« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

梅雨と体癖

梅雨と体癖

毎日蒸しますねrain

この季節はムネがつかえて息が深くまで入らなくなるので”脚上げゆるめ法”をして寝ると、あら一発で深い呼吸に戻りました。

湿気が極めて苦手な上、汗をかかない体癖8種(たぶん)でも昨晩の霧雨は何か不思議なものに出会いそうな予感がして、池田山の中をわざと濡れて帰ってみたのですが、ただのアブない女として通行人に怖がられてしまいました.....。(池田山にお住まいの方本当にすみませんcoldsweats02

画像は飲んだ勢いでよく人にあげてしまうカラダのバイブルlovely

占いよりはよく効きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーモリくんの知識

2年生大型女子オーモリくんは学生時代から多くの手描きアニメ作品を作っています。ありがちな美大女子アニメな感じではなく音のつけ方や色使いなどレトロというかなにか独特な感じがあり、後にそれは実家の”古道具屋”の膨大なポスターや服飾、漫画やLPの中で育まれたということがわかりましたchick

そんなオーモリくんにひょんなことからやらせてみた無謀なローバジェットコンペの企画...その企画はとんとんと勝ちぬき、決まったけどどうすんのこれ?という心配をよそに机の周りに膨大な材料を自ら買込み、会社の貴重な会議室を占拠し引きこもること2週間...気がつけば鶏が卵をかえすように3本のシリーズCMをぽこぽこと仕上げ、そして何事もなかったように次のお仕事へと飛んでいってしまいました。

そんなオーモリくんのデビュー作『知識』はこちら。プロとして無骨なところはあれこれありますが、何かずっと見ていたくなる.....そんな不思議さがあります。この子の頭の中の知識っていうのはきっとこういうものなんだな...

予算のあるアニメのお仕事みなさまお待ちしてますよ...。ご飯も思ったほどオーモリで食べません...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乱闘席

大日本観戦の時はたいていシートは団体にお任せなのですが.....なぜかよくレスラーの方がお近くまでいらっしゃいますcoldsweats01本日後楽園ホールは東のB15。日曜興行は珍しいので浴衣でお出かけしてみたりしたのですが...優雅に南側オレンジ山脈の暴走を眺めていたのもつかの間...。

足元にレスラーが転がってくること3回....浴衣に下駄は逃げにくい上に本日はまたみんな一段と激しい流血shockそのたびに飲みかけのビールを抱えて棒立ちになるマダム

慌てるとかえって事故のもとなのでもう逃げるのやめて臨場観戦....

本日は映画『レスラー』でハリウッドデビューした”バカ外人”ネクロ.ブッチャー選手が序盤でバルコニーダイブをしハジけてしまったせいか、選手総ヒートアップしbombここしばらくなかった激しい試合の連続。特に佐々木貴×佐々木義人選手のシングル。ハードコアでもないのにバーリトゥードばりの大流血、顔を殴ると血ってお口にたまるのね...少年ジャンプみたいに義人の口からひゅーひゅー赤い霧が吹き上げてる。男子であんな神取忍×北斗晶(この人達フツーにこんな試合してました)みたいなプロレスちょっとみたことない.....大日は今かつてなく充実してる。プロレスのバリエーションも感情の部分でも。

乱闘席大満喫。でも今度から浴衣の時は南の安全席にしてもらおうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちぃさいおじさんと

以前マダムの会社の制作さんで、IT系、映画配給と紆余曲折
を経てフデバコに生息する”ちぃさいおじさん”の開発した
アプリの営業というかリサーチに某演劇関係会社へおでかけdash

人を仲介しても紹介しないマダムの主義ですが、このおじさん
も商売する気があるんだかないんだかわからないプレゼンcoldsweats01
一番受けたのが、演劇畑に全く縁がなくこの商売を始めた
シャチョーさんの
「これはニーズの声がお客様からまったくありません。」
と竹を割るように爽やかな笑顔のすっぱり発言。
帰り道おじさんはそのシャチョーの事をしきりにほめ倒して
いました...。というのはなんか中途半端に脈のある事やでき
もしないのに夢を言う人が今の世の中多いんだそうです。
しかも
「彼はすごくこれに興味を持っていましたよ。」
と言い切る。たしかに。あんなにきっぱり言われたのに何か
また会う事になるような予感がマダムもあるんですよ...。
こっととあっちの紐を結んだだけですが、ディレクターを専業
にしてる時よりあきらかに楽しいのはこれ...。営業にはサイ
キックな局面があるんですよね。

beerを一杯あけ対策を5分で話し、おじさんは今から研究会で
発表だ、と横浜に旅だっていきました。
(いいのか発表の日ビールsign02

(そして、いいのかそのスーツのしわsign02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンガルの虎

ベンガルの虎

新宿梁山泊を見ていたのはまだマダムが20代の頃。
もともとアングラは好きで10代からあれこれ見ていたのです
が、会社に中途で入ってきた同期shigeちゃんの栃木の同級生
が当時梁山泊の団員だった事もあり、打上に拉致され白竜
横でビビってお酒を飲んだりしたことも...coldsweats01
そんな梁山泊、20年ぶり?の花園神社...『ベンガルの虎』
いやあ、すごいhappy02大日本見るくらいイッちゃいました。

「時代に対して一歩も進歩していない。」「君の感動はただの
ノスタルジー。」という批判を決して否定しません。
でも演劇はこうであってほしい、というゴリゴリした感じ。河原
ものは堅気でない、感じ。休憩2回蚊とり線香のスモークにいぶ
される紫テントの3時間はまさにファンタジーheart04
終戦後の南洋の島の白骨街道で骨を拾い妻に送り続ける幻の夫。
その島の洋妾であった母に回帰するように柳ごおりに身を沈め、
生まれた島に帰ろうとする女。そういう強く脳内エロスをかきた
てるようなものってあまりにも減ってしまってる。
(ニーズないのかしら?でも圧倒する重いファアンタジー映画
人気ないですか?)

でもおかげでようやくちょっと大日シェイクスピア第3弾の芽が
脳内に顔をだしてくる...。

業とかたたりとか、血や宿命の中にある逃れられないものの
甘美さ?みたいな事...。それをプロレスで...

できるかなあ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の男

ビール日和

我が家はサッカー観戦は禁止なので巷の喧騒の中一人静かに桜庭一樹に突入book(他にあと6つ禁止事項がありcoldsweats01

梅雨の合間のビールの日和とでもいうような完璧な温度と湿度の夜風beer

なんとなくこの人が絶対にいいのは予想していたけれど、

あー出だしからいいなーエロエロだなー。土地エロとしても秀逸、北千住&オホークツエロ。こんなもん創られたらもう自分はやらなくてもいいやモードの小説。どこかラテン文学の香りもして。これ絶対撮る自信あるけど、でも児ポに触れるから映像にはできない...。お父さんは奥田瑛二、花は誰か無名の子。奥尻島のお母さんは尾野真千子。尾崎くんは瑛太かな...

疲れてる時もいけます。間違いなく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修研修、また研修

研修の日々

今月はあわただしいお仕事の合間に研修がつぎつぎcoldsweats01

ひとつは講師でひとつは生徒。&ひとつはハードなワークショップ。講師の時はみんな勉強してないね~とスパルタしたものの(だってその研修センセー方はみんな超スパルタなんです...)いざ自分が生徒となるとえらいおちこぼれcrying

でも生徒やるのは断然楽しい...社内人気が高く抽選で当たったのですが、これをマスターしたら趣味に仕事にやりたい事が山ほどあって夢がふくらみます。

ちなみに講師では制作さん向けにディレクターのお話をしてみたのですが、カリキュラムを作るため制作番長さん達に仕事したディレクターのちょっとしたアンケートをとってみました。好き嫌いなんかではなく何にこだわりがあるか、みたいな事なのですが、さすが番長goodそれぞれの愛ある観察眼にマダムちょっぴり感動...。やっぱりプロデューサーになっていく子って違うのねえ。

画像はそんな「演出家のバリエーション」講義に使った業界人誰もがもつ一冊book

せっかくいいもの撮っているのに、余計なことは言うまいとするコメントの日和見なところがな~んか演出家っぽくなくてちょっぴり残念...まあ、こんなところで主張をしてもしょうがないんでしょうが、ディレクターのみなさん、いい人かどうかなんて事よりみんな意外ともっとシビアに大事な事を見てるみたいですよ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

罪と、罪なき罪

罪と、罪なき罪

2年前下北スズナリで拝見したリリパットアーミーⅡ「罪と、罪なき罪」の再演にできたばかりの劇場、座.高円寺へdash

同じ演目を間をおかず見る事は滅多にないのですが前回とはまるで別の芝居...明治初期の近代司法の夜明けに振り回される様々な人々。わかぎゑふ姐さまの作演出。

脚本そのものもかなり変わっているのですが、時間空間、役者の年齢、そんなものの変化が相まった舞台...。男女関係や友達関係のように、人が時とともに織りなす関係性のモアレ。劇団という集団でないと生めないものが間違いなくある。なんかね、こんなクソめんどくさい事を25年続けてる人が本当にすごいと思うわけ。そして今回客演している役者の弟が本格的におっさんになり、ここからまたできなかった事が表現できるようになる変わりに何かができなくなるんだな、とかいろんな事も思う...bleahプレイヤーっていうのはだからこそライバルでもある子達に恐怖を覚えながらもいろんな事を伝えようとするのかも。まあ、そんなのせいぜい昭和40年代生まれまでなんですが。

リクルートの季節になるといつも思うのは、プレイヤー資質の高い子って自分の思いつかなかった事を聞くと、自分の意見そっちのけで夢中になる。本質的に優れたものに惹かれる本能をとめられない。食べた事のないものへの興味が抑えきれない。

その瞬間を見るのが本当に好きheart04

今日もいっぱい見たなあ。

きらきらしたものを...shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北品川異聞

run

区の乳癌検診を受けに北品川へdash
マンモグラフィーは二度めなのですが、どんな胸も手際よく掴みガラス板にはさみこむお姉さんにはいつも職人芸を感じます。さらに超音波に移ると自分の体内画像が見えるためか、ついに我慢していた好奇心がピークにfuji毎度迷惑な「質問さん」になりマンモと超音波の違いなどあれこれ尋ねまくりbombおかげで自分の乳質と対策?もだいたいわかりましたwink

北品川はご近所ですがあまり行く事のないとこなので海風にふかれ商店街を散策run
しかし検診に来てなんですがこの街は休日一人ビールできるお店がないのがちと残念。あきらめかけて入った駅近くの喫茶店でビールと特製カレーを頂こうとしてタマゴサンゴ(求肥添)と有機栽培コーヒーであきらめる。しかしどちらも絶品でした...。

画像はそんな北品川商店街の公園の移動動物園でこどもに人気のまるでないやぎcapricornus

サービス感のない性格が全開coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花

紫陽花

家のそばに咲く一面の紫陽花。

ちなみにこの横の塀は桜田通りなのでたぶん私有地ではないと思うのですが「せっかくだから」と植えたどなたかがいらっしゃるのでしょう...。

とはいうもののここ数年丹精してる気配はなく年々巨大になる紫陽花はもはや人が隠れる大きさに.....coldsweats01枯れたあとはなかなかグロい紫陽花ちゃんですがこれからの季節ちょっとしたうるおいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野の黒き猫

上野2

遅刻した人は放置して出発、の撮影隊のような我が家のルールのもと(遅刻したのはマダムです...)さて一人でどこにでかけようか、と最終日の「細川家の至宝展」に上野にsun

最終日は混んでるだろうと時間つぶしに公園口のカフェでちびビールを頂き、氷屋さんの大イベントを流しながら国立の平成館へ。「並ばずに、見たいととこからご覧ください」のありがたい案内でストレスなく直感でオーラを放つお宝を満喫happy02がつんと感じたのは入ってすぐの童子の像と、甲虫のような光沢の二本の触覚を備えた甲と紺糸の甲冑。名刀のいくつか(名刀はオーラのすごいのがあります)あと細川護立コレクションの小林古径や鏑木清方、白い釉薬を掻落しという手法で模様を描いたペルシア式のモノトーンの壺などが予想外の眼福でした。そして恒例ミュージアムショップへ...ちょっといい黒猫のグッズが気になりあれこれ購入したものの、見た記憶がない。学芸員のお姉さんにこれはどこに?と再入場しようとしたら前期で終了ということでした。お姉さんのめちゃくちゃ残念そうな様子からしてやはり目玉の一品だったよう...残念...普段は目白台の細川江戸屋敷あとにある永青文庫にいるそうです。会いに行ってみよ。

重要文化財 黒き猫(部分) 菱田春草 まだ小さい猫独特のもふっとした毛がいい感じです。 

本日の戦利品 てぬぐい、葉書、葉書入れファイル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイ.ライフ

ハイ.ライフ

花組芝居のオトコたちがリー.マクドゥーガルの戯曲を演じた『ハイ.ライフ』を下北スズナリで拝見smile

竜と虎ふたつの組がありどちらを見るか迷ったのですが、原川浩明、小林大介、谷山知宏、大井靖彦の虎組...catいやいや役者さんたち個人を多少なりとも存知あげているつもりなのですが、何もわかっていなかったな~と思うくらいグルービーなヤバい芝居bomb

始まってすぐこれは物語を見る演劇じゃないと”プロレスモード”に切り替えたのですが、役者のチューニングの目盛が細かくてすごい集中力で見入る。たしかに設定はワルいオトコの話なのですがそういう役柄なんかの事じゃなく、俳優個人個人の手触りの違う悪さが香りたってくる...。つまりすごくセクシーな演劇でした。やっぱり演劇はこいうヤバいとこ連れてってくれないと。これ両方見てもよかったな...

ただ惜しむらくは、こんな芝居をオトコの(特に若いオトコ)観客がほとんど見ていないってこと。『男に見てほしい花組芝居』とかそんなプロモートしてもよかったのに.....まあ、男の人あまりにも演劇見なすぎなんですけどね...何してんだろ?ゲーム?サッカー?プロレスも女の人いっぱいいるけどな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »