« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

創作話あれこれ

パフォーミングアーチストのボクデスと打合せ。
これからまた少しづつ書かせて頂きますが、今年もやる
例のアレの一件ですpunch

休日や終業後に集中して考えるようにしてるのですが
創作脳はムダな時間が大切だったりもして、今までと
違う就業形態になったせいか筆が遅い遅いsweat01
あとやはりアイディアが降ってきにくくなるんですね。
ディレクターのマイペースな出勤形態はよく批判の的
になったりしますが、これある程度大事だと経験的に
思います。まあ、面白い事考えられてないとダメなん
ですが...coldsweats01
創作をする時はいつも、今という時代や自分の心の問題
がスーッとテーマにシンクロしてくる瞬間があって、
そこからは怖いくらいいろんな事が起こったりします。
もういくつかは起こっていて、それが悲しい事だったり
もする。でもこれがモノを作るって事なんですよね。
CMにもいちいちこれをやっていたので、私は特殊な
ディレクターだったと思う。

若い頃、あるミキサーさんに、細かい棘のはえた植物の
茎のようにひっかかる、と言われた事がありますが、
そういう事がバレる人もいました。かくいう私もそういう
人の作るものはすぐわかるし、好き。

つるっとしちゃったね、と言われないようにしないと...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホッピー方式

ホッピー方式

どうしてこんなところに開店しちゃったの?という東五反田
のイタリア料理屋さんBAR di FUMOrestaurant

地元の家族なども多く、穴子の酢〆(エスカベッシェ)に
炭火でがつっと焼いた鯛のかぶとなんかをカウンターで
頂いていると「ここは横手屋さん?(西五反田のお魚の
おいしい居酒屋さん)」かと錯覚...。
その理由のひとつがこのホッピー方式。焼酎のナカと
ソト(割りもの)を自由におかわりできるのですが、ソト
はウィルキンソンのソーダにアマレットとかブラッドオレンジ
とか好みのイタリアンリキュールを入れて頂けるという
スタイル。本日はボトルを入れてしまったので、いっそう
卓上が居酒屋状態になっておりますwine
家から近いので、帰りに素うどん(ペペロンチーノ)と
ホッピー(フレーバーソーダ)をひっかけに来るのも時間
の問題。イタリアのOLさん(確実に独身)が、つまみと
ワイン1杯でさっと立ち飲みして帰っていったりする...
ああいうのいいと思うんだよな。

ちなみにBAR di FUMOはワインもしっかりとりそろえておりますし
料理は本格的。今日はさやごと焼いたヤングコーンを
炭を練り込んだ黒いお塩で頂くものに撃沈...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フデバコ.ナゴヤ

フデバコ.ナゴヤにディレクターくん達の営業にbullettrain

初対面の方といっぺんにものすごくたくさんお話したのですが
営業というよりは、素直に広告のことなどお話できた幸せな
一日でした。
つながりがつながりを生む、と信じている人はサイキック
に共鳴するし、強いしずるいし、幸せそうだとよく思いますdelicious
マダムも紹介はしても仲介はしない主義、これからも動物的
カンを大切に、たくさん人をつないでゆければと思います。

実はこの出張ハードな夏風邪のまま、臨んだのですが
こういう時はプロレスラー、本番にはがっつり脳内アドレナリン
を分泌しハードに呑みきる事ができましたbeerbeerbeer
呑むのも時には気合い...。
もうしばらくは気合いを入れて連戦...coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでた続き

ヤングディレクタークロちゃんの地上派デビューCMがギャラクシー賞 選奨にshine

そしてもうひとつ、国際部という部署のヤングくん達がCANNAS MOFILMというコンペティションに応募した『NOKIA Feel the Globe』のCMがなんと世界のグランプリにfujishine

NOKIAのディレクター、オーノくんはロスのサンタクルズ大学でフィルム&デジタルメディアを専攻。学生時代からインディームービーを撮っていたというクロちゃんと同じ第四世代。DVX100BにRED ロックマイクロの35mmアダプター&レンズはNIKON50で、室内シーンもブラインドでコントロールしただけでノーライトですが、締切寸前に特攻で撮影したため天気に恵まれず、人物と太陽が一緒に映っているカットはひとつもないんです...とのこと。このスペシャルな瞬間にはあれこれ苦労と、実体験にもとづく思い出があるもよう......。ちなみに役者か?といわれている出演者じゅんくんとコピーを書いたイナガキくんも国際部のヤングです。

MOFILMはスポンサーによっていろいろプレゼントがあるのですが、オーノくんはCANNESにご招待。そして今度ヨーロッパで発売されるNOKIAの新しい機種にこの映像が入るんだとか...。

スパイクリーにストーリーテリングの素晴らしい作品と賞賛されたオーノくん。

新しい才能が思わぬところからまたでてきましたbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KENちゃんの話

数々の異色ビューティーCMを一緒に作ってきたカメラマンKENちゃんが来社するというので、折角だからビューティーに興味のあるヤング達に何かためになるお話でも...と思ったのに、自分のスケジュールというものが自由にならないのがヤングの常...weep致し方なくさんざん見飽きたマダムがお相手し、久方ぶりにKENちゃんのリールを拝見。

マダムが彼とビューティーを撮る理由は、カラコレのうまさとか貧乏くさくない感じとかあれこれあるのだけれど、一番の理由はテイクごとに微妙に変わるモデルの動きを、カメラワークとして全部違う動きで拾ってくれるところ。このグルーブが絶妙にでたテイクが好きだし、それらをつなぐと本当に編集点にドラマが生まれる...。けれど今日初めて知ったのだけどKENちゃんはマダムがそういう好みなのを察知してそうやっていたんですね。そういう事を望まないディレクターももちろんいる。みんな違うんだと。

ああ、ヤングに本当にしなきゃいけないのはビューティーなんかじゃない、この話だな...。KENちゃんが組むディレクターにはマダムと仲良しの優秀な男もいることであるし、同じカメラマンだとしてもディレクターによって何もかも変わるんだということを、改めてお話してもらおうかと思います。そのディレクターが撮るものもマダムとはぜんぜん違ってとても好き。

そんなこんなでまた今夜もチャミスルがすこんすこん空いてゆきます...night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子の成長

戦友でもあった二人の無頼系プロデューサーのもとに
いたPM二人(当時)。S系ディレクターのマダムにひどい
目にあいながらも素晴らしいもの作りの時間を共有した
子達も今はそれぞれオトナになり、久々に楽しくお酒beer

無頼な人っていうのは、ピュアでバカな生き物が基本
好きですからこの二人を見てると、ああ、いいPとPMの
相性だったんだなあ...としみじみ。
かくいうマダムもピュアでバカな制作さんが結構好き
でした。で、何か♡を感じられないな〜と思うとよく
「チェンジangry
を希望したものです。希望はしましたが、チェンジに
到った事はなく、無頼なPたちに説得され(騙され?)
たいていうやむやなまま演出に突入dash

中でもいまだにやられたなあ、と思いだすのが
「姐さんと仕事をしたらあいつも変わるはずだから。」
というあるプロデューサーの言葉。
変わったか、変わらないかはよくわからないけれど、
たしかに殺伐とした子っていうのは、幸せなもの作りを
経験した事が少なかったり、奴隷な環境で育ったりして
る事が多い。で、そこを我慢しちゃった人って残念ながら
根本的に人の事も奴隷扱いする大人になりがち...。
けれど、その我慢をし続ける事も並大抵ではないすごい事
なんですよ...と優しい二人は時折オトナな事を口走ったり
もするのでした。

男子の成長は見てて楽しく、今夜もお酒が進みますfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コクーン 桜姫

コクーン桜姫

歌舞伎の『桜姫東文章』を現代劇版にした『桜姫』を
シアターコクーンで観劇eyeglass
桜姫はその台本が学生の時”歌舞伎”の講義のテキスト
で人生で初めて見た歌舞伎。エロくてノワールで役者の
器がむきだしになるようなすごく好きなホン...。
盟三五大切
と同じ鶴屋南北です。

激しい貧富の差の中、様々な人間の欲望が交錯する中南米
に設定を変え、座席を大幅に削って造った奥行ある舞台、
串田和美ならではのライブの音楽の使い方。古田新太さん
の真骨頂など見所も充分なんですが、原作が好きすぎて
もうひとつアレンジに酔えませんでした。
中南米という世界観の創り方も、一昨年圧倒的だった蜷川
幸雄の『エレンディラ』を思いだしてしまったり。
原作と比べる事は間違いなのだけれど、桜姫は誰が何と
言ったってノワールなお話。ああ人間って怖い。でもこの
闇は自分の中にもある...。見終わったあと人をそういう
気持ちにさせるのがノワールで、単に有名俳優の芸を見る
ためのものじゃないと思うのですwobbly

とはいえ好みの味つけというのはひとそれぞれ。マダムが
ちょっと辛口になるのは、普段口にしているものがあまり
にも濃いめで、精神的高血圧だからなのかもしれませんcoldsweats01

画像はちらしとお世話になっているアンチョコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30代女子...?

Sweet
セブンティーン
ポポロ
ポップティーン
nicola
In Red
Spring
With
VIVI
LEE

今日本で売れてる女性雑誌のトップ10。
要は時代はガーリーって事なんでしょう。しかも売れる
雑誌は以前よりすごくよくマーケティングされている。
例えば『In Red』はグラビアが日常的な加瀬亮だったり、
料理も高山なおみっぽいレシピだったり...。
ただ...「おとなカワイイ」はまだしも「30代女子」
ってコトバはどうなんでしょう...sweat01(すごいマーケ
ティング力ですが)
30ちょいくらいの感覚が20代とそう変わらないのは
十分わかるとして、ではいくつから大人をやって頂ける
んでしょう...?
年相応っていうのは大事な事だし、仕事でも何でも若い、
事だけで価値がでる時間は短いから、30にもなったら
周囲が大人化を促進してあげるのが、世のため人のため
本人のためだとマダムは思うんですが。

まあ新人でも女子の「子」が最初からとれているオーモリくん
みたいな人も。寝不足のたたずまいは港でタバコをふかす
漁師の妻のようなグルービーさがあり、時々見とれて
しまう事がありますgood


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日の

ある日の

ある日のご飯restaurant

蒸した新玉ねぎといんげんレモンソース。
胡瓜、茗荷、大葉、梅干のせ冷奴。
以前田崎真也が野外で作っているのを見て、どうしても
一度作ってみたかった虹鱒のシャンパン炊込ピラフを待ち
つつ、あけてしまったイタリアのスパークリングワイン
プロセッコhappy02
北イタリアベネトのカジュアルな発泡酒で、ビール値段で
楽しめるものもありマダムはCAVAより好きgood
御徒町駅前の百貨店、吉池でよく購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の中で

緑の中で

駒場の東大構内という場所にあるフレンチレストランで
行われたユーカちんの結婚パーティーclover
奇跡的な雨の晴れ間...
美しい音楽とおいしいお酒と心から祝う人たちと、その
こどもたち(大こども大会でした)。
二人がイメージする幸福と感謝が、美しい緑とともに
ふわりとみんなを包みこむ、素晴らしい時間と空間。

昔大塚のあるお店で、大切な人たちと忘年会をした時
ネパール人のオーナー、タモンさんに
「あなた達みんなの間にキレイなものが流れている。」
と言われたことをふと思いだしました。

たくさんのシーンがこれほど目に焼き付いているのは、
演出された映像なんかがなかったからかもしれませんconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盟三五大切かみかけてさんごたいせつ

花組ヌーベルの『盟三五大切~かみかけてさんごたいせつ』
を下北駅前劇場で拝見eyeglass
四谷怪談と同じく、忠臣蔵の外伝だという事だけは知って
いたのですが、ヌーベルだし...とあらすじ読まずに観劇...。

あ〜こんなノワールな話、しかも鶴屋南北〜weep
ちと勉強してからでもよかったな〜。花組さんは演目に
よっては、歌舞伎を勉強してから行った方が楽しめる事も
多いのです。
けれど何も知らないからこそ、役者全員が喪服を着ての
芝居やパフォーマンスはもはやノワールなバレエのよう...。
今回は音楽もパンソリとか朝鮮のものを使い、ノワールで
ありながらもタフな感じ。
女が腕に入れた愛の証の刺青”五大力”が”三五大切”
と彫り直されているのを知り、女の手で自分の子供を殺させ、
女の首を持ち帰る源五兵衛はドラマチックデスマッチ...。
本公演なら水下きよしさんとかがやりそうなこの役を、非常
に善、な感じの北沢洋さんが演ったのもよかった。北沢
さんの最高傑作じゃないかな。
デスマッチと同じで、優しい人のデスは深くて痛い....。

歌舞伎では、仁左衛門、玉三郎なんですね。
これ、歌舞伎でも見たいし、公演中にもう一回見たいな〜heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の平行読み

本日の平行読み

COOK PADの事が書いてある新書。軍歌の歌本 雄叫(頂きもの)。石田衣良の美丘。

石田衣良は基本エロ本、として読むのですが、裏表紙にセカチューまがいなあらすじが書いてあり、やや萎えぎみにwobblyでも涙のラブストーリーと書いてあるので因縁をつける方がきっと間違っているのでしょう。

オフィス街のモスカフェはオープンのグリーンが野趣あふれ、 アイディアがするする降りてくる。今日のランチは昭和のお母さんが作るようなダシもなんにも効いてない黄色い豚コマのポークカレーrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパルタ...

制作さんのためのある研修に”講師補助”としてお招き
頂いたのでので、折角だから他の講義も聴いてみようと
ちょいと覗いたところ、何これ...sweat01
ものすごいスパルタ研修じゃありませんか...crying
あらゆる部署の精鋭陣が、持ち時間いっぱい倒れるほど
の内容をしゃべりまくり。変化の多い広告制作業界なので、
当然マダムの知らない事もあれこれ。

女将の立場として思う事を風俗嬢選びに例えてお話した
ものの、あースパルタだって聞いてたらバリバリスパルタ
講義したのにな〜と、制作クノールくんの悶絶機材講義
を悔しく聞きながら、手帳に来年のスパルタ計画をメモpencil

しかし制作さんが、企画というものに携わる時に普遍的
に必要な教養や正解というものはあってないようなもの。
むしろみんなが違っていてほしい。5年後の広告映像
業界を支えてもらうには、俺流のやり方を発明してほしい
とも思います。まぁ私のメンズの趣味ですが...。
明日も全コマスパルタなようですが.punch来年のため
にも頑張って受けてみるとします。
生徒をやるのもたまにはいいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »