« 本日も乱闘席 | トップページ | 日本人のイタリアン »

リマーカブル2010&MOFILM LONDON

リマーカブルディレクター2010

ヤングディレクターさかなfishがリマーカブル.ディレクター.オブ.ザ.イヤーを2年連続ファイナリスト受賞shineそしてフデバコのジョシディレクターgachikoribbonMOFILM LONDONグランプリを受賞shine

本日はリマーカブルの授賞式&ディレクターセッションに国際部のインターンくん達を引率しておでかけdashこのコンペはいつも商品などではなく、公共性のあるテーマで作品を競うのですが、この子達の立位置をCMディレクターとして考えるか、映像作家として考えるかで随分違ってくるなぁ、と改めて感じる8つの作品...。

いちばんCMディレクターぽい面をだしていたのは、マダムが私的な企画合宿を主催してた時の生徒さんでもある某プロダクションのディレクターくん。歌ものという寝技を使いながら、広告としてのたしなみが感じられるすごく好きな作品でした。一方、作家性をいちばんだしてきた女の子の作品は実写のスチールコマ撮りで、彼女のざらりとした心の風景を感じるもの。たくさんの人にあまねく伝えるものと、ある人に強くひっかかるもの。賞そのものに心が行っちゃってるとこんなふうに作品の精度はあがってこない。さかなの作品もとても自分らしいものでしたが、一度受賞しているので手馴れてきて危ないところだったと思います。昨年のビリビリするような作家性をまた取り戻すか、さらに進化させてゆくか...また1年修行だね~bleah

そんな気持ちで見たgachikoちゃんの作品は普段のおきゃんな性格を忘れさせるような、広告のたしなみと作家性のどちらも強く感じさせる手触りのあるFILMでした....。演出家は一面だけでできてる訳ではないんだけど、リール主義な世の中だからなかなかこういうもの撮れないんだよね...。MOFILMはヒロslateに続いて連続グランプリcrownshineオメデトウshine

ちなみに...骨の髄までCMなコーディネーター様今日の名言。「マゾやったら、めんどくさいクライアント、ワガママ放題の営業部長、すぐへそ曲げるタレント、キレっぱなしのマネージャー、言う事聞かないカメラマン、これ揃うのがもうたまらんから.....」CMフツーにありますから....。この5点セットcoldsweats01

|

« 本日も乱闘席 | トップページ | 日本人のイタリアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/37320718

この記事へのトラックバック一覧です: リマーカブル2010&MOFILM LONDON:

« 本日も乱闘席 | トップページ | 日本人のイタリアン »