« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

ふいのお客様

ふいのお客様

都に雪のちらついた寒い日曜の夜...night

佐原のお酒bottleを頂きながらすきやきをつついて沈没しかかっていると、21時45分に泥酔した地元在住のカブキ役者様が....続いて22時15分に休日出勤をしてまだ食事をとっていないプロデューサー様がふいの御来場coldsweats01初対面のお客様を迎え劇場と幽霊のお話で夜はふける。

もうじき事務所と自宅合同という無謀な引越を控えているのですが、こうして本とDVDと酒瓶だらけのなしくずしな家になるのだろうなぁ...

それもまたよし...catface

そうですか、歌舞伎座は松竹の持ち物ではないんですか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓参りの夜

仏事はお早めに

二月の母の命日を控え、千葉佐原にちょいと早めのお墓参り。
ついでにちょいと旅を楽しむ時は小野川添の景観が美しい木下旅館さんにお世話に。窓外を舟が行き来するのを部屋から見おろします。

仏事はお早めに

とは言え、ビジネスホテル使用で地元の焼肉屋や銭湯に行き、テキトーな時間に帰ってくる私達を宿のみなさんも毎度ほぼ放置。
お風呂も夕食もすんだまだ19時40分night
佐原の街は江戸そのままの闇夜に提灯あかり。地元のスナックが開くまでしばしのブレイク本日は、なんじゃこりゃ級の美味なしぼりたて原酒佐原の寒梅とパトリシアコーンウェルの新作bottle

旅が素晴らしいのは、自分の人生は閉じ込められてはいない、と感じられるからなのかも。閉じ込められるのはどんな事でも大嫌い....さて今夜はどこにおでかけしましょうか...sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FACEBOOK童貞

「友達の友達は友達ではないpunch」という主義のマダムが遅咲きのFACEBOOKデビューbook

ソーシャルのご近所をふらついた初日、久々の方とご挨拶など交わしながら思うことはこれみんな年賀状とかどうしてるのかしら....という実にチェリーcherryな感想でしたcoldsweats01なんとなく本能的なプロテクトが働き日本人はほとんど書かない宗教の欄に日蓮宗とがっつり書き込む奇行におよんでみる。

好きな本とか音楽、スポーツや出身校よりは、その人の人生観.哲学(っていう欄がいきなりどーんとあるんですねsweat01)とかで交際が広がるといいなあと思いつつひょっこりここに帰って参りましたが、どちらがよりサイキックな出会いがあるか、しばらく両輪で回してみることにします。10000人くらい出会って初めてサイキックな出会いは起こるらしいですよ。というかなんか使い方がはなから間違ってる気がします。

FACEBOOKを使いこなすより自分がFACEBOOKのような人間になりたい。お見合いおばさんのようにカラダとカンで人をBOOK、さて頑張れるかしらん....cherry

そして翌日...やっぱりもろもろ使い方がすごく間違っていることが判明しましたがさて....

さらに翌日、めんどくさいから既婚に設定したらお祝いコメントがいっぱい来たり、パスワード変えたら全然ログインできなかったり、ま、当分恥をさらしてみる事にします....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事をさぼった仲居さん

今年の目標のひとつ、週に一度はお着物DAYchick

そもそもまず帯のお太鼓結びができないので、まずはカジュアル着物に半幅帯で着物自体に慣れるトレーニング....coldsweats01本日は母のお古の紺の絣風の化繊に下北の古着屋で買ったグレイの縞の半幅を合わせてみたのですが、古着なので帯に長さはないし、帯留もせずメガネのままなのでご近所にお使いに行く女中かさんか仕事をさぼった仲居さんかというマダム感ゼロのものすご〜い貧乏くさい仕上がり....crying

しかもその姿で根岸鍵屋で温奴、卵焼、鶏肝を熱燗でbottleさらに浅草金華園さんにお邪魔し、着物姿の先輩方と着物率の高いカウンターで一杯やってきましたbeer

着物だって要は服ですから好きに着りゃいいわけですが、気にすべきはフォーマルカジュアルの違いなんですね。マダムの今日のスタイルは言ってみれば、紺スカートに白ブラウスでコンサバではあるんだけど、生地が安物なので”配給されたOLの制服”感がでてしまったようなものなんでしょう。小物なんかでアレンジをしないとかなりだっさい訳ですね...coldsweats01

でも帯の扱いも襟の抜き方もちょいと慣れてきました。身体も慣れてきます。

着物修業年間、始まったばかり....とりあえずやっぱり髪はのばさないとダメですなsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京島

桐野夏生はなんて雑なんでしょう!

雑でなければ書けないものがある。ダイナミックというのは雑と同義なのかも...coldsweats01

そして全く笑うほどエロがない。

すごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕を愛ちて

僕を愛ちて

劇団鹿殺しの本多劇場進出作”僕を愛ちて”を大日本プロレス”黒天使”沼澤邪鬼選手と観劇snow

鹿殺しには大日リア王に参戦していただいた花組芝居の谷やんがレギュラー客演しているのと、沼澤選手は劇団☆新感線の遅れてきたファンで、今回は粟根まことさんが客演ということでぜひにとお誘い...catface

妻を殺された自衛官の父と2人の息子...釧路湿原幌路町という土地ものにしてアングラ風味のこの作品が90年代を舞台としている事に深い感慨を覚えます。

けれど30前後のプレーヤー達の中で粟根まことの存在は卑怯なまでに圧倒的で、好きな事をしているつもりの息子達より、アラ50のオヤジの方が狂気も、悲劇も教養も、そして何より芸も圧倒しているというストーリーそのまま。レスラーいわく、インディーのリングにメジャーの人間が上がってきたときのような存在感....。

それでも菜月チョビさんの愚直なイノセント(アングラディーバの必須科目)...丸尾くんからにじみでる日本人の恥....古典も今も飛び越えた谷やんの身体性にアングラの未来と伝承を期待せずにはいられませんでした。アングラはもはや古典芸能で、社会のすさまじさと反比例するように少しづつ食べやすくなっている。けれどいつまでも麿赤児や緑魔子と比べながら演劇を見るのはブリーチーズでないと食った気がしないという変態みたいなものなんでしょう.....それはプロレスでも感じること....東京に出てきた翌年出来た本多劇場、初めて見た作品はたしか山崎哲のもの。そんな時間を思い出す夜night

あ~しかし「沼、助けて!!!」というセリフのシーンと、丹頂鶴の群れを新日、全日グループに分けて観察報告するシーンで大日本沼澤選手が乱入しなくて本当によかった...coldsweats01(ネタバレ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さるフェス'11

しりあがり寿さんプロデュースのロックフェス、さるフェスsnow
新宿ロフトの2ステージを16時から27時くらいまで交互に様々なバンドやパフォーマンスがくり広げられる地獄のバカフェス...。
常より拝見したいと思っていたマダムギター長見順や、偶然キャスティングもり姐さんのだんなサマ(CGデザイナー)の趣味にもほどがあるプログレなどを聞きつつ飲みつつの25時半....clock

さるフェス
メインステージに登場した邪念こと“黒天使”沼澤邪鬼選手と、岡念こと岡林裕二選手。チンネンマンネンHOMMEという謎の小坊主リコーダーユニットに参戦。え、これいったいsign02どう展開するのbearingとはらはらしていると....


はい、やっぱり予想通り....coldsweats01プロレス初見の女子がみな本気で怖がっております。このあと別ステージ乱闘に....今日は声のでかい橋本和樹選手がレフェリーをやっているので、ようやくなんとかみんなよけておりますが...。

さるフェス
鉄柵からのダイブ、さらに2本のギター破壊攻撃で岡念流血....絶叫するサブカル女子crying
終わってからはいつものように流血のまま会場にでてきてお客さんと写真を撮ったりしておりました。チェッカーズの武内享さんも素晴らしかったと握手に...。やはり40代プロレスがわかってらっしゃるんですね。


さて本日一番のロックは、アクターで演出家、現在は浜松でカメヤ鍼灸舎のびのびを営む和久田理人くんとの再会。ジャンボリースペースという名のブースでカラダの考え方をいっぱい聞く。柔らかくて餅のように粘度のある特別なオーラを放っていました。うすうす感じてはいましたがセックスの整体効果はすごく大事で、草食系とかシャレにならないんですね....やはり...ゆるめないと過緊張がほどけないからパニック障害とか起こしやすいカラダになるようですよ....「できればカレシにやってもらって..。」と施術しながら何度も女の子に言ってたのが印象的でした。
彼の考え方は今いろいろぶっ壊れそうになっている人を少し自覚的にするような気もして、本日よりリンクに貼ってみる事にします。

さて今月はもうちょっと大日本続き....


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大日本新木場&

大日本新木場

大日本新木場...リングの距離が近くてライブ感のある会場、仕事が終わってかけつけdash数試合、今年の興行の事などあれこれ考える....ラダー(金属はしご)は何度見ても苦手なアイテム。もーラダー禁止にしてほしいくらいcryingアブドーラ小林選手や”黒天使”沼澤邪鬼選手が落ちる時は平気なんですが、木高イサミ選手とか星野勘九郎選手が落ちるのは嫌....たぶん固いものの上に固いものが落ちるのが嫌みたい。

さらに先日はさるフェスに出演する”黒天使”沼澤邪鬼選手と打合のあと”レスラー支援居酒屋”でもある五反田太平山に合流beerすでに5時間ばかり先行して飲み、いつにまして滑舌の悪い沼澤選手と演劇とプロレスの話をしこたまする。連れの体力が臨界点に近づいていたため電車のあるうちにお帰りいただきましたが、レスラーは12時間くらいが飲みの基本単位なので覚悟しないといけません....へろへろ話の結論は

「やっぱりちんこを見せられないプレイヤーはダメだよね...。」

でした。深いなあ...

画像は、翔ぶ葛西純chick当然ちんこを見せられる人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽の角度

いろんな”もっと”が次々にオンエアされているGoogleでもっとのシリーズgood

Macが日本で展開を始めた時のようなワクワク感があって、わざと(このわざとってとこが大事)タイトルをアナログにしてる感じとかもちょっと好きなCMシリーズ。これ実はいろんなディレクターが撮っているのですが、”やってみようドキュメント”とでもいうべき手法にそのディレクターの育ちや世代感がすごく出ていると思います...。ドキュメントの中にどれだけファンタジー成分が入っているか、ドラマ成分が入っているか...ここをだしすぎるとドキュメント感は損なわれてしまいがちですが、巧みに効かせているディレクターはドキュメント感を損なわないワケです。それと映像に音楽をつける角度、音楽で世界をひっぱるように並行な角度をつけたものは、ちょっと広告っぽくなってしまいますし、ナナメ35度みたいな角度で音楽をつけたものは意識しなければ音楽は耳に入らない、でもすごく映像をひきたてる抜群のループでできていたりします。ま、こういうの趣味ですが....やっぱり腕がでるところなんですね....。

まず一度見て、二度目は音のつけ方の角度を見てみるのも発見があると思います。音とタイトルがうまいディレクターは、照明のいい料理屋みたいなもんで、いい仕事をする確率が高いと思う。

ちなみにGoogleEarthで宇宙を冒険しようはMASA。クロームで瞬速体験はヒコタ。ストリートビューでアメリカ横断レースはSAISHU。Google翻訳でつながろうは親戚会社のKくんが演出していますhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レルヒさん

レルヒさん

マダムの知っているオーストリア人

ミセスWのお部屋のディレクター マルさん(風来坊)
あゆの旦那はん (たぶん風来坊)
日本にスキーをひろめたというこの人、レルヒさん
(絶対風来坊)
歴史と文化が深いのに国が時々なくなったりする風土がもしかしたらこういう人を生むのかもしれません...coldsweats01

新潟魚沼地方ではこういう天然でマイペースな人を”ふうら”と呼、堅気な生き方をする人と一線をひく文化があります。風にのって生きる寅さん的な人。情は濃いんですが基本先々の事はあまり考えていません...chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟お着物探訪

実家の連休労働要員&おばさんの遺品のお着物探訪に新潟へdash

わかぎゑふ姐様が事前にお見立てして下さっていたので、姐様の指南書を読みながら頂くものをチョイスsnow

菫色に ミルクチョコ色の蝶が飛んでいるもの。裏地も同じ茶。普段着用にいい感じ。

新潟お着物探訪
留袖...。留袖を着る機会はさすがにほとんどありえないため柄を生かしたワンピにリフォーム予定coldsweats02


濃いターコイズに王朝風の手書き。映画のカンヌでもとらない限り着る機会はなさそうですがこの色が割と好き....。


黒の総手絞り、滅茶苦茶いいものらしいです。帯次第でモダンにも着られるし長生きしてもいけそうgood


ぴきっとした水色に手書きで鳥は金。派手だけど品のいい感じ。

他にも大量にあったのですが、おばはグレン.クローズと同じ顔をした掘りの深い色白美人だったのでこけし顔のマダムには無理なものなどは断念coldsweats01しかし母世代が買ったけど、着なくなった着物というのは日本中で一体どれくらいあるんでしょう....マダムも子供はおりませんが、弟子筋娘筋は日中関東関西運良く女ばかり7、8人、着物をたしなむ娘もおりますのでまあそのへんにいく事になるんでしょう。公開はしといたんで(まだ絽とか小紋とか紬とかあります)好きな傾向のものがあればあらかじめ申請しといてください。
頂く時も本当に思いましたが、着てもらう事が着物にとってなによりの幸せ。だから頂いた以上まずは自分でちゃんと袖を通さなきゃheart04え−と...フォーマルな事もっと増やさなきゃsign02

とりあえずプロレス大賞とかを目標にしてみようかなfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物自主トレ中

着物自主トレ中

仕事始め....bleah

先月から着物づいているのと、このたびまた新たに着物を頂くことになったため、もうバンバン着ないとさすがにまずいsweat01と着物姑が見たら説教されそうな”地方のスナックのママ風”のへっぽこ着付で正月出社してみました。

慣れてくると見た目よりはうんと楽ですが、頂きものはややフォーマルよりな、そして昭和なものが多いため、普段着用に家で洗える綿とかウールの黒や格子がほしいところ。服と同じでいっぱい着て失敗しないとセンスは磨かれないという事なので今年は恥をかきつつもまめに着てみることにします。まあ、きみまろ風に言うと、身体のくびれも見当たらなくなった中高年のちょっとしたおでかけに着物は若づくりでなく、貧乏くさくなく、ちゃんと着れば見苦しくなく、遠目にはとりあえずキレイshineなかなか結構なものですよheart04

しかしこの手元、ヤングの近作とかをチェック中なのですが、どう見ても銭勘定をしてるようにしか見えません.....coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝遊東天兎、暮戯西天鬼


1月1日 
11:00 濃い友人御夫妻と青梅武蔵御岳神社に参拝fuji
13:30 八王子霊園にて濃い仏様の墓参り
14:30 さらに武蔵多摩御陵に参拝
17:30 年賀状のお返事書pen
21:30 本年のプロレス興行について濃く議論


1月2日
11:50 濃い知人の皆様と皇室参賀
12:30 同乗した車が永田町方面を通過中、思わぬ濃い事件に巻込まれるcrying
14:30 濃い知人の皆様と靖国神社参拝
15:30 同、新年の濃いお酒をいただくbottle
16:30 東京ドームホテルラウンジで休息中、身体に異変を感じ服薬
17:30 濃いプロレス団体の新年興行の売店お手伝い
18:30 濃い試合4戦めで発熱がマックスにspa
22:30 ファイナルで一瞬意識を失うも無事帰還train

朝遊東天兎
暮戯西天鬼
今宵不知宿
月明照人道

今年の年賀を象徴するような濃厚な年開け。今年もジャンルを越えて兎やら鬼やらにおつきあいして家に帰れなかったりするんだろうな、と思いますhappy02でも一見脈絡のないそのおつきあいは自分の中では必然....兎と鬼って似てるよなあ....。


新年あけましておめでとうございます。


濃い皆様がこんな時代におもねる事なく、本当に正しいと思う道を歩んでくれることを心より祈年いたしますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »