節分@寿し平

外食三昧の数十年ですが、本当に”ごちそう”を食べにいく、という期待で朝からわくわくするのが梅屋敷のお寿司やさん、寿し平さん。

いつもお任せでいただくのですが本日は、まずマグロとアボカド、かまぼこが美しく和えられた”あじさい鉢”(お客さんが命名しておりました。)オレンジ色のとろりとした卵を抱いたわたり蟹を少し。蓮を添えた鰤のスペアリブ、なるほど照り焼きを超えてスペアリブ、たぶん部位が違うのですね...そして朝から大量に巻いたというコレ...

1619180_596727347070312_1801603324_

恵方巻などできないように(江戸っ子ですから)、海苔一枚半を使って巻いたというこの太巻の美しさ、そしてお皿から立ち上る最高の海苔の香り。かんぴょうの概念を変える食感と椎茸、でんぶ、玉子の合間になんとも微妙に大葉がしこまれており、甘味と塩気と香りの馥郁としたまごうことなき人生史上最大の太巻、五色の福が宝物のように美しく巻かれているのです。縁起のよいものを食べるありがたさ、最高の節分となりました。

春のような風に吹かれての帰り道。

夢の中のよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女の子たちの幸福を祈って

1622210_591964500879930_1439024479_

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの故郷

1533722_586425284767185_900156900_n

年明け届いた年賀メールの中に、仲のよい照明技師さんが身体を壊し、八ヶ岳のふもとで自給自足を目指しながらマクロビオテイックをしている、という一通がありました。
仕事のある時は東京に出て、また技術を生かして地元の詩の朗読会に照明を当てに行ってきた、パンが食べたいからライ麦にトライするというその暮らしぶりは、心配というよりむしろすがすがしく羨ましいものでした。

彼は60歳ですが、自分ももうすぐ50歳になろうとしています。
徹夜もきついし老眼もすごいし、当たり前のことですが若い時とは違う、特に様々な事に興奮できなくなっているという事をいちばんに感じます。

そんな週末、お正月に帰らなかった実家の成人式連休の労働要員の帰省で、役者とオーナー代行の2足のわらじで10年走りぬいた弟と、実家のロッジの将来やもうとっくに隠居させてあげるべきなのに、そうさせてあげていない父の話となり、自分達がなんとなく帰ってくる気持ちもある事を初めて告げました。「帰ってくる」という言い方は正確ではないですが東京と新潟の2つの場所をベースにする、という事。ひとつの仕事、ひとつの場所にこれからの不安定な日本での人生をイチかバチかかけるのではなく、4人が2ベースを場所的にも職業的にも柔軟にやっていくということ...まあ、弟がいまだ独身で、お互いこどももなく、東京と新潟が近いからこその考え方なのでありますが...そしてまだ誰も重い病気を患ったり、ココロに余裕があるからこそなのでありますが、先に先に早めに早めに、という事で今年はふたつの故郷を行き来しながら楽しい計画を考える年になりそうです。

東京で大人をやったのが32年となるわけですが、新潟を大人として向き合った時間はとぎれとぎれで短く、知識も人間関係も、楽しみ方もまだよくできていない...お酒ものまず、通信も世界も知らないこどもの頃のそこは逃げ出したいただ退屈な場所でしかありませんでした。だから戻るというのでなく、初めて行くつもりで大人をやろうと思います。

激しい雪がやんだあとのおそろしいくらい美しい空を、新たな気持ちで見上げる2014年の始まり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014絵馬に願うこと

3567_001

干支と観音様シリーズももうすぐ一巡。
巨猫をモチーフに使うため虎とか馬とか四足との相性がとてもむづかしく、本年は絵馬にしてみました。
寺社などで自分が具体的なことを願うことはめったにありません。それは亡くなった人への冥福であったり国家の安泰であったり、とても抽象的。言い換えるならば具体的な夢や目標がない、という事なのかもしれません。願いは叶えてもらう事を望むのではなく、誓いだとも言われます。そこで誓うことで行動にしめさざるを得なくなる。だから願わない事は叶う事がないのかもしれません。

今年は何か願ってみよう、と思いました。
まだ具体的になっていないけれど、大きなテーマだけよっつ絵馬に記してみる。

ソーシャルをやるようになってから依形の資質、神から授かる力が大きく落ちてきたように感じます。雑然とした思いのない同調、誤解を恐れずに言えば平坦で退屈な雑談、偽善を極力自分の生活から排除し、もっと強い言葉や個性的なエネルギーに揺さぶられたいと思います。

あけましておめでとうございます。
みなさんの願いが叶いますように。

今年はもっとBlogを書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バテレン禁止

1480558_575728245836889_951935899_n

寒風にさらされての窓ふき、カーテン洗い、家中に散らばる週刊文春整理まで久々の完全大掃除を決行。行いがよかったためでしょうか、翌、天長節の朝、大国主の命様より贈物が届いておりました。
我家はバテレン行事禁止につき、家庭内のクリスマス、バレンタイン、ハロウィーンなどの行事は一切ありません。しかしながらクリスマスと天長節が幸いにもつながっていることから冬の寂しさの気配を街のきらめきとともにおごそかに楽しみます。

夏に長崎に行き、キリスト教が開放されてからも、隠れていた時に作られた独自の様式のまま伝わっているものをカタカナでカクレ、カクレキリシタンと呼ぶ事を知りました。二十六聖人殉教地という迫害の聖地の記念館で、紋付袴の老人が盆に載せた酒と米、鯖の切身のようなものを捧げている”クリスマス”儀式の映像は一目見て衝撃を受けるものでした。その後殉教者の祟りを恐れて敬う考え方や、オラショと呼ばれる独特な歌(お祈り)、仏式の葬儀をあげその後その効果を消すための儀式など、一種カルトとも感じられるカクレの世界...

じゃあ仏教はどうなの?といえば、原始仏教と日本の仏教が同じはずもなく、風土と民族が違えばおのずと宗教は変化しするもの、この風土というところの影響が面白い、それは音楽や料理が伝わる場所によって変わっていくのによく似ています。

先に指揮者の西村智実さんが、バチカンでオラショを演奏しスタンドオベーションを得たというニュースを聞きました。ワールドワイドというのはきっとそういう事だし、日本のクリスマスはもはや宗教ではないような気もしますが、やおろずの神の民としては冬の神様のようなものなのでしょう。そんなワケで泡のたつお酒が似合うステキな天長節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇ではないもの...

1425716_568695996540114_770744929_n

花組芝居の怪誕身毒丸をもう何度見ただろう?

久々の公演のハコは駅前劇場。紋付袴の素歌舞伎。花組観劇初の最前列。
銀色の蓮池の前で役者陣を拝みつつもはや法事のような心持ち。故竹本朝重の義太夫、ガムラン、パンソリと、花組の中でも音楽がとびきりの演目で、阿形と吽形の阿形の方を観劇したのですが、もともと身体性の美しい谷山知宏が年を重ね、母親カーリーをやるにふさわしい重みがでてきたのと、軽妙なリズムが独特の大井靖彦のシッダルタ、鼻につくけれど端正な色気の堀越涼のヤマのからむあたり、なんかここはプロレス?神事?舞踏会?と思ったら、そういえば花組芝居は歌舞伎なんだった、としごくあたり前の事を思い出した...。

そしてここ数年自分が好んで見ているもの、プロレスやらアングラやらハチドリ姉妹やら大駱駝鑑やら、見たけれど実はかなり辛かったものなどをあれやこれや思い起こし、もしかして自分は演劇が好きな訳ではなかった(むしろ苦手)のかもと少なからずショックを受けてしまった...。演劇を名乗る中にも自分的には演劇として見ていないものというのはあれこれあって、Ort-d.dのものなんかは結構好きなので微妙なのですが...
やっぱり自分が好きなのは
遠くへ旅に連れてってくれるもの、プレイヤーのオーラが満ち溢れ、偶然や場所の空気をとりこめる感覚があって、受け止める人をくたくたにさせない、バイタルを回復するようなもの...

つまり神様への奉納に立会いたいのです。

神々がかむつどいましてのてんつくてん
師走にふさわしい花組芝居の奉納でした。

行ってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GDW番外編 その1

__

1年ぶり...怒涛のヤングディレクター特訓終了。

今回の課題は新人DJ達のボイスサンプルを作る企画とMAVの演出。
広告の指導でもあり、演出の指導でもあったのだけれど、掛合や複雑な構成を禁じたせいである程度長文を書かねばならず、思いがけず作家性を指導する時間になりました。得意なものだけでなく普段書いたことのないテーマにトライさせ、一人一人ぐっと追い込んでいきました。

言葉のセンスなどというものは持って生まれた要素が強く、トレーニングではそうそうのびないもの...と今まで思い込んでいましたが、決して決してそんなことはなく...恋のことがよくわからず、初めは薄っぺらいテキストを書いていたヤングは4度のリライトの末に一気にここまで書けるようになりました。

あなたを街で見かけた時、
風に舞う落ち葉も、道ゆく人々も
世界がスローモーションで見えた。

あなたが視界から消えてしまえば
キラキラと輝いていた時間は、

また、色のない世界へと戻る。


帰り道に見上げた月が、
あり得ないくらい綺麗で。
込み上げてきたもので、
今度は目の前がぼやけて見えた。


どうしてだろう。

あなたのことを想うと、

世界がこんなにも違って見えてくる。


そう、それはきっと、「恋」というメガネをかけたから。

ひとはみんな、いろんなメガネをかけている。

人生にすてきなメガネを。
白峰眼鏡。


この原稿は自分でディレクションさせてもらった。
深い言葉にきっとこの子たちは飢えているのかもしれない。

今年はあまりにも何もしない年だったので、自分に負荷をかける時間でもあったのですが、サボっていたせいか、おいつめた時間のせいか、しかし今回は疲れたな~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市田喜一さんの話

__

市田喜一さんは、自分が少しだけましなものが撮れるようになってきた頃お世話になった美術デザイナー...。
オールスタッフのあとにリールを見せてほしいと言われ、打合室で居心地の悪い二人きりの試写のあと、微笑んで「わかりました。」と言われたのは、初めての仕事の時。
グラフィック系のカメラマンの方が、いつまでもアングルを迷っているのを短気な自分がいらいらしていると、そっと自分の後ろに来て「そろそろ行ってくるかな。。。」と言ってカメラマンの人にふたことみこと告げると、瞬時にアングルを決めてくれたのは3度目の仕事の時。
事務所に出向いて、山のような仕事のポートフォリオを長い時間かけて一緒に見た。最後に仕事をした時は、その頃始めていた廃棄物の金属の鳥をスタジオの隅で作りながら、若いデザイナーとわたし達の様子をにこにこと伺っていた。

本質を見てくれて、大事にしてくれたとしか言いようがない。そしていつしか自分にも同世代のものを創る仲間ができ、その距離は少しづつ離れていった。

突然の訃報に伺ったお通夜で、たまたま横でお酌してくださった方は業界の人ではなく、版画の仲間で北村さんと言った。わたしは仕事の時の記憶、北村さんはずっと鬼をテーマにしていた市田さんが今年突然蝶を描いていて驚いたこと、お互いに知らない市田さんの話ををしながらたくさん飲んだ。

市田さんがあの頃のように泰然と微笑んで「見てくれている」という気がした。

1年ぶりに若いディレクターのワークショップをしている。
これが何かになるのだろうか、この子達の何かを変えるのだろうかと徒労に幾度も放り出したくなる。けれど遠い昔だけれど、今自分の心の中にあるもの、その温度を思うと、未来のことが少しだけ暖かく思える、会社に戻る冬の帰り道だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーバラ村田初体験

肉屋のタンゴ@LastWaltz

地獄のシャンソン姉妹、蜂鳥姉妹様とコラボしたバーバラ村田さんの初洗礼。

1453498_558522734224107_690483689_n

1470044_558522864224094_1775283943_

蒼光の中で彼女の顔から滑り落ちた仮面はまるで生きているかのように、彼女に囁き、抱きしめ口づけし、どちらが仮面なのかわからなくなる官能...。大道芸というジャンルの方らしいのですが、初見が路上でなくこの光の中だっだのがよかった。これだけのパフォーマーなのにプロレスのように観客との呼応が成熟していないのが本当に本当にもったいない...などと思いながら、酔っ払はひとりスタンディングオベーション。

こういうものに触れるとまたいろいろやってみたくなっちゃうんですけどね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アベック対抗歌合戦

960216_554655481277499_1048101361_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今井良晴追悼興行