« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

こども騙し...

こどもに見せたい舞台ピノッキオ

こどもっていったいどのくらいものをわかってるんでしょ?
『こどもに見せたい舞台 ピノッキオ』こども...と聞いて期待せず行ったのだけど、イタリアの社会の暗さ(風刺小説だもんね)かなりオトナ向き?な自由劇場ばりの役者の演奏、こども騙しでない演出。それにひきつけられるこどもの反応を一緒に楽しむ。こどもを退屈させないために客入れからマックスに動き、弾き、踊る役者達。こども無料で大人1500円という料金や、装置や衣装のリッチさを見れば、この芝居がなにがしか援助をもらっている事はあきらかなのだけれどこの舞台には倉迫チームの”こどもだからこそガチ”という矜持を見ましたpunch

さらに本日はちとしたバイオリンリサイタル。その中で大好きな”ラ.カンパネラ”のピアノとバイオリンのデュオを初めて拝聴。この曲は小さい頃から知っています。それはテレビドラマの赤いシリーズで水谷豊が”毎朝新聞コンクール”2次予選のために何度も何度も練習するシーンを見たから。この曲を聞いた時、ドラマの重さもあいまってこども心に重くて強い悲壮感に衝撃を受けた事を覚えています。今日見ていても改めて思うけど、こどもってけっこういろんな事わかるんじゃないかな。などと思って調べたら、増村保造・降旗康男という監督陣でしたcoldsweats01こども騙しどころかこどもに見せちゃいけないかも...

画像はピノッキオのコオロギ氏clover演技はかなりオトナ向き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪談八雲噺

怪談八雲噺

文豪をテーマに朗読、音楽、演劇のノージャンルコンテンポラリーな”おおのの”新作、怪談八雲噺に乃木坂コレドシアターにおでかけdash夏らしく小泉八雲...ですが女優の趣味のバツグンなおおの。八雲の妻セツ役のク.ナウカの女優さんが芝居も顔も声もすごく惹きつけられる怪女優で、一緒にいったヤングディレクターキャシーと「はらない時の声がいいね。」「制服OLとかやったらこわいよ。」とひそやかに盛り上がるcatface

演劇やプロレスは嗜好がないと誘ってもかえって気を使うので(がっかりする事も多いから)誰彼無く誘えないのですがキャシーが劇団鹿殺しのファンというのをたまたま聞き、このたびお誘いしたところ鹿殺しレギュラーの花組芝居の谷やんが見にきていたので観劇後の打上飲みという演劇業界魔境に拉致&放置。

おおのの新作は以前より密度の増したところもあったけれど、やはりシリーズを通じて思うことは、文豪なんていう気違いを若い役者がやるのはもしかしたらちょっと荷が重いのかなあという事でした。だって妄想と交信する人間でしょ、作家って。違うな、若いとかじゃなくてヤバい役者がやらないと荷が重いのかな。でもヤバい役者は殺したいくらい面倒なんだろうな。
自分は殺したいほど面倒な役者なんか演出した事はない。でもそれって演出家として恥ずかしいよなぁ...。

でもこんな好きなやり口にヤバい役者が参戦したら、嫉妬で悪口言っちゃうけどね...good

ちなみに殺したいほど面倒なレスラーを演出したコトはあり...coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演出家民族問題

マダムの会社は中国に親戚会社があり、最近は中国の仕事にディレクターをだす事もしばしば。今日は上海のYOシャチョーが来日していたため、今後の傾向と対策のため中国おシゴト事情などをあれこれ...beer中国は欧米系代理店やプロダクションも多いため様々な国のディレクターがいるらしいのですが、自国のスタッフ以外ではやりたがらなかったり、予算のクラッシュ、クライアント事情を徹底して呑まないなどお互い不幸になるトラブルも多いらしく、日本人ディレクターは再評価されているとか...たしかに日本人ってかなり著名なディレクターでも条件の中で最良の仕上がりを工夫するタイプの人多いですよね。(そうでない人ももちろんいますがcoldsweats01

最近はタイやシンガポールからも日本人ディレクターを...というお話が多く、はてなにゆえ日本人?と思っていたのですが、そんな理由もあるのかもしれません。あと香港のディレクター、欧米系ディレクターみたいにブームもちょっとあるんだそうです。まあここには書けない様々な演出家民族問題も聞けて面白かったですscissors

しかし国をまたがってシゴトをする人は、みな等しく言語は問題でないといいますね。

”オレ”というものがある人ってなんとでもなるんです。尊敬する演出家のイワモトケンチ先生の名言に「言葉というのは人をわかりあえなくするために神が作ったもの。」というのがありますが、その理由はあんまりわかりあいすぎると人間はろくな事しないんだって。

画像はYOシャチョーに頂いた銘茶japanesetea

今日はちょっとばかしわかりあえたから気をつけなくっちゃcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一次質問攻め

2年前めったにない口内症例として歯科外科手術&写真撮られまくりの3.5本右上ブリッジが、うっかりキャラメルによりゆるんでしまい、久々の佐藤歯科に通院中。二度と外れないようにと本日ようやくあがってきた複雑怪奇な形状の金属噛み合わせを慎重にチェックするセンセー。 久々の佐藤歯科は5Fから通りに面した1Fに移りなぜか沖縄風fishにリニューアルされておりここ五反田ではどう見ても居酒屋か何かのよう...。しかし治療はハイテク化が進んでおりレントゲンがデジタル化されていたり、質問したいことが山づみです。

しかし歯医者さんっていうのは美容院とかと違って、時間的にもお口的にもなかなか質問するスキがないのがネック...。知らないことは質問したい...特に専門的なことほど聞きたい性格なマダム。手元で金属を調整するセンセーにもうチャンスは今しかないと、たまりにたまった質問攻めdash

「なるほど、この赤いかみ合わせシートは噛んで破れちゃうとあたりすぎってことなんですね。」「なるほど、このPCソフトはやっぱり歯医者さん専用だから高いんですね。」「なるほど治療の間隔をあけすぎると歯って動いちゃうんですね。」

第一次質問攻め終了~。もうすぐ治療終わっちゃうんだけど全部聞けるかな~...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまいと言わない系譜

父と父の姉KCOとの変則メンバーのお盆。

本日は、山越ドライブの道中一軒の蕎麦屋へ。国道をそれた田んぼの中に民家風とも山小屋風ともとれるしつらえに、売切仕舞というのも期待させます。越後妻有という蕎麦どころエリアでもあり、まあ失敗はないだろうとえんえん待つ事20分...clock

いや、別に標準なんですよ。しかしもくもくと食べる二人の老人の言葉がまったく弾まない。いくら親族といえどこの沈黙はあまりにも不自然。そしてついに誰が最初に言葉を発するかの忍耐戦に。そういえば昨年父と越後妻有トリエンナーレという芸術祭を散策したときも全く同じ状況に陥った事がありました...。3人の全身から”イマイチ”というオーラがむんむんしてる。そしてああ、この人達はうまくないものをうまいとは絶対言わない人なんだなあとつくづく血を感じた訳です。蕎麦の事だけじゃなくてね...うまくないものを気をつかってうまいと言わなければいけない事はマダムも非常に苦手であったりします。でもそれって大人の必須科目なんだよなあbearing

画像は本日のドライブの目的地ひまわり畑にいたひまわりちゃん。

父は彼にこのへんでうまい蕎麦屋はどこかと聞いていました...coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レスラーはご飯ガン盛

大日本プロレス2年めのルーキー橋本和樹選手&新人練習生クンと五反田は五炭田で焼肉。
ご一緒した事のある選手達は食べより呑みの方が多いのですが、さすがルーキーこれぞレスラーという食べっぷりhappy02
その様子をちら見ていたマスター、彼がレスラーと知るやガンガンとサービス。いいねえ、レスラーは。みんな見ていて幸せになるねえ。リング上でも熱いバウトを見せてくれる橋本選手ですが、人を見る観察力や感性のよさ、強い野心が言葉の随所に感じられ、レスラーとしての成長がまた一段と楽しみになりました。

しかし問題は連れの練習生クン...。

「こちらもいい身体してますね。」とマスターに触られると箸を持ったまま泡くって店から逃走してしまいましたdash橋本選手によれば、何でも人に食べられそうになった暗い過去があるとか...
たいていの事には驚かなくなった大日本ですが、人に食べられそうになったって!?

画像は橋本選手とガン盛のご飯を持ってきた五炭田のマスター。

練習生クンの話はいずれまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題のない夏休み

夏にここに通うようになって早10年あまり..。伊豆の突端にある下田は海の美しさだけでなく黒船来迎と昭和リゾート文化の残る風情ある街です。

金曜の夜心の荷物を降ろす勢いで無理くり宿題を終え、開放感いっぱいにでかけたはずが、例年に比べなぜか歓びが薄い....今までの旅を思い起こし何が違うんだろと考えたところ...大きな忘れ物をしてきたことに気づきました。大きな忘れ物、それは宿題...book

考えなければいけない企画やストーリー、解決しなきゃいけないテーマ。それを持ってでかけると旅の景色は全く別ものになります。色を帯びてドラマチックになるheart04実は金曜の夜それなりに長く悩んでいたことにひとつの答えがでたのでした。あの宿題そのまま持ってでかけちゃえばよかったな...そうしたら自分の答えは全然違うものになっていたかもしれません。アンテナ下げちゃうとホントダメだな...

2年ぶりの下田は、毎年うかがっていた地元料理の名店がご主人の病気のため閉店していたり、たぶん景気にもちこたえられなかったお店がいくつかなくなっていたりもして、その事は宿題のない旅にひとつの色をそえました。店構えはそのままに風を通すために開け放たれた木戸から幾度となく座ったカウンターが見えた。1年に一度しか来ない私達のことを覚えていてどんな忙しい時も声をかけて下さったご主人ありがとうございました。ここでしか頂けないお料理本当においしかったです。

そんな時間に感謝をこめて品書をご紹介。

紅白なますを添え水飴で甘味をつけた鰯の酢味噌あえ、お皿からあふれそうな金目鯛煮つけ、苦みの効いたさざえと明日葉かき揚げ、中までとろけそうな夏とりたての焼茄子、海のおいしさをお米がみんな吸い込んだようなほこほこの金目鯛釜飯。お店の名前は『亀遊(きゆう)』幕末横浜岩亀楼で異国人に抱かれることを嫌い「つゆをだにいとふ大和の女郎花ふるあめりかに袖はぬらさじ」の辞世を残して自害した遊女と同じ名の気合ある看板です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お庭とその夜

グループ会社ポストプロ”お庭”のリニューアルお披露目におでかけsnow
旧知のエディターくんとかミキサーちゃんとか、CGくん達とできたてのお部屋でヤングディレクターの演出ぶりなどあれこれお話したあと、お庭の鼻先にある某有名イタリアンでリゾットとワインなどいただくwine

このへんまではよかったのですが、もうちょっと話そうと場所を変えたあたりからなぜか国際的乱戦に...せっかく日本にいらしたリモートテレシネCOMPANY3の副社長さん、最後の貴重な2日をこんな無粋にしやがる民族で本当にすみません。でもまあ、直せと言われりゃえんえん直す、だけどその分はこっちもち。さんざん確認とったのにやっぱり変えて、という日本(そして中国も)の映像制作のやり方はきっとおかしいんだろうなぁ。それは認めます。特にこういうローバジェット時代になったらロスを最小限にする事を真剣に始めないといろんな産業や人材の体力が枯渇するのは時間の問題...。ていうかどうせ変えるんだったら事前確認習慣やめればいいのに...
まあ、映像だけでなく安い買い物したらなるべく四の五の言わない事を自分にも言い聞かせつつ社会にも広めようと思いますcoldsweats01そして買い物は常に自己責任のバクチだという事も...

アレックス(お庭の看板アーチスト、イギリス人)なんか日本人になってたなぁ...
ケンカしながら
「それビミョー。」
はないだろ...chick

マダムのお部屋のデモ鳥penguinあきらと隣部屋のひとりプロダクションpcむらセンセー&フデバコナゴヤの姉さま達のプロフィールようやくUPしましたsweat01

お庭のみんなのプロフィールも近日リンクにUP予定scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のお買物

アマゾンでお買い物

アマゾンのお買い物。

藤代冥砂の合格☆女子(こういうの読んじゃうと村上龍の女性論はもう古典ですね...weep)

Alessandra Ollaの腕時計(日本のみなさんすみません。またこんな中国の力を借りた値段でものを買って経済原理をブチ壊してしまいましたcoldsweats01

眠れない人や落ち着かない人が最近あまりに多いので(もう流行ですね)処方箋用に買った『骨盤にきく』の文庫bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »