« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

スター誕生

昨年『リア王』を上演した折、多くの関係者の皆様に
来て頂いたのですが、その中には会社の相談役(当時)
もおりました。興行が終わって相談役室に行くと、
「面白いことを考えたな〜。でもあの血を流すのは絶対
にダメだpout
とデスマッチスタイルの事を強く諌められました。
とても経営者らしい、ものを作る人らしいまっとうな
理由で、反論のできない事もあったけれど、その後も
楽しい呑みの最中に「明日クビになっても仕方ない。」

ほどのデスマッチ大激論を2回しましたbeer

背中に大裂傷を負いテーピングをしながら闘う子、
縫合をするほどの腕の裂傷、ホール南の上から下
まで立ち上がれず這ってゆく選手...。いつも神仏に
祈る様な気持ちで観客席にいますが、絶対ダメだ。と

いわれたあの言葉が改めてこたえる試合でした。
自分が関わる事をやめたとしても、この人たちは
決してデスマッチをやめる事はない。だとしたらより
輝ける場所を作り、一人でも多くの人に見てもらいたい
というのがマダムの思い...。

今日またデスマッチに全てをかける若いスターが
生まれshineどよめくような大歓声の中にいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その国にないもの...

NHKの深夜、L'Arc〜en〜Cielのパリライブのドキュメン
タリーを偶然拝見。
中国や韓国で人気があるのは知っていたけれど、フランスの
女の子が日本語でラルクの歌を歌っている...その事に驚いて
見ていると、hydeがインタビューで
「アメリカンロックでもフレンチポップスでもない、なのに
なぜ?と考えると、たぶんその国にないものだからとしか
言えない。」「英語圏のミュージシャンは、プロモート的
には有利だろうけれど、ただそれだけの違い。」
と答えていました。
自分個人はラルクを好きでも嫌いでもないけれど、ああ、
アングロサクソンの作ったものをありがたがった時代は
本当に終わったんだなconfidentと思いました。

日本のカルチャーをプロモートする人は、民族主義的な
人だったり、語学堪能、つまりインテリの人が多かったの
かもしれないけれど、音楽とか料理とか身体でカルチャー
を持ち出す時、そしてWebをダイレクトにスルーする時、
日本のカルチャーはその国にないものとして、たくさんの人
をとりこにするポテンシャルを秘めていると思う。まあエロと
料理をすでに席巻してるっていうのはすごい事ですよねsnow

広告なんて、アングロサクソンのやり方を輸入するより
日本を輸出した方が本当にいいんじゃないかな。
たぶん本当にその国にないものだと思うから...。
今のものよりは、もちょっと古いJ.Adね...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

everyday

Ajc01needcopy_everyday_3

ディレクターじゅんちゃんが昨年演出した『everyday』が6月4日から始まるSHORT SHORTSのストップ温暖化部門の特別上映作品として劇場上映されることになりました。

今年のSHORTは『ミュージックshort部門』というショートフィルム視点でセレクトされたPV(国内作品だけのようですが)や、元サンダンス映画祭プログラマーの方の『ショートフィルム制作でやってはいけないこと』というセミナーなどもあるよう...coldsweats01

映像を作りたい人が多すぎる...と基本思っているマダムなので、ショートをたくさん見るのはお腹いっぱいな感じがして、去年kenshinの『HAJIME』を上映したような時でないとめったに足を運ばないのですが、この『everyday』のように、これから広告とはいえコンテンツ的な目線を必要とするものは増えていくはずで、今年は興味のあるものを見てみようと思っていますrun

コミュニケーションデザイナーにどういう人が向いてるの?という話をいろんな人とすると、もしかしたら創作性のある人がいちばん向いているのかも...という結論になる事が多い。つまりメッセージを作れる人ですね。あまりいませんけどね。

カンヌまで足を運ばなくても、世界は見れます。
落ちこんで奮起するももよし...元気になればなおよし...good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンダーガーデン

マダムの弟が花組芝居という劇団に入ったのは、彼がまだ
学生の頃...。劇団もきちんと存続し早20年になりました。
そんな劇団にも『同期』というやつがおり、5人のうち4人が
奇跡的にsweat01同じ劇団に残っていて、それぞれ個性的な活躍を
しています。20年、弟の芝居を見ながらずっと彼らの芝居
も見てきた事になりますが、同期だからという訳でなく
役者として4人のことをとても魅力的に感じてきました。
その4人がこの夏“四獣”というユニットを組む20周年公演
『ワンダーガーデン』tuliptuliptulip
作.演出はリリパットアーミーⅡのわかぎゑふさん。

本日は打合せのあとの、ゑふ姐さん、美術さん、花組制作
のいりえ姐さんと合流し、芝居の話しなどしながらちゃんこbeer
ワンダーガーデンは、4人をそれぞれ演出してきたゑふ姐
さんが4人のために書いたオリジナル。
いいものになったらやっぱりそれは嫉妬してしまうんだろう
けれど、それに増してあの4人が20年を経てどんな世界
を紡ぐのだろうかと今から心が騒ぎますheart04

夏の暑い日...差し入れを持って稽古を見に行こうかなconfident
それと...さてさてどんな贈り物をしようかな...present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白夜行

出際にTVをつけると、ドレス姿の綾瀬はるかが血まみれ
のサンタを見下ろすシーンが目に入り「これはもしや!?」
と思ったらやはり『白夜行』の再放送...snow
東野圭吾のノワール系の名作ですが、放送を見逃し
レンタルも置いているところがなく、あきらめていたもの。
子役時代が特にいい...という話を聞いていたので外出を
諦めノワールにひたることにconfident

バブルのはじけた90年代の貧困というのが単なるノワール
ではなくこの物語の痛々しいところなのですが、
子役福田麻由子が、はまり役といえる抜群の好演。
もの思う時に歯を爪で掻くしぐさ、糸がほつれ汚れたキル
ティング。いつもは不快に思う福田麻由子独特の暗黒から
笑顔に一転する慇懃な感じ。子供の魔性に気づく武田鉄矢
の京都なまりの関西弁、嫌らしさ全開の渡部篤郎もいい。

けれど、なんかビジュアル的にこうじゃないんだよな〜。
という違和感があったのですが、それは関東ロケだった
からなのでした。街のディープさがあまい...。
川崎や北品川や浅草で回しても、あの関西の香りって
どうしてもでない。
原作に描かれる、独特の歪みをもった大阪のあの街は、
たぶんあのへんだろうなというモデルがあり、マダムの
中では土地エロものにエントリーします。
お日様の下を歩けず、かすかにお互いを照らし合うような
白夜の中を生きるしかなかった、白夜行はそんな道行
のような物語night

やっぱりちゃんと作ったものはいいな。
伝えるものをちゃんともった人の作ったものは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うんこントロール!!!

うんこントロール!!!
戦友の音楽屋さんと待ち合わせのわずか10分のタイムラグ。
黒でパンキッシュで夏っぽくて、金属アレルギーでも大丈夫、というピンポイントのアクセサリーに遭遇し即決購入。

本日の打合?も即決で終了し、残った時間で

『コント、サービスの過剰なプロダクション』(ドリフですね)ごっこなどをしながら質の怪しい焼酎の黒ホッピーで酩酊beer 

こんな時代なんだから大人はこねくり回さずさくさくもの事をやらないとダメ。という意見で一致。
そういえば、のろまを憎悪する数々の名暴言を残したうちの母も、いつまでものろのろ同じ事をやってると
『うんこになる!!!』とよく怒っていました。
どんないいアイディアも、うんこになる頃には鮮度が落ちて栄養もなくなってますからねcoldsweats01意味もなく長いオールスタッフとか幸運を逃す感じすらしてほんとに嫌いでした....。
今日も話したい事は細々あったのですが、うんこになりそうという事で、ごくごくさわりでストップ。
うんこントロールができるってやっぱり大人なんですよね~good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LACCO TOWER

フデバコのヤングディレクターAKTとワンストップみやっちの演出したLACCO TOWERの自主制作PV後夜をYouTubeで拝見。

そのミュージシャン達が自分でだしている...と聞けば大変高額、プロとして聞けば逆に驚愕の額...。しかしこういう仕事のスタイルは自主でなくても当然増えている訳で

『便利屋に堕ちるか、ひとつのスタイルになるのかは、やっていかないとわからないけれど、クライアント直の仕事や予算のない仕事が増えてきている今では、演出はファインダーとモニタの中だけのものづくりをしている場合でもないのかと思ったりしています。』とAKTは言います。その通りgoodgoodgoodなんだけど...。

親しい美術さんがPVの名作を数多くやっていた関係で PV業界をまあまあ知っているマダムには、ではこのやり方予算で作れる、となってしまった世界で果たして映像制作がちゃんとビジネスとしてやっていけるような環境を守って(とり戻して)いけるんだろうか?という事をとても悩ましく考えます。そしてAKTにはもうひとつ大きな課題をだしましたbleah

しかし、PVやってみたいんですとか、演出やってみたいんですとかただ言ってるよりは、このハングリーさはすごいこと。

みやっちは演出志望coldsweats02のPMで、私が知ってるだけでも3本の仕事を自分で営業してきて、それを理由に強引に会社を説き伏せ演出をしているのです。(会社の仕事もたっぷりやりながら)

私達が演出を始めた頃より、はるかに技量も情熱もあるヤング達...この子達を今までと違う生かし方や育て方をしないと、何か取り返しのつかない損をしちゃうんじゃないか?

大きな宿題だな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中のステキな旅

雨の中の

雨天中止かと危ぶまれた大日本の横浜開港150周年記念
イベントrain小雨のぱらつく横浜スタジアム前。
アブドーラ.小林さんの奥様とマダム二人、寒さをものとも
せず立ちビールを頂きつつ観戦していると、主催松下工業所
さんの社長が、寒くてビールがでないのでもう一杯...
とぐいぐいサービスをbeer...そのせい...?
地元のおばあちゃんが「面白いわね〜面白いわね〜」と
大喜びし、サインをもらったこどもがおおはしゃぎする
向こうのリングの上に時折さしこむ天気雨の光と、台風の
ような突風に揺れる緑typhoon
わたしには彼らの姿がまるで神のように見えました。

撤収をお手伝いし、サムライTVのディレクター血圧たかし
さんを呑みに誘うと、今夜急遽最終回の番組があるから
できることはもうあまりないのだけれどこの2時間を使って
もうひと編集したいというのでまたちょっと感動weep
それはもう早く帰ってとお別れし、ひとり伊勢佐木町の町へ...。

中国延辺料理屋で「昨日包んだばっかりよ、ラッキーね。」
と言われたマダム過去基準最高の水餃子と干豆腐の
和え物で紹興酒wine羊と大根のスープ。
何に、というわけでなくいろんなものに思いをはせます。

今日も愛に満ちたいい旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親戚訪問

デスクのふくちゃん、キャスティングディレクターの
もり姐さん.りえ姐さんと、ようやく仕上がった本年版の
クリエイターズファイルをもってフデバコの会議におでかけdash

今年は親戚会社一式sign03な感じで、うちとフデバコ、
もうひとつの親戚会社『からし』と、Webの親戚と。
置屋女将(兄貴?)同士で
「うちの子そっちにどうかしら?」
「ちょいと助けてちょうだいよ。」
とか言いながら楽しんでみようと思っているわけですhappy02

会議が終わったあと
「姐さん達と個人的にぶっちゃけた話をしたい方は?」
と尋ねるとわらわらと殿方が手をあげたため、ベテランなので
うまくあしらってくれるだろうと姐さん達を放置。
フデバコの元スーパーデスク、グラマラスひさえと
ふくちゃんとの会食に外苑並木通りにランチにおでかけrestaurant
うららかな日の楽しい親戚訪問になりました。

人好きなマダムですが紹介はしても仲介はしない主義。
合う合わないっていうのは相性。だからまず会わせちゃって
身体でたしかめるcoldsweats01みたいな事はすごく大事。
これからばんばん紹介します。ばんばんチェンジしてくださいgood

姐さんたちと”からし”の話はまたこんど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40過ぎてのお誕生会

お誕生会

地元でものすごく遅い食事をしていたら、友人から
「今日誕生日なんだけどpresent
という連絡が入り、残りもので急遽しつらえたテーブル。

なんでも人にメールをもらうまで今日が自分の誕生日
だという事を忘れていたそうです。
親父としては正しい姿。40過ぎて俺の誕生日がsweat01なんて
いう男はホントに嫌だもの。

けれどこのあとは、ちゃんとバーにシャンパンを飲ませに
いきました。
しかも主賓相手に徹底的な壮絶なからみ酒bar

オトナでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同時平行読み

同時平行読み


本を読む時はたいてい同時平行読みbook

本日は再読(雪国の文庫)漫画(山岸涼子)資料(ジュニア版
シェイクスピア)勉強(NONBOOKの法華経入門)の4冊。

昼時のオフィス街、アンダーラインが引いてあったりして人に
見られるとかなり恥ずかしいですcoldsweats01

しかし川端康成といいシェイクスピアといいなんでこんなに
エッチなんでしょうね〜sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告的はお嫌い?

web系の関連会社へ修業にでて早半年...。睡眠時間を削り
いろんなコミュニケーションデザインやディレクションを
手がけているヤングディレクターNanaboutique

先日38日間の配信を終了したばかりのSEGAのiAという
コミュニケーションサイトのコンテンツ
が、ニコ動から
火がつき大ヒットをおさめましたgood

オタクの男の子がサイトでチャットを通じて友達作りを
するのをライブカメラで配信するというものなのですが
広告だという事がわからず(当然作戦ですが)バナー
から入った人達から思わぬ批判を受けていたりもして、
「ああ、ここ(Web)はやっぱり広告的な事を嫌う人が
多いんだなあ...。」と興味深く拝見。
こうしてBlogをやっているとよくわかるのですが、広告的?
な記事が続くと実はがっくりアクセスが減ってしまったり
もするのですcoldsweats01
この”的”というあたりの使い方が今はとっても大事。
それひとつでスルーされるかはすぐに決まってしまう。
怖い事だけどナレーターの声ひとつでスルーされたりも。

たぶん、このキャンペーンはかなりテクニシャンな引き
込み方をしたのだと推察。有名になりたい人にはちょっと
ショックかもしれませんが、広告を成功させる上ですごく
大切な事は、広告屋が関わっている気配をどれだけ消す
かってことなんですよね。
う〜ん、なんかまだちょっと文章が広告的?gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敗者の輝くプロレス

浜プロ、こと横浜プロレスは、流血なし.地域密着を
うたう大日本プロレスの演劇的プロレスユニット。
横浜野毛のにぎわい座というところで月イチ開催しています。
会場が小さいので観客に夢を見させるにはむづかしい
距離感なのですが、レスラーってホントいろんな
ヒーローになれるんですね...。

そもそもプロレスは勝者が輝くエンターティンメントでは
ないのですが、この浜プロはその中でも敗者のくだらなさ
が輝くプロレスshine画像は毛をむしられ、元のハゲとなり
我に返るシャイニングタイガービッグバディ。
そういえばどんな時代も、ヒーローものの原点はコンプ
レックスですものね..。

地元の子ども達もたくさん来場しているので、なかなか
むづかしいと思いますが、もうちょっと毒気のあるオトナの
ネタなども入れてくださると、よりマダム好み...。
ぶた軍曹(というキャラがいるんです。)の豚イ○フル
攻撃とか...coldsweats01だめかしら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期周辺会

同期周辺会

この年になると、それなりにいろいろと変化の多いマダム
の同期。送別会も壮行会も決起集会も同期だけというのも
今イチピンとこないし、何度スケジュール調整しても決まら
ないので、もうめんどくさいから土曜sign03
場所は昼間っから呑める浅草煮込み通りcoldsweats01に集う年齢負傷sweat01
なオトナ達...。

しみじみする事などまったくなく、名物煮込みtaurusとホッピー
で毒舌を交わす夜beer

この季節cloverのオープンエアは最高ですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新人オーモリ

新人オーモリ

バタバタしていてすっかり紹介が遅れましたdash
今年の新人riceballfastfoodnoodleオーモリriceballfastfoodnoodle

M!koに続いて、またもオーガタ新人のオーモリ
会社のtelephoneをとる姿もすでにベテラン事務員の風格が
あります。

そんなオーモリですが、特技はアニメーション。
全てを手描きで動かしたという学生時代に作った4本の
アニメーション作品はどこかレトロで独特の手触り。
どうやらその資質は実家の骨董屋にあるよう...。

sayokoのお弟子となったオーモリ...。
どのくらいオーモリなのか、まだマダムは目撃しておりま
せんが、お仕事をした際は、とりあえずご飯を食べさせて やってくださいませhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀と李ちゃん

宿の常連、李ちゃんは21歳.174cmの香港人。
SMAPの中居くんが好きで、日本に留学してるうちに
なぜかスキーにはまりこみ、香港のご両親から仕送りの
減額措置にsweat01しかし頑張って1級を取得した今では
村外れの寮に住み込み、スキースクールの講師アルバイト
をするまでになりました。

そんな日本大好きな李ちゃんが心からおそれるのが亀...。
スクールが終わってから夕飯時の手伝いに来てくれた
李ちゃんの頭に飛んできた亀snow青ざめる李ちゃんに、
父が常備のガムテを手に粘着攻撃にでたところ、亀はパニ
くって亀臭を発しながら李ちゃんの髪の上を逃走!!!

「やばい」という日本語を使いこなす名言が多い李ちゃん。

「中国やばいよ。」
「納豆やばいよ。」
にひき続き
「シャンプー3回した、亀やばいよ。」
とがっくりと寮へと帰って行きました。なんでも寮には大亀
がでるのだとか...crying

連休モード。ネタがぐっと田舎になっております...bud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀

標高の高い山の中、春先になると冬眠から次々と亀達
が目を覚ましますbud

のろいし小さいし無害なのですが、ルックスがかなり
グロいため、都会の虫嫌いの方にはなかなかきびしい亀。
宿の中には捕獲ガムテープや亀の安全?を書いた注意
書きがあちこちにcoldsweats01

画像はそのひとつ。
お客様がよく写メを撮っていくようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日から新潟

明日からの新潟遠征にそなえ、久々の美容院hairsalon
ばっつりとカットしたのは遊びにいくからではなく労働要員
だから...。
実家のある新潟のかぐらみつまたスキー場はよほどの小雪
でない限りゴールデンウィークまで滑れるため、連休は
満館である事が多いのですsweat01

子供の頃から冬の間はバイト部屋(’70年代の民宿
時代は布団部屋。)オフシーズンはどの階のどの部屋を
こども部屋にしてもOKというのが家のルール。
ゴールデンウィーク最終日は引越の日で、毎年わざと
違う部屋を選んだものですhouse
館のすみっこの部屋をうっかり選んでしまうと、トイレや
キッチン、飲料食材を奪取に行くまでの廊下が暗く長いweep
人のいない部屋が連なる独特の気配は、客商売のこども
に多大な影響を与えたようで、モーテルもののオカルトとか
ツインピークスとか、ああいうのはいまだにリアルにぐっと
きますgood田舎特有の不条理でエロチックな怖さ...。

けれど母が亡くなってからは、なんだか全然こわくなく
なってしまいました。オトナになったからというより、
死が身近になってしまったからなのかも....shine

こわい...ってステキな感情だから時々ちゃんと思い出さないと。
行ってきま〜すdash


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »