« ヨナ抜き | トップページ | 観音様干支シリーズ »

発明者はどこから生まれるか?

TVの力やTVCMの力がなくなった...と言われるようになって
からマダムは努めて「TVを見る時はうんとTV的なもの」を
見るようにしています。
今日も初めて『FNS歌謡祭』という番組を見ました。受賞と
いうより昭和の歌番組の名シーンをかなり流していたのですが、
びっくりしたのがプレイバックPartⅡを歌う百恵ちゃんの
メイクsweat01
Aラインでも水っぽさのある黒のワンピに、奥二重を活かす巾広のグレイのアイシャドウ。で!リップはまさかクリームもなしcoldsweats01sweat01なおかつうんと顔色を悪く見せるモーブ系のリップラインをぼや〜っと唇にぼかしこむ...こんな思いきったメイクさんなんて今いませんよkissmarkheart04
血色の悪さと唇の肌荒れを計算して演出してる。デヴィッドリンチばりに女のエロさに精通してるんですね。
このメイクさんはこれを自分で発明したんだと思います。たぶん道具も見本も何にもないところからメイクを始めた世代だから。

優秀なアニメーターやスタイリストの多くが映画をよく見ていたり、演出家のほとんどがものすごく本を読んでいたり、発明が
ダイナミックに起こる時、その人は別の国から来る事が多いと思う。アニメだけを学んでアニメの世界に入る人はサブカルかパロディーしかできずに終わる人が多い。広告業界も昔は広告研究のサークル出身者は採用をしないと言われていました。
教員が他業種経験者に門戸を開いたのもきっとそんな理由なんだと思います。
デジタルは日常のもので、広告以外の何かを見てきた子、広告を生き残らせる事ができるのはきっとそんな子なのかもしれませんconfident

リールとビューティー方面の演出のハウツーを説明した『Beauty case』というものを作ってみたので、もっと女をステキに演出したいという方はマダムまでご連絡くださいね〜down

|

« ヨナ抜き | トップページ | 観音様干支シリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/25885856

この記事へのトラックバック一覧です: 発明者はどこから生まれるか?:

« ヨナ抜き | トップページ | 観音様干支シリーズ »