« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

お代わり

お代わり

わかぎゑふ姉さまのセカンドユニット、ラックシステムの新作『お代わり』を観に北千住THEATER1010におでかけdashラックは『お弔い』『お祝い』に続き3作目ですが、明治7年から150年間に渡るある家の物語で、そこに時代時代の”新しい食べもの”が登場します。食い物の本や漫画が好きheart04というくいいぢ(by安野モヨコ)のはった人がいますがマダムも間違いなくその一人。一番食べたかったのは”う●こ”にあまりにも似ているため、誰も味見をしようとしない海軍カレーのエピソードでした。もっともっとフードの数多くてよかったな~。

そんなマダムの横にいたのが、くいいぢでは引けをとらないTAMAYOちゃんsnow滅多にないチケットトラブルのせいで観劇前のチャージめしを食べ損ねたらしくお腹がエンドレスに鳴っており...17時半に劇場を出てダッシュで向かった立食い串揚の名店天七でおそろしい量の串揚げを喰らう女達...cat

ラックの芝居をみっつ見て思う事。姉さまはこんなにエロいんだからエロくやっちゃえばいいのに。けれど、姉さまは母さんだからエロいことには気をつけているのかもそれない。こどもっていうのは母のエロを嫌うものだから。

画像はそんなわけで本日いちばんエロかった女優わかぎゑふsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ものを作るガクセーさん

昨年もクロちゃんに参加してもらった京都の芸術系大学の学生さんの作品プレゼンテーションと懇親会に東陽町のホテルに。
学生さんの作品を見てリクルート的会話(やだなーcoldsweats01)をするに違いないと、不安な気持ちで出かけたのですが、テキスタイルやプロダクトデザインなど自分の業界と違う分野の学生さんが多い事もあり、すっかり楽しんで参りました。

ものを作るガクセーさん
テキスタイルの学生さんが作っていた気になるやつ...。


すでにデザインを買い取ってもらったという木の玩具。


やはりテキスタイルの学生さん。指がモチーフです。

それにしても驚くのは来場しているお客さんがものすごく学生さんとしっかりお話する事。2徹のクロちゃんも、それは指導?ナンパ?と思うほど一人一人長話...。せっかく再会した美大予備校講師時代の教え子にもかなり厳しい指導をしていたよう...。基本芸術系大学生の就職感に否定的なマダムなのですが、その様子を見ているうちに、ああ、こうやっていっぺんに社会人と話す事はこの子達には貴重な時間なんだ、と思い直し、それからは頑張っていろんな学生さんとお話してみる事に。シャイ全開な学生さんがいる一方、すでにiPhoneのアプリを作ってたり、玩具のデザインが商品化されてる子もいて、その子達のたたずまいはもはやプロshine
「企業なんか入るより、イタリアにでも行って職人とかやる方が楽しいんじゃないの?」とつっこむと「わかりますか?がっついて企業に入ろうって気が実はあんまりないんですよ。」
リクルートスーツに古着風の花のプリントシャツを自分流に着こなしたその学生さんは、たたずまいも自然で才気溢れ、中味から美しく、気も強く、あなたならどこにだって就職できるだろうと思わせるのでした...。
ものを作る仕事に向いている人”面白い事が好きとか、頑張り屋”なんていうのは当然の事。”いいパワーがあって、ちゃんと人と話ができる人”だなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野ツアー

上野ツアー

寒空はだかさんと上野で飲んでるよー」のお誘いに御徒町からアメ横中央通りへ急行dash思えばまだ3か月ほど前でしかないロミジュリの迷演のお話などしつつさらに湯島方面へとツアー。はだか師匠はロミジュリ初リングで素晴らしいレスラー振りを見せて下さったのです。東の旅は遠い旅。師匠といるとさらに東を実感します..。

画像は酩酊の勢いで仕上げに入った韓国家庭料理屋さんで、まずでてきたミパッチャン(つきだしおかず)6品shineモヤシのナムル、椎茸のナムル、らっきょうの韓国醤油づけ、甘くない黒豆の煮物、紫玉葱とブロッコリーのサラダ。鱈のジョン(卵つけ焼)
これは五反田ではちょっと見かけない手強いネイティブ、と思えばやはりhappy02牛筋をソルロンタン風の白いスープで煮込んだ鍋で塩は完全に自分で調整するスタイル(これもかなりネイティブ)と、韓国料理屋初のムール貝鍋はシンプルに透明なスープ煮。韓国料理はそれなりに制覇してきたつもりのマダムもこれには撃沈。

久しぶりの湯島は、魔窟のバー”ろじ”がなくなっていたり老舗の中華料理屋さんがビルになっていたり時間の流れを感じさせました。けれど目の前でお休みになる師匠は若いながらも東の風情とサブカルの匂いを変わらずに帯びていて、旅情を感じさせてくれます。この人と飲むならこの街がいい...そんな事を考える不思議な夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ともだちの親

茨城県某所に友人しんじのお父様のお通夜に伺ったのは7年ほど前。今では珍しい自宅でのお葬式で、私達は見も知らぬしんじの地元や学校の友人と(お酒とbottle)一緒に四畳半ほどの部屋に隔離され、お通夜にも関わらず同窓会のようにもりあがる事に...。さんざん放置したあげく『酩酊隔離部屋』にやってきたしんじが言った一言は「おい、せっかくだから親父を見ていってくれよ。」でしたcoldsweats01私は酔っぱらったまま親戚のみなさんの前でしんじのお父さんの顔をべたべた触った。
あのお葬式の経験は、自分の葬式観を変えました。
そして死を終わりとはあまり考えなくなった。
どんな土地で育ち、どんな親から生まれたかのルーツに触れる事。出自の違う人間が同じ業界にいる不思議。たいていは子供には好きな事をさせ、自分は我慢してきた親の世代を見送る気持ち。どんなに気取ったってのっぴきならない自分の正体...。

今日はしんじと、そんな仲間と、またお通夜に伺ってきました。友人の父は格闘家と見紛うほど顔つきも体格も、昭和の男のエネルギーに満ちていていました。
こうして順番に。少しずつ。
仲間達と年を重ねていくのもいいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フデバコ&

フデバコ&

広告業界創成期のお話は、ファンタジックで大好きなのですが、今日もフデバコのタカさんとだがしやくん、タカさんのお友達との会食に乱入してきた某代理店のクリエイティブの偉い方...snow初CMで演出をやらされた話が最高...。(代理店の方ですよ)銀座の旭屋に売っていた『CM制作の全て』という本を慌てて買いにいくチキチキぶりから始まり、FILMの編集室でムビオラ(ネガを切って貼ってつなぐ編集機)地獄にさらされてゆく...あまりにも自分が何度もやり直すためにネガがベトベトになってゆくあたりは涙ぐみそうにweepまあ時を遡るほどに、ギョーカイの人はあれもこれも何でもやった訳ですね...。

タカさんに紹介される方は、こんなふうに上下関係を超越しているので誘われるとホイホイでかけて行き、いつもただ酔っぱらって帰ってきますbeerでもつながりを信じる人ですが、誰をつなぐかはきびしい人。だからその感じをいつもジャマしないようにと思うんですが、結局何か、ただがさがさがさつなだけのマダムであるなあwine...。

画像は8月に生まれたばかりの『双子ちゃん』へのプレゼントを抱えて渋谷の街を歩くだがしやくん。『持ち運び式柱のキズ』(双子だから2本)なのでかなり大きなものなのですが、今日渡したからって持ってくなよ、今から行く会食に...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走れダザイ

世界の中心で朔太郎を叫ぶ オンナの小説と文豪をテーマに、ダンスとも朗読とも音楽ともつかないコンテンポラリーなシリーズを展開してきた、花組芝居.大野裕明の新作「走れダザイ」

毎回そのコンテンポラぶりを絶賛していたのに「なんかダザイじゃない」事が気になって仕方なかった今回...その理由はひとつは小劇場『楽園』という会場にあったのかも。踊っても動いてもどうしても演劇として見てまうし(あいかわらず趣味のいい役者陣で谷山くんや女優陣も抜群にコンポラなのに)観客全体もそうだったと思う。今までの会場の『コレドシアター』はそもそも劇場空間ではないし、お酒を飲みながらが声をだし手を叩きながら観た...。けれど...。演劇である、という構えは自分を驚くほどクソまじめにした。おおのの創っている事は何も変わっていないはずなのにbearing

これは自分がプロレスを見るようになった事が大きい。ライブのグルーブを第一にとらえる観戦感覚は(結末の見えている)物語に没入したり、(結末のためだけの)長時間の集中を非常に苦手にしました。いろんな演劇の中でも圧倒的にプロレスなおおのの作品でこんな事を言うようじゃあ、映画に続いて演劇も見れないカラダになってしまう...偏食のせいです...改めないとcrying

しかしハコの有様っていうのはきっと演劇史を作ってしまうのでしょうね。下北『楽園』はそんなめくるめく壮大な演劇史を作ってきた本多グループの劇場のひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重い夢のデータ

映像の仕事をしている人で夢のディテールが人並み外れて鮮明という人がいますshineマダムがよくお仕事をしてきた照明ヨシキさんもその一人。夢の中であまりにも仕事をするので最近それが現実だったか夢だったかわからなくなってしまうことがあるとか...。

たしかにものを集中して考えている時は感覚的だし、脳みそが夢のような状態に近いので区別がつかなくなるのもちょっとわかる。ロミジュリのスキットを書いてる時は葛西純にこんなもんやりたくねえと言われる夢とか、ありえないシーンとかそんなのばっかり見ていました。けれどマダムの場合は”ストーリー脳”で、そうなった理由や人の感情、つまり物語が情報の中心なのですが、照明さんや美術さんという人たちは”ビジュアル脳”なので画像のディテールが鮮明shineつまり普段ものを見る時にあそこの光量は...とかあの建物の建材は...とか自然に見ているため夢の中でもそれを認識してしまうというわけです。ですので夢は当然カラーですし、データがめちゃめちゃ重いらしい...wobbly

今お手伝いでWebの仕事をしていますが、その夢はさっぱり見ない。それだけ自分を追い込んでないっていう事だし今までのストーリー脳の使い方では突破できないって事なんだろうな。職業は人の思考をかなりFIXしてしまうものだからきついマッサージをしないとな~

このお話はまた今度...目下自分のすかぽんたんな脳みそを使って実験中clock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜プロ2010

bullettrain浜プロ2010

開催が休日になって嬉しいハマプロに久々のおでかけdash興行が終わってもまだ18時なので、にぎわい座から楽しい野毛界隈を散策して紹興酒をぱんぱか飲んだあとは都橋商店街の喫茶みなと、そして今日はあっくんこと大橋篤選手のお店、バーRE!RE!RE!のある新横浜までふらふらとはしご。今夜のRE!RE!RE!にはロミジュリを見たファンの方がたくさんいらっしゃったので、ちょびっとロミジュリの裏話なども...bar しかし大日本ファンの女の人っていうのはお芝居や音楽、文学に造詣の深い人が多いのね〜confidentアングラとシェイクスピアと大日本のテーマの音楽性の話が同時にできる...サムライTVの三田佐代子さんなんかも本当に「わかってらっしゃる!」という方ですよね。彼女達が対談したらきっとすごく面白いプロレス論になるだろうな。そんなこんなで今度は大日本じゃなく舞踏を見ましょうなどと話は弾みに弾み、結局また最終の新幹線のぞみで帰るはめにbullettraincrying

画像はそんな本日のハマプロに乱入してきた大日本のレスラー達。今日もちょっと輝いていた頭のいい大好きな二人heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口コミより飛びコミ

意外と知られていないのですが世間のたいがいのBlogサービスでは「何を探してアクセスしてきたか?」が解析できるようになっています。以前「不良農民」という言葉をたまたま書いたところ同名の有名サイト(不良な農民の方のようです)と間違え莫大な数の方がアクセスされてきたことが...sweat01

最近アクセスが増えているのが、おそらく五反田で「飲める店」を探していらっしゃる方beerbottlewine。バーやスナックは基本「マスターと合うか?」が全てですが、だからこそオススメしたいのは”口コミ"よりむしろ”飛びコミ”...見知らぬ同士がカウンターをはさんだガチのサシをどう発展させてゆくかは恋愛と同じ...heart04くされ愛に落ちぶれた人のハナシよりハジメテのときめきを求めてダイブしてほしいもの...shineそして時には傷き...授業料を払わされたりするのもオトナの生きる道...

まあ、そうはいいつつも『HAPPY JACK』『Libero』『スナック玉木』マダムいきつけのお店は”飛びコミ”も十分楽しめるお店...(ちなみにお姉さんのいないお店です)もちろんお一人でも大丈夫、というかほとんどがお一人。

画像はさんざん飲んで食べたそんな店しかのってない五反田うまうまMAPpencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎児活天地

「ハニーさんの年賀状はいつも同じに見えるけど違うんですよね?」と何人にも言われる観音様シリーズ。去年も泣き言を言ったようにそろそろ漢詩のバリエに限界が来ており今年はデザイナー様にかなり手を入れられ...。しかしその語彙がなかなかのものだったので感心していると、YaHoo!の翻訳(中国語)で添削したとの事...confident

そのYaHoo!翻訳で遊んでみたら、漢字は概念言語が多いから英語→中国語の翻訳ができたら漢詩は一番作りやすいかも...。日本語の訓は同音異義語が多いのですが、覆うは要はcoverだし破るはbreak 、活は居とか在とかだと字面が弱くてイマイチだったのですが、気分はlive。

futureともbenefitともいろんな意味にとれますが、虎児ってやつはそもそもムダにエネルギーの余った生き物impact幸せな年になってほしいとただ老人のように願うより、今度は何が起こるかな?とエネルギッシュな気分でいたいもの...。

春霞覆八洲

未到仙境路

勧君破己籠

虎児活天地

曲調はEvanescenceみたいな感じsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟通信2 号

新潟通信2<br />
 号

大泥棒ホッツェンプロッツで大魔法使い・ツワッケルマンに幽閉されたガスパールのごとく大量のジャガ芋を千切りにさせられ久々の負傷sweat01いくらなんだってこのジャガ芋の量はあんまり...しごき?いぢめ?と泣きながらスーパーキレのいいプロの包丁に振り回されていると、大魔法使いが戻ってきて「ごめん、多すぎたわ。」crying

久々に実家の手伝いをして人間的に自分がすごく辛抱強くなっていることに気付く。
そして、傷とか出血というものにかなり無頓着になっているのも...。きっとあれのせいだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟通信1号

新潟通信

お正月に帰らなかったため&連休の労働要員として
実家の新潟へ。

本日の労働を終えホットウィスキーで一息。
スキー場の宿屋労働はバイトさんで朝6時起床の夜9時
終わりみたいな感じですが、まあ実家ですので黙ってい
ても瓶ビールがあいて、つまみ自由な感じ...。
本日はホットウィスキーに、なぜか魚沼名産大崎菜の
ナムルと天然なめこのけんちん汁。
こどもの頃から『家庭内にうなる食材』(家の中にベンダー
と食料庫がある訳ですから)な環境で育ったせいで眠る
寸前まで食べる習慣があるマダムsweat01

...とても危険です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売るって下品なことだから

プロレスやら五反田やらで思えばCMのことにとんと触れていないマダムcoldsweats01昨年ふとこのままではただのディープBlogsweat01と反省しているうちにまたもディープに新年はあけfuji

本日はそんなBlogの賑やかしに日経MJ2009テレビCMトップ10をパンパカパンcrownとご紹介chick1 資生堂 ウーノフォグバー 2 ロッテ Fit's 3 Softbank 4 サントリー 角瓶 5 アフラック新EVER 6TOYOTA こども店長  7 ユニクロ全シリーズ  8 サントリー BOSS  9 任天堂Wiiソフト  10 アップルiPhone3GS

MJチョイスということはさておき”旬”という一言につきるラインナップ..。そんな中でもジェンダーの話法が新鮮なCMがマダムは好みgoodウーノなんか待ちに待った”脇が汗くさくない”整髪料CMですね。あと若夫婦ものに坊主のダンナがでてくるようになったり、北国の奥さんがスタッドレスを選んだり、そういうのっていいなと思うわけです。けれどセミヤンキー郊外型夫婦とか意外と誰もやらないし、ギャルママエコとかもないし、モノを売りたい売りたいと言う割に"ちゃんとした会社”の対面を崩さないところが多い気がします。”何が何でも売りたい”んじゃなくて”カッコよく売りたい”んだと思うけれどそれ結構むづかしいんですよね。売るって実はものすごく下品なことだからなあ...。...と、たまにはちょびっと広告のおハナシも...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤代冥砂 ドライブ

ドライブ

近年読んだ土地エロものの中でエロ度において圧倒的に秀逸なこの一冊。

著者はカメラマンの藤代冥砂。マダムにとって藤代冥砂といえば紀行文と一緒に撮られたSWITCHの写真のイメージ。重いのだけど暗くない。必然とか時間とか、つまりいずれにしろ通りすぎてゆくものの一瞬を切り取ったようなあの写真のイメージそのもののような文章。(文章、というのは短編というには短すぎるものだから)きっと彼にとってこれは写真と同じものなんだと思う。

『In RED』で連載され反響が大きかったという事ですが、ホント30代女子とか大人カワイイとかって単なる”ガワ”のことですね。これ男の人は読まない方がいいcoldsweats01単にエロという事ではなく、まあ怖い本です...。

ちなみに全ての文章が『第三京浜』とか道路の名前になっていますが、土地エロの”土地”カンはイマイチです。土地がどこかなんて事は漂泊者にとってはたぶんどうでもいいことだから。ただ流れる時間というものののりしろを感じるのにドライブという行為は一役かっていますcardash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロレス初め

11:05 @東京駅丸の内北口。satoruちゃん&お友達と待合。
11:50 皇室参賀にて陛下のお言葉を頂くとともに万歳唱和paper
12:30 靖国神社参拝。
13:00 テキヤの仮設テントにて日本の未来とウォシュレットの活用について語るお年始。日本酒.烏賊ゲソ.チーズ大判焼bottle
14:30 後楽園ドームホテルラウンジにて靖国で配布された反民主党系ちらしを読みながらビールbeer
15:00 大日本プロレス新春興行の搬入.売店準備.福袋作りお手伝い。各選手スタッフに新年のご挨拶。
16:40  後楽園SPA LAQUA塩水.バブル風呂にて浴中仮眠。
18:10 大日本プロレス興行物販支援。
18:30 大会観戦。ホール名物ホットドッグ.レモンサワー。
19:50 第4試合 南側デスマッチ大通り(マダム命名)にて血まみれの葛西純選手に飲みかけのサワーを略奪されるimpact
20:10 サワー補充。ファイナルの世代対抗ランブル。昨年より注目の木高イサミ選手に今年も期待。
21:50 撤収中、大日本スタッフ池須さんのドセンターを凶器折り畳みテーブルでしたたかに殴打。
23:00 五反田博多料理福矢で鶏そば.酢みそセンマイ。
25:40 年賀状返信。ブログ更新調整中にデスクにて沈没sleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

青梅武蔵御岳神社初詣runそこから多摩霊園、多摩御陵の
多摩サイキックツアーで身体にまとわりつく邪気を一掃する
マダムの新年のコース。
本年も国の安寧を祈年し...そして事件は渋滞の高速を避け
都下へ戻る世田谷某所で起こりましたbearing

住宅街の路地のそこここに不自然な数の警察関係の方々...
新年早々お疲れさまです...と思いつつ道を折れたとたん、
ま正面ガップリ路上封鎖!?
もしや年末我が家の主催したあの政治集会が問題にsign02と思い
きやさにあらず。そこは某党の事実上主と呼ばれる政治家
の方のご自宅...。そして正月早々の住宅街のデモ。

その時奇しくも車内で爆音でかかっていたのがQUEENの
『THE SHOW MUST GO ON』catface
2010年の日本の始まりに痛いほどナイスな選曲good
ああ、なんて演劇的...。
ある役割を得た人は(つまりまともに生業をもつ人は)何
が自分のリアルかどうかなんて事より、役をやりきるしか
きっとないんだと思う。ステージにあがってる限りは。
本日はその歌詞をご紹介し新年のご挨拶とさせて頂きます。

Empty spaces-what are we living for
Abandones places-I guess we know the score
On and on,does anybody know what we are
looking for
Another hero,another mindless crime
Behind the curtain,in the pantomime

The show must go on
The show must go on
Inside my heart is breaking
My make-up may be flaking
But my smile still stays on


SHOWは続く。
SHOWは続く。
心はブチ壊れ、メイクがはげたって、
それでも笑顔でいてやる。

あけましておめでとうございますfuji
がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »