue

45を過ぎて関東に帰ってきた、某大手流通勤務の高校の同級生(女)と1年ぶりのbeer待ち合わせのメールに”暴れても大丈夫なところ”というリクエストが来るくらいなので当然女子会ではありません....ちょいと旅もしたい気分だったので上野方面のコリアへ...

いや~暴れられましたpoutでもそれが全然重くない、疲れない。流通系なのでクレーマーの傾向の話や、食文化の違う地域をブロック化することのムダ論、北関東文化圏民の生産性のないプライドの話とかが面白かった....しかしちょっと暴論かもしれませんが、日本を悪くしてるのって”母親にちやほやされて育った中途半端な文系エリート”だという気がして仕方ありませんchickこの手の人たちは現場を知らないままホワイトカラーとして指示のだせる立場に着いちゃうことが多く、しかも現場への影響を想像することができない人が多いんです....昔はそれでも現場のオッサン連中がみんな厳しかったんで鍛えられていいオコトになってったんですが、みんな甘やかすもんだから、あっちもこっちもその立場のお兄ちゃんは本当にダメだねぇ....ちなみにクレーマー1位は典型的なそのタイプの30代で奥さん同伴impactのことが多いそうです...

画像は江戸時代に流行った鯰絵....同じ地震が来ても江戸の人は元気だわ~。

今夜のノリはこんな感じ。とっても元気でfuckpunchな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災植物

防災植物

震災のあとにわか防災グッズ置き場となった玄関の棚の上に、なぜか置かれているゴーヤの種.....catfaceそれでなくても仕事がらモノの多い新居に不満を感じていたため「ゴーヤの種もって避難するんかいsign02」とやさぐれたところ、これは我が家の防災対策であると。

どうやら夏の電力不足に備え、ものすご~くsun日当たりのいい家のベランダに遮光を兼ねてゴーヤくんを栽培する模様。今年の夏はクソ暑い部屋の中だくだく汗をかきながらゴーヤ料理をいただく日々が続くのでしょう。百姓はセンスがいるので栽培者の腕次第ですが。

画像はようやく芽がでた防災植物ゴーヤくん3号。

ちなみにベランダでお酒を飲む計画は中止となりました...coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディとメジャー

オヤジと若手とインディとメジャー

__

大日本後楽園ホール

全日本のアジアタッグベルトをとり、いっそうオーラを帯びた関本大介選手と岡林裕二選手shineメジャーとインディの差というのが実力、という事でないのはもう周知の事なんだけど、広告の世界にいるとメジャーとインディというものには明らかな差があると最近改めて思いますcatface

うまく言えないけれどそれは”よく知らない多くの人”まで納得させる力なのかな....と思う。だからよく知ってからでないとものを買ったり好きになったりしない情報クン達からメジャーは生まれにくいし、マスのメディアが弱い社会でもメジャーは生まれにくい。

でもメジャーというものにはロマンがあるし、人を励ましたり高揚させる力がある。表現をするならメジャーを目指すことを忘れてほしくない。被災地の訪問なんてメジャーでなきゃ素人と一緒だもんcoldsweats01その人の周りに夢の香りがするか?ディレクターなんていうのもそうやって選ばれてるんだと思います。夢を与える力というのは選ばれた一握りの人のもの。だからたくさんの人に関本大介を知ってほしいと思います。

メジャーのライトの落ちたドームの周り。

夜の森のようにきれいnight

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年目の春

春の靴とバッグを買い、縮小した住まいに小でまりを活けましたwink

何かが滅びることはもうずっと前からわかっていて、ちょっとペシミストにもなっていたのだけれど、今もさまざまな導きを感じながら、何をしろと言われているのかまだ確信がもてない。

刺し違える情熱はない。

マダム業2年めの春。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトナのお泊り

オトナのお泊り

オトナになるとなかなかないのが人んちのお泊りcherry

でもオトナともなると出てくるものが違うわけですよ...。
お風呂あがりにクレ.ド.ポーのスキンケアとプレミアムモルツがサーブされたり....happy02

朝は炊きたてのご飯のあとコーヒーと、さらにハーブティーが....
メイクお道具はクレドのファンデとボビイのパレット....しあわせ〜heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史を学べばわかること...

濃厚スパルタな新人研修でヒコタの前座にちろっとおしゃべりcoldsweats01

広告の企画や演出ってなかなか一言にはいえないものなので講義する人で全然違うものになっちゃうのがこの職業です.....最近は若い人にお話をする時は今こういう時代です、の前に自分の知ってる1980年代くらいから歴史をさらっと話すようにしています。

そんな中自分でしゃべっててハッとすることが...。それは「この頃代理店の人たちに企画は自分達でやろうというムーブメントが起きた。」....これ広告業界が歴史になる頃必ず一行加えてほしいこと。「この頃政治家の人たちに官僚任せにせず自分達でやろうというムーブメントが起きた。」とちょっと似てる。きっとあの時いろんなことが変わったんだろうな....

ヒコタの話には、なんとか若い子を励まそうという力みがあり、その不安を今の日本に対する正しいヤングの態度だと思って聞く。明るいことだけをただ能天気に見る、みんなそんなにバカじゃない。歴史を学べば広告が本来どんなに面白いかきっとわかる。新しいと今思って始めたお道具は明日には古くなるわけで、少しおおぐぐりに時間をとらえるといいと思う。

画像は目黒川にこぼれ落ちそうな桜cherryblossom今年も咲いたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春...お着物(65点の着付)で浅草へdash...晴れ晴れとした陽気の中重い話も軽い話も交えながらの会食bottle行く先々で募金もし、お酒を交わす仲間たちは自分よりずっと憂国の徒であったりもするのだけれど、なにか猛烈に一人になりたくなり浅草観音に向かった.....。

祈る、ということはなんと無力で無責任なことだろう。仏教徒などと言って、自分はただ善人面して祈って物事をすませてきたんじゃないか....そんなことをつくづく感じる時間だった。

春

春の訪れに励まされながら帰る。

自分は何もしていない。被災地に行きたい。力がほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »