« 第四世代地上波デビュー | トップページ | 師匠というもの »

アイディアのわく場所

ものを作る人にはいつもアイディアのわく場所があるといい
ますが私の場合ここ数年はここ。
あのCMのコピーも、あのCMの音楽もみんなここで降りて
きました。音感のあるものが多く、ふいに降りてくるので、
何度も歌ったり口ずさんだりして自分にFIXさせるのですが
まあまあ人通りもあるこの通り。憑依された私はかなりアブ
ないお姉さんになっているはず。
この習慣はこどもの頃、雨の日も風の日も放課後スキー場
に行き大人とポールレッスンをさせられていた時’70年代
の寒くてのろい「三俣高原スキー場」のシングルリフト
1000mがあまりに辛くて脳内妄想に逃避したためだと
思うsnow

成功した作品はほとんどこういうギフトを頂いていて、頭でっ
かちがいきすぎるとたいがいそれなりなので、神代になる
瞬間は大切な時間shine
場所は愛と映像の街を象徴するポイント。
な〜んて話をしていたらkenshinはよくこの対岸で降りてくる
そうです。
今は桜の落ち葉が川を彩り、カモがたゆとう季節ですmaple


|

« 第四世代地上波デビュー | トップページ | 師匠というもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118791/25289592

この記事へのトラックバック一覧です: アイディアのわく場所:

« 第四世代地上波デビュー | トップページ | 師匠というもの »