« タレントさん仕事その1 | トップページ | 誰もが知る地下通路の... »

お弔い

お弔い

弟の客演しているラックシステム”お弔い”を下北スズナリ
にて拝見dash
ラックシステムは、リリパットアーミーⅡ座長のわかぎゑふ
さんが大阪を舞台に明治.大正.昭和の時代をくぐりぬけた
庶民の人情劇を描くユニット。

戦後、ふとした事故で亡くなった身寄りのない女性の
部屋に集う様々な思惑の人々。そこで発見されたのは
失踪したある有名女優の遺品の数々...。
わかぎさんは、明治生まれの父を持つ自分にとって、その
時代は自分の廻りに普通に転がっていたもので、歴史的に
興味があるとかそういうものではない...というような事を
お話してくれた事があるのですが、思想や歴史ではなく
たしかに時間や気配が固まりとなって佇んでいる...。
そんな舞台でした。
だけどそれは歴史とも思想とも決して無縁ではなくて、
自分の範疇の事だけを描いている訳ではない。
これがガーリーと女流の決定的な差なんだと思うbearing

しかし、この気配まで描く...役者さんはかなり大変と推察。
姉様にお会いしたらまたそのへんのお話もぜひじっくり伺って
みたいところですwine


|

« タレントさん仕事その1 | トップページ | 誰もが知る地下通路の... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/28751852

この記事へのトラックバック一覧です: お弔い:

« タレントさん仕事その1 | トップページ | 誰もが知る地下通路の... »