« everyday | トップページ | スター誕生 »

その国にないもの...

NHKの深夜、L'Arc〜en〜Cielのパリライブのドキュメン
タリーを偶然拝見。
中国や韓国で人気があるのは知っていたけれど、フランスの
女の子が日本語でラルクの歌を歌っている...その事に驚いて
見ていると、hydeがインタビューで
「アメリカンロックでもフレンチポップスでもない、なのに
なぜ?と考えると、たぶんその国にないものだからとしか
言えない。」「英語圏のミュージシャンは、プロモート的
には有利だろうけれど、ただそれだけの違い。」
と答えていました。
自分個人はラルクを好きでも嫌いでもないけれど、ああ、
アングロサクソンの作ったものをありがたがった時代は
本当に終わったんだなconfidentと思いました。

日本のカルチャーをプロモートする人は、民族主義的な
人だったり、語学堪能、つまりインテリの人が多かったの
かもしれないけれど、音楽とか料理とか身体でカルチャー
を持ち出す時、そしてWebをダイレクトにスルーする時、
日本のカルチャーはその国にないものとして、たくさんの人
をとりこにするポテンシャルを秘めていると思う。まあエロと
料理をすでに席巻してるっていうのはすごい事ですよねsnow

広告なんて、アングロサクソンのやり方を輸入するより
日本を輸出した方が本当にいいんじゃないかな。
たぶん本当にその国にないものだと思うから...。
今のものよりは、もちょっと古いJ.Adね...。

|

« everyday | トップページ | スター誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/29873000

この記事へのトラックバック一覧です: その国にないもの...:

« everyday | トップページ | スター誕生 »