« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ストーリーの捕らえ方

大日本後楽園ホールdash
いつもパワーを頂いているこの団体ですが、たま〜に
興行のあと団体の登坂ブチョーやスタッフのミス山口
さんにマネージメントや興行、物販の売れ行きなどの
お話を聞かせてもらうのもまた楽しい時間beer
自分も今はプレイヤーではなくマネージメント側なので
売ろうと思って必ずしも何かが売れるわけではない、
一番いいものが売れるわけでもない、そのへんの商業?
の奥深さをあらためて感じますwink

登坂ブチョーと言えば『リア王』の段取り打合せの
時、その日これなかったリングアナに代わって、選手の
身長と体重を全部ソラで言い、みんなを驚愕させたこと
があるのですが、マネージメントの基礎ってまずそこ...。
マダムも目下ガリ勉中といったところですが、その人の
歴史をストーリーとしてどう捕らえるかは人それぞれ。
そこが、プロレスと同じで実は面白いところなんだと思い
ます。

画像は大日本のエース、伊東竜二選手。
身体能力が高く、できて当たり前...と見ている人に思われ
てしまう、自分のハードルがめちゃ高い選手crown
こういう人が一番ストーリーの捕らえどころがむづかしい...。
今日は感情がでた試合でよかったな〜shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋博幸さんの話

実家の新潟湯沢町の町会議員である高橋博幸さんの訃報を
聞いたのは四月も半ばの事。

中越地震の時、スキー場のロッジを営む実家の父が、何か
力になりたいのに方法がわからないsweat01と相談してきて、あれこれ
調べたところ、地域に被害がないのを理由に早々に町が
対策委員会を打ち切ってしまったのを知り、メルマガをだして
いた高橋さんに相談したのが知り合ったきっかけでしたsnow

メールでのやりとりしかなかったのですが、実は高校の同窓で、
利権ではなくを町の利益を考え、少し未来のやばい日本を
ちゃんと心配しているフェアな町の政治家。
そんな調子だから選挙も一進一退であったけれど、最後まで
自分の事だけでない未来を考えていた方であったと思います。
けれど人間は弱っているときほど目先の高揚感に惹かれる
もの...。マダムも広告屋さんのはしくれだから、そういうもの
の魅力は充分に知ってるつもり。
ドラッグは甘美で目先のつらさを忘れさせてくれる。

嫌な事ばっかり言う人と一緒にいるよりは、楽しそうな未来を
語ってくれる人といる方がずっと楽しい。
でも...高橋さんみたいな事を言う人は絶対に必要。
利権と利益は違うんだよね...。

いちどもお会いできなかったけれど、実家に行ったらお墓参り
に行ってみようと思います。初対面、何の話をしようかなconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済とH

花組芝居の水下きよしさんが演出、花組の桂憲一くん
リア王シアテレ版の解説もして頂いた今林久弥さん出演。
演劇ユニット経済とHの『ベゴニアとしあわせ』を下北沢
OFFOFFにて観劇。

中野のマンションをルームシェアしている女友達と、それ
を取り囲む人々の日常劇なのですが、シリーズの3作め
というだけあり、当て書きのリアルさがまるで映像のようで
体調にモンダイのある本日のマダムでもするりと胸に
入ってくる芝居でしたjapanesetea
この体力というやつ、表現を受け止める時に実はすごく
重要なもの...。テーマやパワーの強さというだけでなく
下手くそなものを受け止めるのも体力がいります。
ライブに赤ん坊を連れて行く内田春菊説では、うまい
バンドでグルーブがいい時はすやすや寝るけど、下手
なバンドはぎゃーぎゃー泣くのだとか...weep
そして本当にパワーのある芝居は、バイタルパワーを
回復させる効果があり、感想をすぐには言いたくない。
そしてたいがい一人で帰りたくなります。

バイタルパワーは大事だなshine
定期的にチャージしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の色

贈りものに花を買う時は無意識にその人に対するイメージが
反映されてしまうような気がします。
男とか女とか年齢とかも、いつになく意識してしまう。
わたしにはあなたがこんなふうに見えるんです。そう
言っているような気がして簡単に決まる事も迷う事も。

濃紺のペーパーラッピングの内側に花と相性のいい色を
着物の襦袢のようにあしらう銀座の花屋さんで、珍しい
紫のカーネーションを見つけ、ちょっとじじくさいsign02
思いつつ明るいグリーンの花だけあしらってもらう。
もう一束は女の人なのでピンクと白の尺薬だけできりりと。

今日は若い頃から何かとごムリを聞いてもらってきた
ポスプロの営業さんの壮行会。
予定を越えて遅くまで編集してるとよく機材室から
「とっとと終わらせろ。」という鋭いチェック目線が流れ
てきたものです...。
今日のブーケはそんな色。ラブリーなブーケなど論外。
愛を込めたぐっとおっさんくさいブーケですheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変な時間のごはん

変な時間の

会社を出るタイミングを完全に逸した、変な時間の夜ごはん。
中村屋のチキンカレーのレトルト。トマトと分葱のサラダ。
ビールbeer
3分で準備したわりになかなか贅沢な気分。

ある知り合いが、仕事脳を鍛えるために料理するという
話を聞いたことがあるのですが、たしかに材料、段取り
時間配分、ゴールイメージ、現場判断など、料理はかなり
映像のお仕事と使う脳みそが似てるんですよね。
そういえばディレクターの師匠も
「予定した材料が、手に入らなくてもうまい料理をだす
のがディレクターrestaurant
と言っていました。(茄子のカレーを作るはずが、茄子
を運ぶトラックの事故で一切手に入らないというたとえ
でした。いいたとえです...。)

テレビをラジオにしつつ山岸凉子のオカルトを読みながら。
映像屋の女将としてはテレビはちゃんと見ないといけませんな〜coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掘り出しもの

座席移動の引越し準備中。
ざくざく掘り出しものがでてまいりますshine
今日掘り出したのは、最初の師匠に拾われた頃のコンテ...。
師匠のコンテのコピーが、ある時期からなぜかわたくしの
字なのは、決して清書をさせられたからではありません。
師匠のコンテの分もコピーを書いていたからなのです。
記憶にはあったものの改めて見てみると、今書けるかな?
と思うようななかなかのシゴト。
自分の企画でひーひー言ってると、コピーの入ってない
コンテをはらりと渡され
「ハニーちゃんはコピーが上手だから...heart04
と帰ってゆく師匠の声が甦ってきました。
しかし向いていたとかじゃなくて、書かされていたから
こんなに書けたんだなあ、と師匠のおそろしさを実感crying

自慢する訳ですがsnowこのスパルタのおかげかマダムは
2年めには自分で企画書を書いてプレゼンするおませな
プランナーになっていました...。
師匠のおハナシはまたこんど。

画像は昭和のコンテ作業に欠かせないモノ。
斜体がかかってたりするのがいっそう昭和を感じますfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃厚な週末その2

地元五反田HAPPY JACKのヤングバーテンダーせいちゃん
の結婚パーティー3次会dash

恵比寿での2次会終了のあと五反田民族は迷うこと
なく大挙して地元へと大移動。さくさくとお酒と
つまみを買出し、向かう先は当然会場として提供
されたHAPPY JACK...beer
まるで例大祭の打上げ状態の五反田民族30人coldsweats01
こどもが寝ついてからでないと編集できなかったと
いうブライダルDVD(五反田の奥様作...マダムでは
ないですよsweat01)も、最近ちょっと見た事がないほど
下ネタ満載です...。

地元に暮らす年齢も職業も違う老若男女ニューハーフが、
人の店のキッチンに交互に入り延々呑んでるこの下町な
感じ。お箸下さいとか人の手間になる事は誰も言いません。

いい夜ですnight


| | コメント (0) | トラックバック (0)

濃厚な週末その1軍歌祭

軍歌祭

何の解説もないまま知人に誘われ『軍歌祭』というものに
九段下九段会館までおでかけdash
午前9時半から開催してるというのはさすがにご遠慮させて
頂き午後2時半くらいに到着すると、九段会館大ホール前は
写真撮影しているたくさんの軍装の方々が...。
第2部(sign03)の途中から拝見し、ものすごい予算をかけた
戦中映画(国策映画ですね)に字幕がついているのを見な
がら、観客の皆様とご一緒に軍歌を唱和。
しかしこの九段会館大ホール。元軍人会館だけあり、ちょっと
腰の抜けるような美しく権威ある建築のホールなのですshine

そして休憩後第3部。
オーケストラに合わせた行進曲、戦時歌謡、軍歌、会場中
日の丸の旗が振られる中、軍装の皆さんが会場を行進したり
いや〜濃厚に知らない世界を満喫しました...。
正式名称を『帝國陸海軍軍楽隊演奏会.軍装会』という
くらいですので、女性も着物に割烹着とか従軍看護婦など
の装い。はっきり言ってかなり面白い会です...。
「ハニーさんもこんどはぜひ、軍装でいらして下さい。」
とお誘いされたのですが、この軍歌祭、次回は10月に開催
との事。思想強要も勧誘も一切ないコンサート?ですので
興味のある方はぜひマダムまでご一報くださいませcatface

軍装しなくてもOKですよ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハルノウタ

リア王で作曲.アレンジをやって頂いたコンポーザーの
小川類さんは某大学の芸術系学部の講師もされています。
長いつきあいの音楽ディレクターの方の紹介でしたが
恥ずかしながら寡作演出家のわたくし、そう多くのCMを
ご一緒したわけではありません...sweat01

その中でとても印象に残っているのが、某化粧品ブランド
のラジオCMシリーズ『ハルノウタ』tulip
色をテーマにした春の短歌を自分で作り、5.7.5.7.7の
リズムを生かしたメロディーをつけてもらったのですが
この曲実はマダムが、自分のリールのオープニングに
使っているほど大好きな曲...。

小川さんは、その発注書をちゃんととっておいたらしく
なんとsign03学生に作曲させてみてもいいですか?とメール
下さいました。10年も前だしイメージ的なCMなので
ぜひに、とお返事を。
学生のみなさんから、どんな曲があがってくるかすごく
楽しみです〜heart04
春の名残にちょっとだけご紹介...pen

春の海 砂にまみれて隠れたる 君に見せたい 桃色の爪

春寒し 缶の紅茶を飲みながら 君待ちわびる まぶた紫

富津と渋谷ってとこかしら...?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムンドラティーノ

歯医者のビルに

久しぶりのサトー歯科
型どりをしたり待ちの時間がちょこちょこあったので
今日も興味津々であれこれ観察&質問。
患者もちゃんと集中力ある時の方が治療はやっぱり
いいコラボになりますねheart04
注文がしっかりしてないといいサービスを受け取る
のはどの世界でもほぼ無理なんですよね〜。

画像はそんなサトー歯科のビルに入っているお店の
看板。インカのめざめ(黄色い味の濃いジャガ芋)
の瓶詰めとか不思議なお菓子やCDなんかを売ってる
ブラジル系のコンビニで、マダムが撮ったあるお菓子
のCMでは、某女優さんがお買物をしてでてくるお店
の無国籍感をだすために、こちらの商品が多数使わ
れております。

しかし、ここ五反田ではどう見ても違うお店としか
思えません...coldsweats01

ラテンショップだもんなぁpisces

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃色の縁取り

cherryblossom春の終わり水は桃色に縁取られてゆるゆると流れていきますcherryblossom

今日は孫の誕生日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場でのセリフ

フデバコのおかたづけやご挨拶、放置していたヤング
くん達の最終お仕事チェックやもろもろ。
ちょうどウッチーが低予算で撮ったある作品のオフライン
中でこれがなんともぐっとくるフィルム...shine
&制作みやっちが自分で営業sign03してきて演出も制作も
ほぼPもやったCM(まさにワンストップgood)がこれも予想
を越えるあがり...。かなりうれしいお土産にpresent

夜はフデバコ番長のだがしやくんと合流しみんなで
五反田にてbeerbottlebar
それぞれの演出手法の話になり、ほとんどの人が現場
では『アゲ系』である事が判明。
「OK!!!でももう一度だけ見たいな〜。」
「素晴らしい、サイコー。」
とかみんな一日中言ってる調子いいセリフ。
あれ実は演出家は自分であまり見たくないもの...。
しかも最近は油断ならない事にメイキングがまわって
たりもしますsweat01
先日もYouTubeで自分のドSなふるまいが公開されて
いるのを知ってしまったのですが、メイキングディレクター
にとってはああいうのおいしいとこなんでしょうね...coldsweats01
「メイキングはセリフでつなげ。」と言うくらいですから、
現場での”キャッチーなセリフ”にはくれぐれも気を
つけたいものです。

そういえば、おちまさとさんという人に言質をとられ、
恐ろしい姿を放映されたことがありましたが、テレビ班
の恐ろしさ、それはそれはもう広告メイキングの比では
ありません...crying


| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰よりも美しい妻

『切羽へ』に続き購読した井上荒野の『誰よりも美しい妻』
やはり官能的な本でした〜book
この人の描く女の人はこわい...。感情にものすごい性能の
ブレーキが装備されてる人、自分の回りにはあまりいない
ですが、いたら苦手だろうな...。
都会の話なので土地エロ度は低いのですが、食べ物の
描写がやはり独特。
何度目かの恋に落ちたらしき夫が食欲をなくし、この妻
が家で一人で食べる、ケッパーとアンチョビの入った
トマトソースのバミセリがいちばんおいしそうでしたrestaurant

食べ物のチョイスには無意識の人の心の状態が現れる
ものだから、井上荒野の描く食べ物はその人が実際
やっている行為の奥底にある何かを暗喩してることが
多い。
とすると?魚のおいしい定食屋でこれを読んでいた
わたしは、いったい何を感じていたのやら...coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修学旅行to入社

7年ほど前、職業見学に来た愛知県の修学旅行生を
会社に依頼され、3年ばかりおつきあいした事がある
のですが、なんと初年度にお会いした男の子(中学生)
が7年間夢をあきらめず、なんとうちの会社に入社して
しまいましたshine

見学といっても、広告会社やクライアントさんの来る
スタジオや編集室を自由に連れ回す訳もいかない昨今
ただのオフィスを見せるのではさすがにふびんと、
思いついたのはオーディションgood
中学生が出演するCMのコンテを若い子に書かせて、
本チャンと同じようにポラ撮りから演技までやらせて
しまいました。たしか女子2名はドン引きしてたはず...。
その手間につきあわされたのがプロデューサーぐっさん。
(当時PM)ライトもポラもDVも何もかも手をぬく事なく
完璧なおシゴトを...shine総務からその話を聞いて本日、
オトナになった彼と感動的に再会し、すぐ現在関西
の葬儀会社の課長さんである、当時コンテを書いてくれ
たりんちゃんにmobilephone

小さなことにも心をこめて生きていきなさい、という
これは誰かからのメッセージかなshine
人生は時々本当に演出であったりしますな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

いつものアイディアスポットにも桜が咲きましたcherryblossomcherryblossomcherryblossom

人間の効率的には、物事を始めるのは夏休みの終わった秋の
方が集中力がありふさわしいらしいのですが(9月入学説)
変化してゆくことを特別な趣きとして感じる日本人には、
このスタートの風景はやっぱり悪くない気がします...。

好きな桜は早稲田箱根山のオカルトな桜...cherryblossomcherryblossom
九段会館屋上ビヤガーデンから見る千鳥淵の桜、
新潟の実家に行く途中の白い山桜、
京都清水寺のライトアップされた桜...cherryblossomcherryblossomcherryblossom

今日はたくさんの嵐を一緒にくぐりぬけ、花を咲かせてきた
戦友とこの桜を見ながら歩きました...。
またひとつ忘れられない桜になりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

書体って実は

新しくリンクに貼った『ある広告人の告白』
知人というわけではないのですが、書評界の斉藤美奈子
音楽評界の近田春夫のようなニュートラルでフェアな
視点が面白く時々覗くBlogです...。
たまたまバックナンバーを覗いて見つけたのが書体のお話

広告に使われる書体は流行がありますが、グラフィック
の人と違い、映像のディレクターはけっこう自分の好み
の書体を変えられないような気がします...。
マダムはWEBの広告が始まった頃、あえて変えてみよう
と思いユーカちんに全部書体関係を頼んでいた事があるん
ですが、やっぱり全然ムードが変わるんですね。
今はソフトのおかげで自分でレイアウトを組むディレクター
も多いのですが、上手な人や自分の嗜好と違う人に頼んで
みると、あがりを大化けさせる事があります。
けっこう「タイトル回り残念bearingsweat01」なCM多いですから...。

ちなみにマダムはA1は今でもやっぱり好きだし、英字なら
TrojanPro。うまいな〜と思うのは知人のアートディレクター
神主様。はことSATOSHIの代の夏合宿(at長瀞)の講師を
お願いした時に『この画にはどの書体が合うか』という
講義をして頂いた事も...。
書体って実は広告の態度とか温度を結構決定づけるもの...
今の時代は改めて大切かもjapanesetea
すんごく忙しい方なんですがまたやって頂こうかな〜heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さかなの話

この春より1年の修業にでたヤングディレクターfishさかな...
新人離れした編集力や機動力を買われ、現場の多かった
子なのですが、実は学生の頃よりかなりの数のインディー
(カルト)ムービーを監督しています。

その代表作が2005年ユーリードショートムービーパーク
TOHO シネマズ学生映画祭@南大沢などにも入賞した
『疫病神より子』(3min)
「(カルト)ビジュアルインパクトものから、ストーリー
ものも面白いな〜と思うようになって作ったんです〜fish。」
と面接で不気味に微笑んだのをよく覚えています...。
そしてリストに並ぶ、そうそうたるカルトムービーの
タイトル...sweat01

ちなみにさかなの作品にはなぜか”子”のつくものが多いとか...

実はより子シリーズは『新.疫病神より子』(30min)がより
傑作です。学級ヴンコに入れてますのでぜひご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非女子図鑑

非女子図鑑

待ちに待っていた、女子ディレクターユーカちんの初劇場映画
監督作品『非女子図鑑』の試写の案内がついに届きました...。
作夏、マダムがリア王でてんぱっていた頃、脚本やキャスト...
あらゆる事でてんぱっていたユーカ監督coldsweats02

マダムの会社にいた時から、助監で一緒に海外ロケにいったり
作品のタイトルワークや、画面内映像をアートディレクション
してもらったり、マリブのビーチで撮ったわたくしと狸姫様の
水着姿(15年ほど前です...)を公開して下さったりと、想い出
のつきないムスメの一人。
オムニバスの1本とはいえ劇場映画デビューともなれば..shine
もはや初孫のようなもの...。

ココロしていってこようと思います。
5月下旬渋谷シアターTSUTAYAで公開runrunrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よろしくおかえりいってらっしゃい

さあ4月tuliptuliptulip

2年間修業に出てたヒコタが戻ってきてfishさかなが修業にでてdash
だがしやくんがpencilフデバコの番長になってhappy02
新人オーモリnoodleがやってきてrock
そしてわたくしは本日より正式にディレクター置屋の女将
始める事となりました。

思えば自分が演出家になったのは本当に不思議な縁に導
かれたものでした。
たくさんの演出を通して私が学んだ事は、演出というものは
単に職業ではなく生き方であり、人生を豊かに育んでゆく
素晴らしい技術だという事。
そして職業として演出家をやっていく事は大変困難なもので
相当な努力と覚悟が必要だという事。
わたしはその二つをどちらも価値あるものとしてリスペクト
しています。

いつ死んでも後悔のないほど作品に恵まれてきましたshine
師匠にも弟子にもプロデューサーにも制作さんにも上司にも
広告会社の方もクライアントさんも、友人にもパートナーにも
スタッフにも時代にもこわいほど恵まれてきました。
変化の激しいこれからの広告.映像業界、真心と勇気ある
演出家が一人でも多く育つよう、自分の演出美学を大切に
しながらこの恵みに小さなお返しができればと思いますnotes

よろしくおかえりいってらっしゃいheart04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »