« さかなの話 | トップページ | 満開 »

書体って実は

新しくリンクに貼った『ある広告人の告白』
知人というわけではないのですが、書評界の斉藤美奈子
音楽評界の近田春夫のようなニュートラルでフェアな
視点が面白く時々覗くBlogです...。
たまたまバックナンバーを覗いて見つけたのが書体のお話

広告に使われる書体は流行がありますが、グラフィック
の人と違い、映像のディレクターはけっこう自分の好み
の書体を変えられないような気がします...。
マダムはWEBの広告が始まった頃、あえて変えてみよう
と思いユーカちんに全部書体関係を頼んでいた事があるん
ですが、やっぱり全然ムードが変わるんですね。
今はソフトのおかげで自分でレイアウトを組むディレクター
も多いのですが、上手な人や自分の嗜好と違う人に頼んで
みると、あがりを大化けさせる事があります。
けっこう「タイトル回り残念bearingsweat01」なCM多いですから...。

ちなみにマダムはA1は今でもやっぱり好きだし、英字なら
TrojanPro。うまいな〜と思うのは知人のアートディレクター
神主様。はことSATOSHIの代の夏合宿(at長瀞)の講師を
お願いした時に『この画にはどの書体が合うか』という
講義をして頂いた事も...。
書体って実は広告の態度とか温度を結構決定づけるもの...
今の時代は改めて大切かもjapanesetea
すんごく忙しい方なんですがまたやって頂こうかな〜heart04

|

« さかなの話 | トップページ | 満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/28974493

この記事へのトラックバック一覧です: 書体って実は:

« さかなの話 | トップページ | 満開 »