« 天皇誕生祝の26世紀少年 | トップページ | Paradise »

観音様のお話

観音様のお話

朝からとてもご縁のある方と数年ぶりの企画打合せ。そして
修業先のヤングたちとの、気持ちのよい企画打合せを終え
宿題はあるものの本年の業務はこれにて終了notes
滅多に風邪をひかないマダムですが、かなりヘビーな状態で
今日の仕事納めは一勝一敗...
改めて企画というものの大切さを感じる仕事納めとなりました。

夜は品川プリンスにて会社の納会....。
自分の事もさることながら、短い間でも目をかけた子が3人
全て会社からの賞を頂いたのがとて幸せな事でしたlovely
同じように部下がたくさん賞を頂いたプロデューサーの狸姫様
と白金のスペインバルでシャンパンをかわしながら祝杯wine

ちょっと話は飛びますが、マダムが観音様を信仰(というかファン?)
になったのは、香港や台湾で誕生日が近い仏様をご本尊に
するという話を聞き、自分の誕生日(旧暦)に一番近い仏様が
観音様であったというきっかけなのですが、観音経が家の旦那寺
の日蓮宗の一部である事や、お経そのものの音楽的なノリ、
観音経が人を悟りに導くための現実的なコーチングメソッド
である点、本来はユニセックスだけどイメージの女性的な感じ
(といってもガールズロックっぽいんですheart04)とか、とにかく
もろもろ好みだったからです(だって宗教なんて好みでしょ?)
そしてその哲学を意識した時から、ものすごくいっぱいの人に
”会わさせ”られるし、それぞれ好みの哲学を持っている人が
多いですね。
人のため...という言い方は偽善で好きではありませんが、自分
がうまくいっていない人は、理由は簡単で自分の事しか考えて
ないからなんだと思う。すごくシンプルな原理。
今のところ幸せな事が多いから、私はこの音楽を心の中でshine
奏でながらやっていこうと思いますshine

念彼観音力疾走...ジャニスジョプリンか?と思うカッコいい音楽ですnotes

|

« 天皇誕生祝の26世紀少年 | トップページ | Paradise »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/26561969

この記事へのトラックバック一覧です: 観音様のお話:

« 天皇誕生祝の26世紀少年 | トップページ | Paradise »