« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

大井町どんたく祭

大井町どんたく祭

ロミジュリに出演頂くミゼットプロレスのミスターブッダマン
さんをご紹介頂いた元全日本女子プロレスのリングアナ今井
さんのお誘いで大井町どんたく祭りにおでかけrun
この目抜き通りにリングを張り、堀田裕美子選手や春日萌香
選手ら女子プロと今年は大日本の選手も参戦。
大日本の6人タッグに夢中になっている小学生7人に帰り際
ロミジュリのちらしを渡すと「これは劇?」と尋ねられました。
そうだよ、と答えると「じゃあ、今見たのは劇?」と再び尋ね
られました。(いい質問だよ。あんた達sweat01
「違うよ。これはプロレスだよ。」と答えながら、ああロミ
ジュリの事もプロレスと言えばよかったと後悔。

炎天下の気迫のプロレスは足を止める人も多く、特にプロレス
世代のおっちゃんと子供は夢中happy02
しかし赤いワンピを着ていろんな人に声をかけていたマダム、
テキヤのおっちゃんに「あんた一体何を売ってるんだ?」と
チエックされてしまいましたsweat01

来年の応援はTシャツで行こうと思いますpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上くんの話

井上くんの話

大日本後楽園ホールでの井上勝正選手の10カウント。
昨年『リア王』で彼を初のデスマッチにブックする事に
なった時、マダムはプロモーターと大ゲンカになりましたbomb
けれど彼の実直さは素人の興行に思いがけない熱い魂を
注ぎこむ事になりました。いいレスラーはたくさんいても
あんなレスラーはもう大日本にはいません。
まさかあれからたった1年で彼がリングを降りるなんて事
は想像もしなかったし、今回の事で改めて”できる時に全力
でやる”事の大切さを教えてもらった気がします。

サムライTVの血圧たかしさんがつないだ映像も愛が
こもっていて、ロミジュリ衣装部の堀金紀子ちゃんと
cryingcryingcrying
リーダーありがとう。お疲れさま。そして井上くんこれ
からもどうぞよろしくheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体癖8種

体癖たぶん8<br />
 種

体癖”は野口整体という整体法を唱えた野口晴哉(はるちか)先生の理論。人の身体の傾向を臨床によって12種類に分類しているのですが、寝相や風邪のひきかた、疲れやすいポイント、ストレスのたまりやすいところ、そしてそれによってもたらされるものの考え方や性格までも”体癖”として分類。明治の方なのでマダムはもっぱら野口整体を現代版としてアレンジした片山洋次郎先生の文庫本で楽しんでいますbook

整体界では野口整体はカルトだ、という考えもあるらしいのですが、マダムはこれによって片足を胸につくほど曲げて眠る自分の寝相や、夏太りの原因。眠りすぎた日の飲み会で貧血を起こす理由、昔から何かと片腕を押さえて映る写真のポーズの不思議、ケンカ上等な一連の言動なども全て説明がついたのでしたcoldsweats01

占いなんかよりずっと面白い体癖。マダムはたぶんねじれ8種。権威が嫌いで敗者に共感しやすい。集団行動とコミュニケーションが苦手。楽な方と大変な道なら決まって手ごたえのある大変な方を選ぶ。「肩書きくん」「みんなくん」「建前くん」が嫌いなのはあたしのカラダらしいのですが、どう考えてもまったくこの仕事に向いていません....sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンダーガーデン

ワンダーガーデン

花組芝居同期4人のユニット四獣(スーショウ)による『ワンダーガーデン』を下北シアター711にて拝見confident

明治時代。バラの丹精された目黒碑文谷の洋館の庭を舞台に四姉妹の20年を描いた作品ですが、この四姉妹とその夫やパートナーを男優が男女一役ずつ演じるという趣向。海軍士官の妻として規律を守る長女。自立して家を守りながらも独身を貫く次女。やり手の実業家とマイペースに生きる三女。アナーキストの女優として自称詩人のダメ男と一緒にいる義妹。

弟の演っている次女の薫子の芝居を「硬い訳でもない身勝手なわけでもない、どこか中途半端な感じがする...。」と言うと、「今の女の人のほとんどは薫子だから、あえて狭めず共感の幅を持たせている...。」という答えが返ってきました。実際この芝居、誰に共感するかによって感じるドラマが違うのですね。わかぎゑふ姉さまも「私は千草だけどルコみたいに生きてみたかった。」そんなふうに女のお客さんはこの四人を見るのかもとの事shine

画像は三女葉月を演じた大井靖彦くん...。マイペースでムダのない黒味はまさに葉月な方...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道場の2階

大日本プロレスの道場は横浜の鴨居という場所にあります。
ファン感謝のために、ここで時々開催している道場イベント
におでかけ。地元の小学生の作ったマッスルファクトリー
ベルト争奪戦8人バトルロワイアルpunch
これに登場する若手レスラーは道場の2階と呼ばれる彼ら
の合宿所から階段を降りてリングインします。

この道場の構造をロミジュリの装置にも活かすつもり。
”キャピレット大日本”の若手の合宿所におそらく
モンタギューの人間がケンカを売りにくるのでしょうhappy02
迎えうつのはやはり道場住まいの若手でしょうかsign02

画像は初代マッファベルトをとった大橋篤選手。彼もまた
背景のカーテンのかかった道場の2階に住む若手の一人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡の団体

奇跡の団体

ロミジュリに出ていただく漫談家の寒空はだかさんをお連れして、新木場ファーストリングへ大日本を観戦runファン感謝イベントということで、団体対抗戦やストロングファイターとデスマッチレスラーのタッグ戦や、ありえないトーナメントもあったりして新鮮でかなり見ごたえのある興行。はだかさんにはリングの上がり方や四方に観客のいる感覚、それぞれのレスラーの所属やレスリングスタイルなどを解説。

こういう形態の興行を見て改めて感じたのだけれど、安心してリングにあがっていられる団体の選手は(安定した団体なんてないけれど)どんな技を使ってもエンターテインメントとして見ていられるのだけれど、そうでない子達は何かサディスティックというか精神のキリキリした感じが試合に出てしまい、お客さんをどこかスーッと冷えさせてしまう、そんな違いがあるのです。のしあがろうというひりひりした野心には欠けるのかもしれませんが、個人ではなく団体としていい...大日本は奇跡の団体ですdelicious

木の香る会場をあとにしながら、はだかさんが「頭が下がりますな。」とつぶやきました。ものを伝える人はみなそう思うのですねshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビョンヒちゃんの話

長く五反田にいると、こういうお別れが時々あります。

ビョンヒちゃんは韓国の済州島出身。お母さんと語学留学中の妹さんと韓国家庭料理のお店をやっていたのですが、妹さんが卒業して帰国、お母さんが体調を崩し帰国。厨房のアジュマと二人でお店をやる日々。夜遅く一人で食事をしているとコッピcafe(インスタントコーヒーに砂糖とミルクをいれたもの)をだしてくれたり海兵隊の事務職につきたかった話などして、心底癒されて帰ることも。お母さんが帰国してからは夜も遅いし遊ぶ時間もないはずで何かと心配で携帯番号を渡しておいたのですが結局会えずじまいでしたweep

この街でたくさんの外国の女の子達と知り合いになり、こうやって会えなくなりました。サービス業はハードで孤独で、日本というものを楽しむ時間などなかったあの子達。けれど日本のことをちょっとだけ好きで帰ってくれるといいな、と思います。

さてこれからどこで一人ご飯を食べればいいのやら...restaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空中ドライブ

空中ドライブ

お盆に実家に行きがてら、親戚のお見舞いがてら、越後妻有トリエンナーレを冷やかしがてら、腰痛の療養に温泉につかる一日catface

古いカーナビは新しくできた道を知らず空中をすいすいドライブ。ものすごい夕焼けと山の合間の花火をぬけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いずこのヤングも

新しいリールを持って会社に来てくれたフデバコのAKとお仕事やリマーカブルの話などあれこれ。
AKは仕事ばかりしているくせに、ものの見方の豊かなヤングディレクター。リマーカブルはまさかそう来るかsign02というようなチャレンジャーというか、普通めんどくさいと思って人が手をださないような事を考えていました。コンペティションというのは結果も大切ですが、改まってあるテーマを深く掘り下げる、そのヤングな時間が貴重なんでしょうねshine

画像はお茶帰りに目撃した共産党の漫才コンビぽい二人。確かに演説より絶対に聞きたくなる新手の選挙活動。いずこのヤングも考えておりますなconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あて書き

弟の所属する花組芝居の同期四人、四獣の20周年公演
ワンダーガーデン』の稽古を見学。
わかぎゑふ姉様の演出。人の演出を見るのは面白いわ〜heart04
少なくともかつてマダムが見た事のない四人の何かを引き
だしている...そしてこの四人をよく知っているからこその
”あて書き”人の新しい何かを引き出すという事は一見さん
なんかじゃやっぱり無理。もしくは恐ろしく強引な演出家か、
勉強家か、天才か...。

そしてわたくしはロミジュリのあて書きをすべく、高円寺百景久保田安紀ちゃんのライブDVDをお勉強。安紀ちゃんはCMの
音楽をやって頂いた事も何度かあるのですが、昨年リア王を
見にきて頂いたご縁で、今年はディーバとしてロミジュリの
リングにあがって大日本のテーマを歌って頂くのです。
『高円寺百景色』は知る人ぞ知るプログレバンドですが、
改めて見るうちに歌詞もうちょっと意味不明でもいいかな
とか宗教用語どうかな、メイクのマスカラべろべろなのも
いいな、とかドレスよりコートかなとか、あて書き妄想は
ぐんぐん進行shine

脚本のダイアローグをつめたり、あて書き修正をする
時間は、人形に魂が入る瞬間のようでとても楽しい時間。
そして直前でまた、がらりと何かが起こったりして。
それもまたよし。プロレスだもの...good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墓参りはサプリ

墓参りはサプリ

マダムの実家の菩提浄国寺は千葉の佐原というところにあり
ます。ご住職COZZYは自称極道坊主の元商社マン&元漁師
ですが、信仰と実存を絶対まぜこぜにしないモダンな宗教者good
お葬式や法事の折も、「あの世というものは私もまだ見た
事がないので確証はありませんが....」などと言ってお話を
始めます。

また千葉の日蓮宗は厳寒100日間のハードな「大荒行」が
有名で、 1日2時間睡眠、7回の水行、かゆと一汁一菜の
朝夕2食のひたすら読経、なんでも差入れリクエストNo.1
はアロンアルファ(使い方想像してくださいcrying)とか...。
その荒行をCOZZYjrも無事クリアしこの寺も当分は安泰。

お盆前のお掃除とお供えを一通り終え、蚊に喰われながら
ぶっこわれかかっているいろんな人の事を思う。
宗教をいよいよおいつまってから手をだす人がいますが、
むしろ宗教はそんな事にならないように日常的に触れる
もの。おいつまるとむしろ隔離入院(出家)くらいしないと、
効かないんじゃないかな。
お盆なんていうのはそんな現代人のサプリっていうか給食の
”肝油”みたいなものかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳優祭ベンキョーになります!


以前からこの演劇とプロレスはものすご〜く共通するところ
があると思ってはいましたが、まさかここまでとは...coldsweats01
俳優祭『灰被姫(シンデレラ)』大日ロミジュリの大変参考
になりました。だって絶対稽古してないもん、これ。

物語や心情の説明は歌にしちゃうとか、あと音楽がライブ
だからプレイヤーのリズムに合わせられるとか、プロレスも
本当はそうした方がいいのよねえ。花道があのくらい長い
のもいいのよねえ。とにかく全員を使いきり、老人とベテ
ランをリスペクトし、遊びのとことちゃんと歌舞伎なとこ...
歌舞伎の永遠を祈る気持ちとファンへの感謝、目指すところ
はほぼ同じheart04

画像は、時は明治、歌舞伎座のお披露目舞踏会で落とし
物のガラスの扇で舞う灰被姫の玉三郎様shine
まあ、姫はどんなにふざけても風格があるっていうか
レスラーも主役にもってきたくなるのはそういう選手だった
りしますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

置屋の心得

置屋女将であるマダムの一番のオシゴトは当然ディレクターを紹介すること。コンテを見て状況を聞いてスケジュールを確認...と、まあそれは当然として一番気になるのは一緒にやる人たちとの相性です。オスというのはみんなそうですが特にこの業界の人というのは精神にマウンティング本能を抱えたやっかいな生きものcoldsweats01人気者好きな人、自分だけのものが好きな人。自分と似た人が好きな人、ないものを持っている人が好きな人。SにM、年上好きに年下好き。

けれど共通して言えることは広告の人は概して”新しいもの”好きheart04自分もそうですが何か新しい刺激がないと興奮しないカラダになっているんですね。そして限界を感じると新しい刺激を必ず他者に求めようとする。これがほとんどの人がディレクターを選ぶ基準のように思います。

こうして書いてみると本当に殿方の芸者選びと同じ...smile

でも本当に添い遂げる相手や濃厚なプレイはちょこちょこ相手を変えていたら得られないもんなんですよ、お兄さん。いくつもお座敷を掛け持ちしてるご指名の売れっ子ちゃん、真心こめてお座敷つとめてますか...?芸者時代の弟子筋の娘達はどんなお座敷もきっちりきっちり勤めます。でもそういう娘は座敷数はこなせないんですけどね。

ワークシェアのお話でしたchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リマーカブル進んでますか?

おっつけっぱなしになっていた仕事の手伝いをしませんかsign02
と某プロデューサーにランチをごちそうになる代わりに相談と
称して婉曲に企画をお願いされるcoldsweats01

やる事がどのみちいっぱいあったので、ビルのダイエーに行き
大量のお惣菜とビールbeerを購入し、残業中のヤング達とお仕事
や今月末に〆切を迎えるリマーカブルのお話などしながら夕食。

今年のリマーカブルはテーマがむづかしいので、みな苦戦して
いるよう...。コミュニケーションなんていうお題は自分の経験値
や認識からしか答えが出てこないものだし、そこをがっつり考えたことがないとちょっと時間がかかるのかもしれません。
そして誰もスケジューリングしてくれませんからね。

創作をやってきて思うのは、大切な事は、自分ののろまさとか、
集中力とかキャパシティーの”認識力”。
いつも〆切から打合せの回数まで受け身なプロダクションの
企画演出の人は、その能力が平均的に低い。そしてヤングは
スケジュールもままならない自分の仕事もある。
でも、これができない演出家は香盤も組めないし、衣装や美術
を作る時間の計算もできないし、準備しておくべき事の優先
順位がつけられないし、最初から最後まであたふたしてしまうdash
結果、制作さんにもスタッフにも金銭面でプロデューサー様
にも多大な迷惑をかけます...。

そこでsign03毎度お馴染みマダムの母の遺言を。
「のろまは罪悪。」
がんばれヤングheart04ひと月を切りましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六角橋商店街プロレス

六角橋商店街ブロレス

小雨の降る日曜、横浜六角橋商店街プロレスにおでかけrun
アパートに囲まれた商店街の駐車場にリングを置き、雨がふり本当に劇場的rain神様が音響をやっているかのようにデスマッチのさなか突発的に幾度もスコールが来るのです。利賀村の芝居とか湯島聖堂で天守物語をやった時のク.ナウカとか屋外は不思議な記憶が多い。屋外...一度やりたいなー。

画像はファイナルのプラズマテレビ争奪デスマッチ。雨で流血は固まらずレスラーの顔が”面”で赤いcryingしかも商店街会長から提供されたプラズマテレビがガンガン破壊されております。この人達のバカさは神々しくありがたい。もはや奉納typhoonthunderpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »