« リマーカブルとD-DASHと | トップページ | 世界の中心で朔太郎を叫ぶ »

小森生活向上クラブ

片嶋一貴監督の『小森生活向上クラブ』をシネアミューズにて拝見。
片嶋さんは監督でもありますが『ピストルオペラ』や『ポストマンブルース』のプロデューサーでもある方。前監督作品の『ハーケンクロイツの翼』は、スキーのロッジをやっているマダムの実家をロケーションベースにしていたりしますcatface

さて小森...久々に振り切ったカルト映画を見ました。「喰ったことない!」という食べ物。なんだろう、これ?
ハーケンもそうでしたが、アナーキーでファンタジーでまとまってなくてウェットさがない。ほとんどの人はたぶん消化出来ないと思いますがcoldsweats01消化できないけど丸ごと喰う!こういう映画の見方もあり!
でもビール飲みながらヤジを入れながら、大声で第九を歌いながら見れたりしたらもっといいだろうな。映画館ってなんで「泣く」事や「笑う」事は観客同士暗黙に許されてるのに「怒り」や「拍手」の反応をしたら迷惑な客になっちゃうんだろう。だからグルーブ感を楽しみたい人は別のエンターテイメントの方に行ってしまって、映画は「笑うもの」「泣くもの」「周りに迷惑をかけないように感動できるもの」が多くなるんじゃないかしら?
そういえば「エロ」なんかも隣がタイプでない男性だと発情してたまるかって、かなりブレーキかけますしね...(男性もそうじゃないかしら?)

DVDがでたらテキーラ(かな?)を用意して、ガラの悪い仲間達ともう一度グルービーに楽しんでみようと思います。
あ、前田健っていう人はアナーキーでいいな〜good

|

« リマーカブルとD-DASHと | トップページ | 世界の中心で朔太郎を叫ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/25179818

この記事へのトラックバック一覧です: 小森生活向上クラブ:

« リマーカブルとD-DASHと | トップページ | 世界の中心で朔太郎を叫ぶ »