« おやじくさい読物 | トップページ | 本日も乱闘席 »

幸せの似合う人

撮影会

ママとなり会社を辞めることになったAYAの9年間お疲れのサプライズ送別会はミッドタウンにある写真館の撮影会からスタートcameraドレスアップで集まり、ポージングから教えていただいたせっかくの美しい集合写真ですが、ラフポーズで撮った写真館の美学を総否定するような写真をみな第1キープにしておりました。OKだしはさすが演出家集団ものすごく早い....。

癒し系、愛され系キャラであるAYAですが、わたしは彼女が戦ったり苦しんだりする姿をすごく見てきたし、その結果たどり着いた彼女の力も非常に買っているのでまた仕事をさせたいと思っていて、こういう形でいったん仕事を辞めるにしても、もっとレスラーみたいに毅然と送り出してあげたい、という気持ちが最後までぬぐいきれませんでした。でもそれは私にとってのAYAであって、他の人にとってまたAYAは別の価値をもった人なんだと思います。

わたしは”演出家原理主義”だから、演出家は演出という生き方と心中する覚悟のある人しかなるべきでなく、演出家には演出家としてのふるまいがあると考えてしまう。そのことがそれでなくてもしんどい毎日のジョシ達に圧迫感を与えていることはよくわかっています。女の人が演出家を選択する事はあまり幸せには生きられないという事だとも思う。でも誰よりも幸せの似合う美しい人を見て、それでもなお、必ずしも幸せではない孤独なこの世界に、今までよりもっともっと強くなってまた帰っておいで...そんな腹黒いことをひそかに思うのでしたwink

AYA

またねpaper

|

« おやじくさい読物 | トップページ | 本日も乱闘席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/37261735

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの似合う人:

« おやじくさい読物 | トップページ | 本日も乱闘席 »