« 竹田誠志異種格闘 | トップページ | 炉端屋ではなく »

カッコイイ女

カッコイイ女

20ン年前に新潟に帰った友人(女)がなぜか独身のまま
関東に帰還punchあまりに唐突あまりにグルービーなその生き
様を新橋烏森口SL前という親父スポットでお出迎え。
マダムの目も見ずにタバコをふかしながら
「あたしの人生だからね...。」
とつぶやく風情...。大手スーパーの管理職の彼女、鮮魚
売場のオヤジに年末鮭をぶん投げた無頼な列伝を”新橋
三州屋”で刺盛、鶏豆腐、ねぎヌタをつまみながら聞く。
この黒人の物知りばあさんみたいな友人はマダムの高校
の同級生なのですが、会津と鹿児島と管理職の話ができる
女はそうはいません。

埼玉の新興タウンに帰る彼女をもう一軒と誘ってカンで
入ったのがこの地には珍しい昭和歌謡曲バーwineリクエストを
入れるとYouTubeか何かと連動してるんだと思いますが
夜ヒットとか当時の画像で昭和ヒットを見せてくれるシステム
らしく、頭髪にさみしさも感じる新橋サラリーマンでたいへん
な賑わい...。
渡辺美里、PERSONS、中山美穂と続いた選曲を聞いた彼女
一言...
「客層が70年代生まれだな..。」
松山千春が入ったのをきっかけに岸聖展演出のレベッカの
PVをリクエストして80年代にちょっと思いを馳せながら
帰ってきました。
新橋駅で見送った彼女はあたしを一回も振り帰らなかった。

ぐだぐだおばさんみたいな事は一言も言わない。こういう
カッコよさを最近忘れてたかも...。

画像はそのリクエストカード。ところでシリアスすぎる曲って
どんな曲なんでしょう...?

|

« 竹田誠志異種格闘 | トップページ | 炉端屋ではなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/34303627

この記事へのトラックバック一覧です: カッコイイ女:

« 竹田誠志異種格闘 | トップページ | 炉端屋ではなく »