« ライターズ.ブロック | トップページ | 火の魂ライブ »

赤革の手帳

会社の大掃除の時に、古いリールが何本もでてきたので
さすがにまとめようと、ロッカーをひっかき回していたら
大切な『赤革の手帳』を発掘notes
この手帳には、何才の時に何本企画や演出の仕事を受けた
かという記録とその年の会社の売上が書いてあるというもの...
それを見ると、20代で一番やってみたい事(歌ものとドラマ)
をやり、そこからドキュメントとかPOPとか、年齢ごとに好み
が変遷していったのがよくわかります。
演出家の引出しは基本的に3個で、全部その組み合わせなど
とよく言いますが、自分の場合『ヒューマン.ファンタジー.音楽』
の3つなんだな、とこの手帳を見てしみじみ...
ここのところパンチの効いたビジュアルや音楽のCMが多く、
それはシリーズやオンエア量が期待できないので、一発で売る
ために"わざと"やっているんですが(コレ実は大事)
今はヒューマンとかドラマチックとか、官能とかそういうものが
すごく撮りたい気分...lovely
男の人をセクシーに、とかも今ならすごく上手なはず。

声で聞くドラマCD SOUND SEX 『Love is Blue』 ¥2000
’97年のインディー作品ですが、劇作家の倉持裕さんと
『六月の蛇』『嫌われ松子の一生』の女優.黒沢あすかさんの
官能コラボ、脚本.演出はマダムで、ジャケのグラフィックは
当時会社にいたディレクターじゅんちゃんがセンスよく仕上げ
てくれてます。と、本日は宣伝を少々shine


|

« ライターズ.ブロック | トップページ | 火の魂ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/26118560

この記事へのトラックバック一覧です: 赤革の手帳:

« ライターズ.ブロック | トップページ | 火の魂ライブ »