« 大日本新春興行 | トップページ | 昭和のコンテ作業 »

願君執牛耳

毎年観音様と干支をモチーフにしたマダムの年賀状
ですが、いつもなんちゃって漢詩をメッセージとして
入れています。五言絶句というスタイルなのですが
ちゃんと漢詩をやっている人が見たら実はかなりでた
らめなものcoldsweats01正しくは5×4行で構成し、1行目と
3行目のラストが韻(中国語発音で)を踏まないと
いけないし、1行目と2行目は対句と言って同じ構成の
文章になっているのが美しいとされています。
意味よりは絵とのバランスのアートディレクション的な
要素が大きいのですが「あれは何を言ってるの?」とよく
聞かれるので明日からの仕事始めに当り、マダム流現代語訳を...
失礼ながらお年賀がゆき届かなかった皆様にもこの場
を借りてメッセージを送らせて下さいませ。

春海波浪高 (春の海波浪高く)
年の始めっからえらいことになって
千里不知舟(千里に舟を知らず) 
あっちもこっちも打つ手がないとか...
願君執牛耳(君に願う牛耳を執りて)
だからあなたはリードをとって
連群魚仙境(群魚を仙境に連れんことを)
みんなをステキなところに連れてってheart04 

さあ明日からがんばりましょうpunch   

|

« 大日本新春興行 | トップページ | 昭和のコンテ作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/26813976

この記事へのトラックバック一覧です: 願君執牛耳:

« 大日本新春興行 | トップページ | 昭和のコンテ作業 »