« オヤジの過去 | トップページ | 牧場の流儀 »

タイのお便り

Blogを始めたことをいろんな方にちびちびご報告していたら、以前会社にいたムスメディレクターからメールを頂きました。

タイをこよなく愛し、ゲイの友人が多くおしゃべりで社交的な彼女は、腰の抜けるエピソードの多い人で今でも広告会社やスタッフの方から
「彼女は元気にしてる?」とよく尋ねられます。
仕事もものすごい量を一緒にやってきましたが、仕事以外でもくだらない事を考え実行する事になぜか心血を注いでいたわたくし達。その代表作が、現在はWEBディレクターであるE氏の個人リサイタル『○○ひろショー』shine
イケメン(当時)ではあるが、ただの身近な素人であるE氏がタキシードを着て、ナルシズムたっぷりに郷ひろみやシナトラを歌うのを、ただ飲みながら聞かねばならない苦行のようなイベント。しかしこのチケットは各方面で売れまくり、全曲大盛上がりのヤジの嵐という大成功?を納めたとsweat01記憶しています。

現在タイにいる彼女は、タイで仕事をした事のある業界人の間ではちょっとした有名人で
『川にワニがでてマンションの船がストップした。』『彼の実家に行ったら猿が従業員だった。』など、あいかわらず理解不能なエピソードの中で頑張っています。
そんな彼女は「タイ人はもともとがくだらないから、真剣にくだらない事を企画する」事にちょっとうとい。と含蓄のあるメッセージをくれました。
企画や演出はいろいろな環境を凌駕する事のできる技術で、ただの映像制作の一過程ではないというのがマダムの考え。日本よりもっと大変な環境で頑張ってるムスメに恥ずかしくない「くだらない事」をやらないと...
赤塚不二夫先生のように生きるには器も修行もまだまだ足りません。

懐かしいなと思う方はマダムハニーまでloveletterぜひ御一報くださいね。
画像はあるイベントのために制作したくだらない作品『ふぐ子』。

|

« オヤジの過去 | トップページ | 牧場の流儀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/25059870

この記事へのトラックバック一覧です: タイのお便り:

« オヤジの過去 | トップページ | 牧場の流儀 »