« 日本人のイタリアン | トップページ | 平家完読..... »

王子とお城

王子とお城

大日本プロレス赤レンガ....真冬のような風が吹き付ける日。亡霊のように浮かび上がるこの建築はどことも違ってドラマチックで、やっぱりここは特別なお城なんだと思います。

城の王子達は本日も濃く熱い闘いcoldsweats01

けれどこの空間の試合は、なにか後楽園ホールのようにエネルギーが拡散せず、音が生まれるなりどこかに吸込まれてゆく感じがして初めは盛り上がらないような印象を受けます。大日シェイクスピアの照明をお願いしている赤レンガ岩井さんにうかがったところ、やはりレンガだから”吸うsign03”のだという事がわかりました。しかし慣れてくると静寂の緊張感なんかは独特のものがあります。逆に新木場1STリングなんかは音は雑に拡散してワイルドな感じ。同じ試合をしてても同じ観客でも全く別のものになり、映える試合も違ってきます。マダムの所感では赤レンガは音を吸う分、照明暗めな方がグッとくる、スポーツライクでもなく、デスマッチの華やかさでもなく、サディスティックだったり、選手の感情の影(というか黒さみたいなもの)がかいま見えるような試合が映えると思います。今日は関本選手対河上選手、それから橋本、塚本選手対バラモン兄弟の試合が思いがけぬ黒さがあってよかったな~

本日はそのバラモン兄弟に撤収のお手伝いをしながらおそるおそる話しかけてみました。バラモン様達が黒かったかどうか、それはナイショ....coldsweats01

|

« 日本人のイタリアン | トップページ | 平家完読..... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/37404861

この記事へのトラックバック一覧です: 王子とお城:

« 日本人のイタリアン | トップページ | 平家完読..... »