« ビョンヒちゃんの話 | トップページ | 道場の2階 »

奇跡の団体

奇跡の団体

ロミジュリに出ていただく漫談家の寒空はだかさんをお連れして、新木場ファーストリングへ大日本を観戦runファン感謝イベントということで、団体対抗戦やストロングファイターとデスマッチレスラーのタッグ戦や、ありえないトーナメントもあったりして新鮮でかなり見ごたえのある興行。はだかさんにはリングの上がり方や四方に観客のいる感覚、それぞれのレスラーの所属やレスリングスタイルなどを解説。

こういう形態の興行を見て改めて感じたのだけれど、安心してリングにあがっていられる団体の選手は(安定した団体なんてないけれど)どんな技を使ってもエンターテインメントとして見ていられるのだけれど、そうでない子達は何かサディスティックというか精神のキリキリした感じが試合に出てしまい、お客さんをどこかスーッと冷えさせてしまう、そんな違いがあるのです。のしあがろうというひりひりした野心には欠けるのかもしれませんが、個人ではなく団体としていい...大日本は奇跡の団体ですdelicious

木の香る会場をあとにしながら、はだかさんが「頭が下がりますな。」とつぶやきました。ものを伝える人はみなそう思うのですねshine

|

« ビョンヒちゃんの話 | トップページ | 道場の2階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/31026134

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の団体:

« ビョンヒちゃんの話 | トップページ | 道場の2階 »